低予算雑記

2008-04-20[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第26話「ショウ・マスト・ゴーオン」&ドラマ総感

見たよ見たよー。
画面ちっさ!

ちっさいのはまぁともかくとして、内容のほう。
ライブシーンに簡易ストーリーつけたイメージビデオ、という感じですかね。
先日行った実写出演者の出るイベントが良かったので、そのイメージとかさねて見てしまうこともあってか、結構良かったです。

曲の方も、CD買ってイベント前後からよく聞いていたので楽しめました。
やはりさんぽ部かな…

学園長「ならば、彼らを倒してから行けー!
盛大に噴いたwww
修行とかいう後付設定なんて無くても十分ネタとして通用しますよw

vsしずな先生
「これが私の戦闘服よ」
ねwwwえwwwよwww

「負けたわ、ネギ先生」
「早く着替えてください」
ネギ君が正論すぎるw

vsピロシタカミチ
「左手に魔力…右手に気…」
「えくさるまてぃおー!」
「っぐ!…なかなかやるね」
おまっ、そこは合成まで待ってやれよwww

vs学園長
それにしてもこの学園長、ノリノリである。
我次郎氏ホント良い味出してるなぁ。

最後はおなじみPing Generationで大団円。めでたしめでたし。
うん、良いCパートでした。


~ドラマ版総感~

一つの物語として見た場合としては、矛盾点や説明不足などの穴も多いし、面白かったかといえば、そうでもなかったのですが、「ネギま!」をできるだけ原作の体裁のままドラマ化するという破天荒な企画をここまでのカタチにしたのはスタッフGJと思います。

その「原作の体裁」を再現するためのネタや仕掛けが随所に見られて、部分的に見ればよく出来ている点も多かったです。
フルアーマー茶々丸やハルナの触覚に始まり、CGを使っての魔法表現、ハカセの発明品、模型で作られた学園都市、カシオペアや戦闘服まで。

特にメカ系の小道具はそこらの映画に出てきてもおかしくない完成度かと。
除霊銃があのクオリティで出てきたのにはちょっと感動した。


個別の話でみると、さんぽ部と茶々丸のエピソードが良かったですね。

さんぽ部の7話は、全体的な雰囲気や3人の名演も良いんだけれど、写真の止め絵やペーパージオラマを使った映像表現が気に入りました。
手抜きっちゃぁ手抜きかもしれないけど、だがそれでもいい

茶々丸の16話。
「意思を持った機械」という古典のテーマを、うまくネギまの世界観でストーリーにできていたと思います。
いつか原作に出てきてもおかしくない展開で、原作至上主義者の私としても大満足の出来でありました。

最後に。
プロレスのハナシだけは嫌い。


以上、ドラマ総感でございました。

出演者の曲とかだけど、やっぱりネギまフィルターかかってちょっとは興味あるので、CD買ってしまうかもしれませんねー。

私の中では、伊武雅刀はいつまでたってもデスラーの声の人だし、石原真理子は音無響子の人なので、たぶんネギまフィルターも当分取れないと思いますがw


2008-03-15[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第23話「カレ・トノ・オモイデ」

超が露骨過ぎる…

ここまで露骨にネガキャンしてんのに、アスナが言うまでみんな不自然だとは思わなかったんだろーか。

もともと中立的なハカセや、メディアの印象操作による思想統制について詳しそうな千雨や朝倉が沈黙しているのはちょっと違和感が…

「ドラマだから」以上の理由付けが欲しい今日この頃。

てか、さよ消えてたんだ(´・ω・`)
強制退出した直後にネギがさよのこと忘れたような感じが無かったのと、名簿から写真が消える描写がなかったから、てっきり通常世界に帰ったとばかり思っていました。

龍宮と刹那の扱いも気になります。

カシオペア出たー!
メカ系小道具に定評のあるドラマスタッフによる最新作。
でも文字盤はたぶんCG。

超の呪紋出たー!
原作の資源を有効活用していて良いです。

次回予告では軍用強化服も!
いよいよヒミツのベールをぬぎ始めた超。その動機や目的も気になるところです。

最終回までにどう収束していくのか楽しみですね。
2008-02-28[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第21話「シル・シル・ヒミツ」

とりあえず今までに録り逃した2話分見れています。ウワーイ。


メッセンジャーさよ。
が、途中で消滅…
出席簿から写真が消えてないしネギも忘れてないみたいだからまた出番あるよな!な!

アスナの特撮だよ吹いたw
メタネタはもっと多くてもいいよ!
前のチアの18歳未満お断りの魅力なのよ!とか。

超が怪しすぎるのだけどw

まさか、そんな、ここまであからさまに…
いやしかし…

でも少なくともネギが魔法使いって事は知ってて、わざとみんなにバラして追い詰めてるよなぁコレ。
はてさてどういう思惑か。

ハルナはともかく夕映がここで退場なのは…どうなのだ…

でもこの消失、今までのとはちょっと異質じゃね?
恒例の謎の感情描写(異様に泣いたり笑ったり)とか、歯車の描写とか、なかったですよね。
真の黒幕を欺くために超が悪役を演じてこの二人を隠したとか…
それなんてデデデ大王?

相変わらず双子は良いなぁ。

のどかキタ。
ここにエヴァ様が関与するのは意外。

パークティオー!

アスナ声出すなよ!絶対出すなよ!
とハラハラしてました。

そして明らかになるタイムリミット。待て次回。
このかとのパクティオーもあるみたいだぜ!
2008-02-16[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第19話「サク・サク・タンサク」

まだ先週の18話見れていませんorz

が、とりあえず状況は把握しました。
普段はウゼーと思う「これまでのあらすじ」に助けられました。


…良いか悪いかと言われれば断然良いでしょうこれは。

なんというか、双子の会話シーンや楓の挙動が、原作絵で想像できるレベルにまでなってきました。こっちが慣れてきたのもあるとはいえスゲーよ。
超とエヴァの掛け合いとかもね。

キャラが一人ずつ消えていって、消えたキャラは他キャラの記憶からは存在自体が最初からなかったことになっていく…
でもかすかな思い出は消えることなく…
これは泣ける。末は風子かシャーリーか。

各所では、超黒幕説が証拠過多で疑われ始めているみたいですねぇ。
大ドンデン返しも期待しつつwktkしながら今後の展開を待ちたいと思います。

次回のサブタイの「アダルト」は…
ピロシとかの先生組がメインということなんでしょうな、やっぱり。
2008-01-25[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第16話「ユメ・ミル・キカイ」

良すぎて吹いたwww

今週は原作も実写も当たりの週だなぁ。
先週のアレは何だったんだw

というわけで9巻75話をベースにしつつ茶々丸回。

アスナの「世界一不幸な少女」でこれを思い出すのはデフォ。
今、京都テレビで再放送してんですが、超面白いです。
これはゴールデンで放送してほしいアニメ。
ドラえもんの原作と同じベクトルで今の子供に見せたいというか。
微妙にネギまと共通点もありますし。
閑話休題。

変なデータ=茶々丸秘蔵のネギ先生(&ぬこ)画像。

夢… 願望…
これは良い無邪鬼の暗躍、もといマトリックスの世界ですね。
千雨のアーティファクトなら入れる世界。
あぁ、原作でそんな話も読んでみたいぞ。

夢の中のネギ先生が0と1になって消えていくシーンで鳥肌たった。

そして戻ってきた茶々丸。
茶々丸は自分自身の意思で帰ることを決めました。
そしてそれは機械の自分を一人のクラスメイトとして見てくれたネギ先生にもう一度会うためでした。
めでたしめでたし。

あー、うん。前回のは黒歴史中の黒歴史ということで…

今週の消失
古菲&五月。

超鈴音黒幕説浮上中。
カシオペア出るか?
アニメ1期でも形を変えて出てたし。
2008-01-17[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第15話「コン・コン・スポコン」

これは微塵も無いわ。無い無い。
ねーよw じゃなくて、無い。


ある程度の設定変更やオリジナル要素はOKというか、むしろどんどん入れていって欲しいと思ってるんですが、今回の脚本は私の中の「ある程度」のボーダーラインをかなり逸脱してしまっております。

一応ファンタジーなんだから、ひなびたプロレス団体のハナシとか、そんなマイナスのリアリティなんていらないと思うのですが。

この人出した脚本作らなきゃならなかったんなら、もっと別のアプローチもあったでしょうに?

例えばさ、大学部のプロレス同好会のハナシにして、廃部解散の危機で落ち込んだ部員たち→アスナたちが発起させる、とかさ。
あーら不思議。学園の話にするだけで大人の世界の厳しい現実が雲散霧消です。

あとそのゲストの人の舌なめずりのアップとモノ食ってる時の画面が生理的にダメだ。
勘弁してくれ…

どういった経緯でこの人が出ることになったのかは知りませんが、それならそれで最低限のネギまらしさはスタッフに保持しておいてもらいたかった。


というかこの回、バカレンジャー並のカオスなギャグ回にしても良かったんじゃまいか。
考えてみれば今まで、ちょくちょく小ネタは入れてるけど、結局イイハナシダナーで終わる展開ばっかりですよね。

もっとマジメなバカを期待しています。



(バランスとるよ)

2週連続ザジオンステージ!ウェーイ!って退場かよ!はえーよ!

ゆたか美空の「~ッス!」は良かった。

スクワット中のアスナにツッコミ入れる木乃香。
あぁ、このやりとり安心するわぁ…

ザジ「wwwwwwwwwwwwwwwwww」
美空「wwwwwwwwwwwwwwwwww」
盛大に吹いたw
これは予想外だ。
2008-01-12[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第14話「マギステル・ネギ・コレ」

残念!視聴打ち切ったわけでも感想書くのやめたわけでもないのでした!
前々回は録画失敗して見るの遅れて感想書かず。
前回は総集編だからスルー。ってか前回まともに全編見てないです…

で、今回。水着回。チア涙目…(3回目)


原作の2巻最終話と7巻最終話がベース…か。

痴話げんか…だよねぇこれやっぱりw

ザジのぬいぐるみがすごい主張してる。

いいんちょ「ミスコンを開催するに決まってるじゃありませんの。」
朝倉はともかく、なんでそこでハカセ指名と思ったら…

なんだこの拘束具ー!
凄い質感と量感だ。相変わらずメカ系の小道具の完成度がスゴイ。

それミスコンってより仮装大賞じゃーん。
バニーガールのかわりにスク水さよ。
方々で言われている異常な存在感w

やはり朝倉司会。もはやセオリーですな。
ってか観客のザジwww
これは良いザジの使い方。

ハカセその目薬は何の意味が?

美砂「18歳未満はお断りの魅力なのよw」
出たな年長組ネタ!
いいぞもっとやれwww

なんというマジシャン。
ふわふわカード
そして相変わらず手前味噌で申し訳ないがこれを思い出した。
(ウチの同人誌「ろくろく」での1コマ)

いいんちょ、発想が稲中の前野井沢と同じだw
やりたがり200www

水着アスナが階段駆け下りるときの胸が…胸が…

いいんちょウマすぎです。高笑いとか難しいぜー?

最後は名簿からチアが消えて…
お?オリジナル来たか?
楽しみ楽しみ。

エンディングはNG集に。
釘宮のどか吹いたw


ヒロシはもう出ねーのかなー。
2007-12-16[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第11話「マギステル・ナギ・マギ」

チア涙目…(2回目)

ナギとエヴァのはなし。元は3巻ですね。

またショパン…
何だっけこれ。

「魔法は光にも闇にもなる力。だらか心して使わなければならない。」
ナギの言葉。
これって5話のシメに使われてた言葉ですよね。
これはいいリンク。

なんというホラー…

チア全滅。

そしてエヴァと茶々丸登場。
影と陰の使い方とかが新房演出っぽいと思った私は実にアニメ脳。

吸血鬼事件の犯人探しの見回りって言ったらPS2のゲーム1時間目を思い出します。

「どーして僕の名前を!?」
あんた有名人て自覚ないんかYO!

処女の生き血…
チアがいたけどwww
と思ってしまった私はもう少年の清らかな心を取り戻せませんとさ。

港の倉庫とかwww
至極特撮的なロケーション!

ワイヤーアクションの茶々丸がロボっぽい飛行によくマッチしていてGood。

エバ茶々!エバ茶々!

「僕はあなたたちの先生なんですから、いけないことはいけないって、ちゃんと解ってもらう責任があるんです!」
よく言った。これぞ教師のカガミ。
酷い教師が氾濫する日本教育界に一石を投じるうんたらくんたら。

咲菜嬢@エヴァ様カカトの高いブーツ履きなれてないっぽいぞ。
まぁそりゃそーだわな。
逆にその格好に慣れてたら…それはそれでwww

アスナキター。

皆既日食…

「父さんがこの杖で!?」
あぁ、このへん良い展開だ…
あと実写の学園長が超大人。原作に負けず劣らずカッコ良いわ。

「これは僕が一人でやらなきゃダメなんだ。」
短絡的に麻帆良祭以前のネギを連想。
やっぱりスタッフも意識してるんかなー


次回は後編。さてさて。

ところでタカミチはどこいったの?
2007-12-08[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第10話「ヒミツ・ノ・デート」

チア涙目…

予告で出ているのはスタッフのせめてもの罪滅ぼしなのかw

という訳でまたこのせつ回かよ!
人気キャラばっかりで話作るのは確かに堅いやり方ですが、全編通してピックアップされない子もいるのにこれはちょっと残念かなぁ。

私はネギまの世界観に萌えている人なので、全体性とか完全性を重視するんですよね。
(だから私の中では31人全員出したフィギュメイト第1期は神シリーズ扱い)

せつあすは!?準拠。
このか以外にはタメ口の刹那ってどうなんだ?

まほらウォーカー…

このかの「なんでこーなってしもたんやろか…」からの話は、あからさまに視聴者にミスリードを誘っているのですが、残念ながら原作と赤松漫画のおやくそくを熟知している視聴者にはまったく効果がありません。

せつあすの ひどくつたない びこう。
でもお面の所は噴いたwww

ネギ「あ、いいかも知れませんね!」「おかしいですよ~」

なんかイントネーションが関西弁っぽいぞ???
もしかして幸奈ちゃん西のほう出身?
と思って調べてみたら神奈川出身だってさ。えええええ?
このかのなんちゃって関西弁に影響されてんのかしら。

お嬢様の趣味は悪くない噴いたw
2回目のアスナのツッコミも良いwww

このか手縫いのこのせつフェルト人形。
大量生産してアニメイトとかに置いたら売れるぜコレ。


最後はもうちょっとだけこのせつの距離が縮まって終了。
なんかもう一回くらいこのせつ回ありそうだぞ…。そこで完全和解の流れとか…。

次回はナギが登場のようです。
ようやくエヴァ様のターンですか。長かったですねぇ。
2007-12-02[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第9話 「バ・カ・レンジャー」

オープニング盛大に噴いたwwww

これはやってくれましたなスタッフw
採石場とか戦闘員はともかく、中ボスまで用意しているとは。
なんという本気。

本編はさすがに普通に学園でのテストネタ。
今回だけOPライクなバカレンジャースペシャルでも良かったんですけどね。

追試の掲示のとなりのまほら新聞でひそかにさよが大写しになってる…
朝倉そこは記事にしてやるなよwww

戦隊イエローとカレーについて語る夕映。
歴代でカレー好きは3人だけだとか。
私思うに、既に伝説ともいえる戦隊ヒーローの元祖「ゴレンジャー」が後発のすべてのスタンダードとなってしまってそういうイメージを作り出しているのではないかと。
ファミコン以降のゲーム機がすべて「ファミコン」と呼ばれるように。
普及しすぎた商標は一般名詞になってしまうものです。
ホッチキスしかり、エレクトーンしかり、ウォシュレットしかり。
閑話休題。

答案用紙の入手を提言するまき絵。うーむ。
まぁ、こういう展開にしなきゃならない時にまき絵から言い出すのは妥当ですな。
基本的にみんなまっすぐ君なんですけどね。

レンジャーミラクルキー!
説明しよう!レンジャーミラクルキーとは、楓の開錠術である!

自室なんだから普通に入ればいいっしょw
日記読んじゃうのはちょっとなぁ…

ネギの気持ちをアスナたちに伝えて奮起させる展開なら、たとえば例の進路指導室でタカミチなりしずな先生なりに相談してるところを聞いちゃった―みたいな動かし方でもよかったのではないかと。

ちょ、まき絵いつのまにコピーを!
恐ろしい子…

全部漢字で書いたアル噴いたw

「そんな理由で教師を解雇するわけが無いのにのぅ」
ですよねーw

学園長室に乗り込むバカレンジャー。
今日の一言。
「ほとばしる情熱の赤、バカレッド!」
「駆け抜ける疾風の青、バカブルー!」
「動かざる静寂の黒、バカブラック!」
「可憐で麗しの桃色、バカピンク!」
「中国の英雄・黄飛鴻の黄色!、バカイエロー!」

「勝てるかな?バカレンジャー!」
それにしてもこの学園長、ノリノリである。

バカレンジャーハリケーン!
説明しよう!バカレンジャーハリケーンとは何コレェ!?

初見時はただバカバカしさから爆笑してたんですが、なんとこれゴレンジャーハリケーンのパロだったのですね。すっげー!
ボールをメンバーでパスして最後は敵の弱点(?)に変化してぶつけて倒す、という…
ホントスタッフ特撮好きなんだなwww
スーパー戦隊はマスクマンからジュウレンジャーまでしか見てなかったのでわかりませんでしたw


最後はバカレンジャービクトリー!

何この投げっぱなしジャーマン…
最後はもうちょっとエピローグ的なものが欲しかったです。

ってエンディングもかよ!


こういうマジメなバカは大好きです。
この調子でビブリオンや魔法家庭教師ツクネもやってくれwww
2007-11-25[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第8話 「スキ・キス・ドキドキ」

のどか回。

いきなり夢シーンでキス。
このせつの時は大反響でしたが、なんだか今回はみなさん反応が薄いような…
やっぱ2回目だとインパクト減ですかな。
外の人頑張ってますよー。

図書室電気点けろよw
蛍光灯見えてるのに点灯されてないのはかなり違和感。
ライティングの演出したいならせめて普通の蛍光灯は隠しとけwww

夕映が初版本マニア。素手で触られると怒ります。
原作の神社仏閣仏像マニアより説得力はあるかと。

どういう話なのだフリバー・ウッド著「魔法の星」。
超魔法養成ギブスてw

「実際には~」
ネギ君また失言。
でも今回はうまく話題変えましたね。

千雨おまえマカーかwwwなんというiBook使いw

ここは図書館島に探しに行く展開と思ったけど違うのか。
図書館島はセットとロケ地の都合で出てこないのではと邪推してみる。
一箇所のスタジオに教室やら廊下やら階段やら一式全部組んであって使いまわしてるらしいですし、マジ低予算なんですなぁ。
テレ朝ゴールデン枠なら2時間のスペシャルドラマ1回のために一刻館を建設するというのに…
ヴェネツィアロケは…無理か…

絶版本は夕映が持ってました。
が、これの葛藤描写は…
 イ.大切な本を手放したくない。
 ロ.自分もネギが好きなのでのどかに手を貸したくない。
さぁどっちだ!

のどか手紙の処分があまーーーい!

勝手に本とか手紙渡したりするのはハルナちょっとひでーなぁ。
これはネギ君に「うるさいなぁ」と言うハルナと同じハルナですねw

階段でいきなり明日菜が見てたのはちょっと噴いたw

無理やりにでもネギと待ち合わせするのどか。
夕映とハルナはともかく、明日菜には気づいていたんじゃろうかのどかは。うーむ。

今回の泣きシーン
のどか。
これは…
ネギと明日菜の関係にただならぬ物を感じての破恋の悲し涙か???
もうちょっと説明欲しいかなぁ。

最後は前髪っ娘卒業というところで終了。
でもやっぱりあの髪型は…どーなの?

今日のひとこと
「キスがあんなにドキドキするなんて…。でも、僕も近いうちにもっと凄いキスをしなきゃいけないんだよな。そりゃあ魔法使いとして、パートナーとの契約のキスだけど…。やっぱ大切な人としたいかなぁ。」

パクティオーってそんなすごいキスなのかwww


最後まで普通に見入ってしまいました。
さすがにもう馴れたのか、演技もほとんど気にならなくなってきましたし。
今後ののどかと夕映にも注目ですね。
2007-11-17[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第7話 「サン・ポ・テクテク」

これは良い意欲作。

史伽のぬいぐるみ終わったあたりで「まさか全編こんな感じなのか」と思いましたが、まさにその通りでした。

たまにはいつもと違うことに挑戦してみないと進歩はありませんぞ。


ペーパージオラマ!
脚本以外にもいろいろ映像表現試みてますね。写真の止め絵とか。
たぶん前出てきた学園全景もCGじゃなくて模型なんでしょうな。
こういう演出結構好きです。

ワンカット泣きシーンスゲー!
この子は大成する。
でもぬいぐるみにタマネギでも隠してるのかと思った不心得者。

なんというスーパードクターwww

風香の「ボク」がちょっとかわいかった。

楓の聞いた物心…
さよなら何か知ってそうじゃねw

BGMのショパンのノクターンがノスタルジック。
全編で頻出してましたね。
過ぎ行く子供時代に、という感じでしょうか。

身長差が完璧にさんぽ部。良い。

今日の一言
「一つ、散歩は一日にして成らず!これぞ散歩の極意
 一つ、地図を持たずに家を出よ!これぞ散歩の極意
 一つ、見知らぬ路地は必ずマッガーレ曲がれ!これぞ散歩の極意
 一つ、迷子を恐れず突き進む!これぞ散歩の極意
 一つ、天気の良い日は迷わず歩き出せ!これぞ散歩の極意」



これはこれで良い話でした。
でも最後の口笛は微妙…
つーか音出てなくね?
2007-11-10[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第6話 「ユ・ラリ・ユラユラ」

さよ回きましたー!
原作では74話、アニメ1期では19話、アニメ2期では7話、neoでは5話、そして今回も5話今回は6話ですた…
だんだん早くなってますがさすがにこのへんが限界でしょうか。

バカレンジャーキタコレw

まき絵「チョー難しいよ」
普通の話し言葉だと、ござるとかアルとかよりかなりナチュラルに聞けますね。

手前味噌ながらこれ思い出した。

英語のテストの答えで666とはこれいかに。

臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・前!
なつかしいなw

ネギ君は呪文詠唱は相変わらず棒読みだけど、杖を取り出してからのアクションはちょっと良くなった気がする。
魔方陣はアニメ1期と同じですな。

学園長がさよ知らないのは自分の脳内設定的にちょっと残念。
まぁ、原作ではまだ出てきてないしね。

学園長「では、決めるのはネギ君自身じゃ」
学園長室でのここに至る会話がかなり良い。
そのあとのネギ君の「・・・・・・」も含めて。

朝倉の心霊写真に興味津々の双子。原作よりアグレッシブだw
そしてさよも。これまたアニメ2期7話に近い感じ。

こんなこともあろうかとー!
ハカセはこれ1本でどんな話にも絡めるなw

まさか除霊銃が出てくるとは思わなかった…
アニメにも一度も出てこなかったのに!GJドラマスタッフ!
しかも2話のドッジで出てきたボールキャッチャーに引き続き、メカ系の小道具のクオリティがハンパねえ!なんか光るしwww
バックパックにオリジナルのゴーグルも完璧ですw
もともとアクション物の特撮が得意なスタッフ陣なんでしょうな。

除霊討伐隊は原作とちょっとメンバー変わってハカセ、いいんちょ、まき絵、ハルナ、そして戦場カメラマンの朝倉。

そしてやっぱり見当違いのところに撃つ面々。
いきなりの場面転換でのハカセの落胆には吹いたw

真名の魔眼は発動中だけでも瞳の色変えてちょーだいな…

銃の発砲とか兆弾の映像処理は普通に良いです。やっぱそういうノウハウは高いのかしら。

さよがカメラ越しに見えるのはアニメ2期準拠。
最後に出席取るシーンでエンディング入るのも2期と同じ。(そういえば最初も)
原作出典のエピソードだけど、かなりの要素を!?から取ってきてるなぁ。
これは良い2次創作。

みんなが認識することで初めてさよが見えるようになる…
なんか哲学的?


今日のひとこと
「幽霊だろうと何だろうと、僕を先生と読んでくれる限り、生徒は生徒だ。担任教師として今更だけど、いろんな意味で、最強のクラスだと思う。僕自身、魔法使いな訳だし。」

まぁ、良かったのではないかと。
原作を良い感じに昇華して実写化できていると思います。

が、これだけは言わせていただきたい。エヴァとの絡みが欲しかったと。6班!6班!
原作もアニメ1期も2期も最後はエヴァ様がいいとこ取りしてたのにー!
いつまでエヴァ様を温存する気だー!
2007-11-01[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第5話 「パッ・パラ・パパラッチ」

どんどんキャラが原作から離れていきますwww
いいぞもっとやれwww

なまじ原作と同じキャラで違う脚本をやられるより、脚本に合わせてキャラも変えていったほうが良いかと。
でも芯になるところは残しといてね!一応「ネギま」なんだから。


やっぱり「~アル」って言う超。
これは発音したときの聞き取り易さでしょうかね。
らんま1/2のシャンプーも原作では「~アル」より「~ネ」のほうを多用してたんけどアニメでは「~アル」が増えてたという話があったような。
あとあんまり関係ないけどドラえもんで「しずちゃん」が「しずかちゃん」になったり。

しずな先生が原作と真逆のキャラに!

さんぽ部が可愛すぎる件。
いや、決して性的な意味ではなく。

刹那「私は密着取材に賛成です。」
盛大に吹いたwww
やっぱりオリジナルが良いな。二次創作と思えばこんなにクオリティの高いものはない。

ネギ「パパラッチだって、最初からパパラッチだった訳じゃない」
朝倉「私はパパラッチじゃない」
あー…そういえばパパラッチって過激なカメラマンの蔑称だったなぁ。
なんか朝倉のイメージとして特化しちゃってたわw

あれ?今回泣きシーンあったっけ?
あの痴漢の呻き声か?www


朝倉でシリアスストーリーはちょっと予想外だった。
もっと全編軽めのハナシもやってほしいかな。こいつはヘヴィーだ。

今日のひとこと
「世界の光と闇。スクープ写真も、正しく使えば光で悪いことに使えば闇になる。魔法も同じで、使い方を間違えるとこの世界を滅ぼすこともできる。だから僕は、闇に飲み込まれない様に心を輝かせてなきゃ。」

来週は…まさかまさかまさか
さよエピキタコレー!


括目して次回を待ちます。
とりあえずさよの移動音は風の音。これだけ覚えておきましょ。
2007-10-25[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第4話 「コイ・スル・オトメ」

このせつ話。

あれ?なんか悪くなくね?

実写のテンプレに慣れてきたのかなぁ。
アニメ2期のときもこのせつ話あたりで慣れたって書いてたのを思い出しました。

原作(見合い話)やアニメ2期(近衛家と桜咲家)からの要素を取り入れつつ、独自の解釈でこのせつを描いているという点でこの脚本は新しいですね。
前回の梱包→船便→沖縄も十分に新しかったけどw


雑感。

やった!やったーよー!はじめてーのチュウー♪
見たときは一瞬合成を疑いましたが、これたぶんガチだぜ。ガチ。
全メディアのネギまを通じて公式ではおそらく初のこのせつキスをドラマ版でやりやがりましたw
こいつはでかいぜ…
追記)すいません、アニメ1期の修学旅行編にて、スクナ撃破後のこのせつパクティオーがありましたね。
いや、黒歴史ネタでわざとスルーした訳ではなくて、マジで失念していました…
テヘ☆

今日の泣きじゃくりポイント
幼少の刹那「守れなくてごめんね」
いやぁ…それは不意の事故…どう守れば…
瞬動でも会得してないと無理w

ぬすみぎきのシーンの朝倉のが非常に良い。ニヤニヤ。

教室での図書館組のが非常に良い。ニヤニヤ。

ってかこのシーンで図書館組の後ろをさよがスーッと左から右に移動していくときに風の音みたいなSEが入るんですが、これってもしかしてさよの移動音???
ためしにヘッドホンで聞いてみたらさよにあわせて左から右に音も移動していきます。
茶々丸の駆動音に続いての人外表現ですね。

あとよくよく見たら、後ろじゃチアがエアギター、さんぽ部は双子がジャンケン、ハカセは熱心に何か五月から聞いてるし、教卓じゃ古と超が腕相撲…(誰が誰かはあんまり自信ないけど)
頑張って原作の脅威の情報量を再現しようとしてますね。

進路指導室で結婚生活について語るしずな先生。相変わらずアダルティだ。

タカミチ吹いたw
酷い言われようだ…
いわく、
アキラ「高畑先生!?いつのまに?」
千鶴「星座の導きによれば、年上は私の相手じゃない!」
夏美「私も趣味じゃないし…」
いいんちょ「本当ですわ!アスナじゃあるまいし!」
亜子「・・・・・・」
無言で去る亜子が一番酷い件。

異様にでかい胸像はシェイクスピア
たぶんロケ地にあったのをそのまま使ったから特に意味は無いと思う。

刹那VSネギ。
おお。これは意外と良いぞ。
呪文詠唱中に攻めるのは対魔法使い戦のセオリー。

「今日は一人のクラスメイトとして来ました。」
「僕は、教え子の笑顔を守りに来ました。」
あれ?悪くないどころかかなり良いのでは…

今日のひとこと
「今の僕じゃまだ、パートナーを守り抜いていく力が無い。修行をして、一日でも早く、誰かを守りぬける自分にならなきゃ。」

次回は朝倉話…
さよエピソード来い!さよエピソード!

本当にあささよエピなら泣きシーンはたぶん生前のさよ。
2007-10-18[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第3話

はやくもネタとして笑い飛ばすことすら飽きてきました。


今回は…えーと…ちう回。

また泣きシーンからか…
シリーズコンセプトなの?

いや、さすがにそんだけ部屋の中動き回ってバレないってのはおかしいだろ、と思いつつ。
でも梱包→船便→沖縄のコンボはウケたww

みんな出て行ったのにさよは教室に。
やっぱりみんなには見えてないという設定なのね。

アイドルクイーンコンテスト。授業はどうした。
てゆーかただののどかいじめにしか見えなーい。

わたしまけましたわ
これは良い回文ですね。

今日のひとこと
「結局、長谷川さんは普通っぽいけど、普通の長谷川さんじゃない方でとりあえず行くみたいだ。でもやっぱり、普通じゃないけど普通で、普通に普通じゃないことができるのがいいような気がするなぁ。あれ?いいんだっけ?それで。んん?」

ちうはもともと苦手だし今回はかなり辛かったっす。
2007-10-14[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第2話

なんだ。そういうことか。

ドラマなんて滅多に見ないから気づくのが遅れました。
要するにこれは新房氏版の「ネギま!?」みたいなノリで作られているわけね。
1話のまき絵失格ネタもそのことを視聴者に伝えるためのメッセージだったのかも。

アニメネギま!?では第1話の感想で気づいていました。
>オーケイ。了解した。これはこういうアニメなのだなw
>絵面とネタを楽しむアニメwww


そして今回のこれは…

オーケイ。了解した。これはこういうドラマなのだなw
女の子がネギまっぽいことをしてるのを楽しむドラマwww


こういうことですね!

各所で感想見てもアニメネギま!?みたいという意見も多いですし。
このせつの描写なんて、まんまネギま!?みたいでした。

やはりこのテのイロモノ映像化は深く考えないようにして適当に楽しむのが吉ですね。


以下雑感。

1話から思ってたけど野沢さん@カモの「ネ・スプリングフィールド」のイントネーションが気になる…

学園の全景って、模型?CG?
メイキングとか見てみたい。

ザジのぬいぐるみあんまり意味なかったね。

教室でのワイヤーアクション殺陣。
これはすごいw

タイマンドッジ。
これボールCGか。これはよくできてるな。ホントにボールの投げ合いをしてるように見える。
撮影時はパントマイムしてたってことでしょこれ。
それとも早回しか何か?

亜子「おおきに」
"おおきに"は京都弁だ!と主張しようとして調べたらたけど近県の人も使うという情報をみつけてしょんぼり。
まぁ亜子が京都出身じゃないと設定されてるわけでもないしね。

図書館探検部3人のネギ軽視が酷い件w

さんぽ部の三人はよい…
なごむわぁ…
でも双子が駆けてくとき引っ張ってくのはやっぱりお姉ちゃん風香の方でなくては。

夏美がちょっといいw

こんなこともあろうかとー!!
ハカセは実写化でもあんまり違和感ないというか、実際いたらこんな感じだよなと、どことなく納得できる仕上がりになってると思う。
そんな私は門脇舞以をよく知らない。

あとメカのギミックとディティールが凄まじいんですがw
小道具さん良い仕事してはるなぁ。

このせつはどこからどうみてもネギま!?準拠ですな。

ザ ジ 大 活 躍 !
でもやっぱり完全無表情は無理か。
無表情の演技とか超ムズカシそうだし。

抹茶を点てる茶々丸と茶道部のエヴァ。
モーターの駆動音がwww

さよもここで登場!
Maze of the dark!Maze of the dark!

その間も続くタイマンドッジ。
ホントに少林サッカーみたいだw

武装解除からの展開はほぼスルーの方向で。

いいんちょ回なのに生徒顔見世もしたからちょっと軸がブレ気味かな。
まぁ最後結構時間とったからいいんでないかい。


今日の一言。
「さりげなく人を助けられる、僕は、そんなマギステル・マギになりたいな。」

この番組は日本ドッジボール協会の提供でお送りしました。
2007-10-04[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま! 第1話

みたよみたよー。
超映りの悪いテレビ大阪にて視聴後、ニコニコ某画で弾幕付きを視聴。
テレビで見るよりニコニコの方が画質良くてしょんぼり。


■総感

ん…あ…まぁ…こんなもんだろうな…
ストーリーラインがハショりまくりだし、これ完全に新規の視聴者捨ててますよね。

■雑感

オープニングにて。

ビジュアルブックのメイキング記事を読んで想像していた映像そのまんまだったので噴いたw
もっとなんか工夫が欲しかったかなぁ。

朝倉のポーズおかしくね?(いやみんなおかしいっちゃおかしいんだけどw)
あげあしとり
覗き込むためじゃないのかよ!

驚いた。スタッフにO月Pがいない!
ガンジスもない。
かろうじて、アニネギ1期でO月Pがバックれた降板した後プロデューサーになった森山Pの名前はクレジットされているけれど。
他の二人のプロデューサーは製作会社の方のようです。
でもまぁスタチャが噛んでいる以上、関わってない訳ないと思いますが…(希望的憶測w)

本編。

初っ端幼少アスナからかよ!
3話しか作られなかったほうのくじアン(藍ぽんじゃないほう)かよ!
「いやーしょっぱな会長の子供時代から入ったときはヨロメキましたなぁ」

らすてるますきるまぎすてるー(棒読み)

カモの動きがきめぇええええ!
声は野沢雅子さんでした。ド根性カモ。
いや昨日のニュースで知ってたけどね。

教室シーンではアニメ2期の佐々木まき絵失格ネタ…
それ使うんだwww

ってかさよが普通におるー!!
ネギま初見の視聴者は「なんでこの子だけ服ちがうの?」だよな。

図書館三人組。
夕映の「のどか待つですー」が無いのは納得いかない。

木乃香の占い。
「赤だしが人の顔の形になってく」
いや何も変化ないんですがw
シュールリアリズムの極地。

Bパートはホレ薬。にゃぁ。

美空「あたしに抱かれて!ネギ先生」
あ、ゆたかだwww
美空だけは声聞いてわかるダメ絶対音感。

図書室でののどかとのシーン。
これは…
ネギまとか関係無しによいものだwww

でも最後のどかを突き飛ばすネギはいただけない。

すっ…すっ…するめいかはお好きですか!?

おろ?最後にもタカミチと幼少アスナ…
もしや…
ナギも出ること確定してるし、アスナの出自とかサウザンドマスター一行とか大戦とかのハナシまでやるんやろうか???

今日のひとこと。
「魔法って、実は万能じゃない。それよりも、ちょっとの勇気が魔法なのかも。ね!ハム太郎
これ毎回やるんかな?

よし!次回のひとこと予想しようぜ!

サブタイは「オトメ・ノ・リョウイキ」
原作どおり行くなら次は大浴場でキャッキャウフフなハナシ!まさに乙女の領域!
全員水着着用にしても(二重の意味で)胸がおどるぜヒャッホーイ!

…ごめんなさい。

でもよく考えたら12歳の水着とか犯罪臭いですよね。ううむ。

そうですな。例の爆乳魔法でアスナを怒らせちゃうんだけど、それでもやっぱり部屋にいてもいいわよ的なことをいわれて、怒りっぽいけどアスナさんはやっぱりいい人、的な感じで。次回のひとこと。
いやシリーズ化するってわかんないからw
そもそもホントに風呂のハナシかもわかんないからw

エンディング。
名簿をパタパタと。
ニコニコ某画のコメント「さよが一番よくね?」には思わず同意。
とりあえず今、西田さん@さよをひいきすることに決めました。


というわけで予定調和的にひいきする子が決まったところで雑感終了。

次回がホントに風呂のハナシだったら2クール全話見てしまいそうです。
2007-10-01[ネギま!|ドラマ]

ヴィジュアルブック


買った。

とりあえず古菲の子は目さえ見開いていればカワイク写ると思っているフシがあるので誰かたしなめてあげてください。

てかこの子に限らず目ぇくぱぁて開いて写ってる写真結構多いな。
ソチラの業界のマニュアルにでも載ってるのかしら。

でも残念!
こちとら完璧に作られた萌え(二次元)に日常的に触れてんだ。
人間が演じる以上完璧になりきれない萌え(実写)に違和感を感じるのは必定!

でもおーつかさん@いいんちょは作り方が上手いな。スゲーよ。

スタジオで撮るよりも現場で笑ってるほうがカワイク写る子もいれば、その逆もしかり。
そしてやっぱり現場で笑ってるほうがなんとなく良くみえるのはやはり自然体=最強の明かし。
でも真の最強はスタジオでそれを出せることだっぜ!

カタログ化されていた子たちが知るにつれて十人十色に見えてくるのは原作1巻からもう一度なぞる感覚。原作も最初はまき絵と桜子の見分けが付かなかったものさ。
まだ顔以外のパーツで判別してる段階だがな!

そういう意味ではゆーなにイチゴをつけたのは正解かも。見分けやすい。

気づけば放送アサッテじゃないですか!
例によって括目して放送を待ちたいと思います。


おまけ

トレス疑惑浮上
2007-09-16[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版公式サイト 動画更新

みんなでつくろう「新・出席番号のうた」その1 応募作品、発表」にて紹介していただきありがとうございます。>鈴きんさん

どうも、低予算ブログのよーかんでございます。こむにちわ。


実写版の公式サイトで更新があったようなのでそれについてのコメントを少し。
ネギパのほうにも情報載ってましたね。

スタチャ公式にて

・ネギ
おお。動画での挙動やしゃべりがどことなくネギっぽい。

・さよ
名簿ではセピア処理w
本編では!本編ではどうなるというのか!

・ゆーな
いちごっすか。

・古菲
写真より動画で見るほうがカワイイのな…
名簿写真はちょっとコワイような…

・ハカセ
おさげの反り返りでコレを連想してしまったのは責められまい。

・エヴァ
金髪じゃねーのかよ?

・のどか
動画では相変わらずの元気っ娘。
でもこの名簿写真はのどかとして演技しているハズ。
本編での演技も楽しみです。


★ネギパ Vol.14にて

なんか…
なんだかなぁ…
そこはかとなくチープな空気が…

一部のキャラのコスプレのせいかな。
ザジのぬいぐるみのせいかな。
仲魔の記号表現にしてもこのへびはちょっとないかなー。でかいよ。
でかさにも理由が?やはり本編を見んことにはなんとも。

画面効果やら編集やらでカバーしてくれるのかしら。
それでさらにサブくなったらマジ目も当てられんぜ?

体操服はブルマと短パンとな!
ブルマも良いけどやっぱり基本は短パンっしょ!
あと短パンはもっと原作みたいなスソがゆったりしたものが良いよ!

まき絵が目立たないというのは結構新鮮かも。

初代ネギプリ2連覇を成し遂げた初期はともかく、(いや別に今も人気は高いほうだと思いますけど)今ここに至ってアニメやゲームでは主にほっちゃんだからという理由で優遇されていたような気がするまき絵ですが、実写版では双子や亜子に持っていかれてる感じ。

あと写真が…
アスナといいんちょの写真のうしろでちょーどいいんちょのウデに顔が隠されていたり!
パルと柿崎の背景に抜けているときの抜き打ち検査食らったように写りこんでたり!
ザジの背景で顔が見切れていたり!

つーかこれネギま!?のまき絵失格不遇ネタ狙ってねーかwww
2007-09-04[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版 製作発表会

実写ドラマ「魔法先生ネギま!」製作発表会の写真56枚(猫とネギま!と声優さん)

各所でリンクが貼られていますがとりあえず画像引用でビジュアル的にわかりやすい黒猫さんところにリンク。

以下、何箇所かでざっと記事やレポを眺めての雑感。


いやー、いよいよ発表されましたね。
ネギ君役も個人的には本命だったおんなのこということで落ち着いたようです。
ちなみに対抗はおとこのこ、大穴はCGでした。俺オッズ。

全員ヘアメイクもフルスペックですな。
さよもちゃーんとセーラーにて。でもスカーフ白かー。ちょっと物足りない感じ。
あとは画面処理で半透明とかにするかどうか?
そのあたりも本編を見ないとなんともですねー。

今回衣装を合わせての初披露となるオトナの先生組。
結構雰囲気出てて良い感じ。
ヒロシもそれなりにマッチしている。
かなり意外!
ネットで悪口書かないでください…」とか、ここに来てるファン層の空気をよく読んだ発言もw
役作りでかなり努力しているという話も相まって、ちょっとヒロシが好きになったw

行かれた方のレポを見ても概ね普通以上の評価のようでますます期待しています。

ドラマ映像も少し流れたらしく、「雰囲気がハリポタ風」だとか「そうチープな印象ではなかった」という意見も聞かれます。
特に後者の『チープさ』というのは雰囲気を作るのに大事な要素なのでこれも期待です。

発表会後のライブ撮影では、歌もダンスもいいハナシしかないですねぇ。
やっぱり実力重視で配役したのかな。
監督の言う「強いものを作る」の一端ですかな。
機会があったらこの3Aメンバーでやるイベントにも足を運びたいと思います。


もうひとつ、これは前々から思っていたのだけど、私が注目しているのがのどか役の…えーと…和川美優さん。

このこ、マガジンで配役発表されたときもWebで動画コメントが掲載されたときも、いたって普通というかむしろ元気っ娘系のキャラでピーアールしてるんだよねぇ。

まぁ、マガジンは最初の顔見世で、公式の動画コメントは役者としてのコメントだから別にキャラ作って無くても良いと思うし、素も常にのどかのキャラでいてくれとかいうアレな主張もしないんですが、、、
(マガジンのほうは写真で多少のどかキャラ作ったほうが良かったかも)

単純にどんな演技をしてくれるのか楽しみだったりするのです。

自分の素のキャラとはちがうキャラになりきるのが演技。(ですよね夏美ちゃんw)

話は脱線しますが、私はドラマの「ショムニ」シリーズで野々村人事課長役をしていた故・伊藤俊人氏が「踊るさんま御殿」に出演していたとき、その役でのハジケっぷりとご本人のキャラのテンションの低さのギャップにかなり驚いたことがあります。

もう、これがプロの役者というものなのか…と。

素が元気っ娘の和川さんが演じるのどか…
マガジンの時にはおそらくのどかについてまったく理解してなかったのではと思いますが、あれからどれほどまでにキャラを研究して役作りできているか。
必見です。

これもギャップ萌えの一種かなw
他の役の方でも探せばあるかもしれませんし、そういう楽しみ方もしたいと思います。
もちろん素のキャラと役のキャラがカブってたら普通に楽屋ネタ的に楽しめますしね!


ドラマ「魔法先生ネギま!Parallel」、括目して放送を待ちたいと思います。
期待値上昇中です。



おまけ
カモはどーなる!?俺オッズ
 イ、CG                        ←同率本命
 ロ、ぬいぐるみ                    ←同率本命
 ハ、動物タレント(リアルオコジョ)         ←大穴
 ニ、存在自体が無くなる               ←対抗
 ホ、矢部雅史氏が白タイツにオコジョ耳で出演  ←ねーよwww
2007-08-29[ネギま!|ドラマ]

ネギ役

「ネギま!」先行連載SP「美少女ときどきネギ。」(B.L.T.10月号)(猫とネギま!と声優さん)

>ネギ先生役:多分CG?

しばし待たれよ。

これはいいんちょの顔の影とかアスナの背中に落ちてる窓枠の影からして、右ななめ上から画面に平行またはやや逆光気味のライティングではなかろうか。

そうでなくとも、高さのあるところからの光なら黒板に影が無くても不自然でないない。

その点でもってネギ=CGと予想するのは早計ではないでしょうか。


…でもそんなこと関係なくネギがCGになってしまう可能性も大いにあるのがこの実写化の怖い所。
2007-08-01[ネギま!|ドラマ]

実写版クランクイン

動画コメントとかマガジンの記事見てるうちに、どんどん期待が高まっております。

もうこの記事の写真のヘアメイクで確定と見てよろしいですかな。

茶々丸フルスペックにはマガジンの白黒写真でも噴いてしまったw
史伽のボンボリの柄が…なんだか個人的にレトロなイメージ…白でいいですよ。
ハルナのメガネもちゃんと上ブチ無しのものが用意されていました。
でもその触覚はちょっとないわぁw
まだネギ役引っ張るのかー。

ところでドラマの花君見てネギまもこんなふーになるのかなー…とか考えてるのは自然な流れだと思います。

このフジの公式サイトのキャストをネギまのキャストに置き換えたコラとか誰か作らないかしらw
2007-07-06[ネギま!|ドラマ]

実写ドラマ版ネギまをマシにするには?

パロディと楽屋ネタだけで乗り切るというのはどうでしょうかwww

最近そんなアニメ多いですが(ケロロに銀魂にハヤテにらきすた、ぱにぽにやネギま!?の黒板ネタもそう)、それを実写でやるというチャレンジ…
そういうバラエティも多いですしね。めちゃイケとかそればっかですし。
どーせイロモノ確定なんだから開き直っちゃいましょうよw

・黒板ネタを再現。(もちろんカットごとに全部手書き)
・劇中のTV・ラジオの声などにアニメ版声優を起用。既存のキャラソンかけるのもアリ。
・チアの三人がやたらと他の子たちを僻む。「若いっていいわね…」
・のどかが初登場時教室で読んでいる本がハリー○ッター
・千鶴のキメゼリフ「リークは得意なのv
・千雨のアーティファクトで入れる電脳世界が天才○れびくんぽいCG。
  千雨「バーチャル人体、構築!
  カモ(ローポリCG)「もぅえちゅわ~ん」

しかし元ネタやバックグラウンドを知らない視聴者を置いてきぼりにするという諸刃の剣。
オタネタに明るくない監督にはオススメできない。
2007-07-04[ネギま!|ドラマ]

ドラマ版ネギま!キャスト

発表されましたぞ!発表されましたぞ!

とりあえずまだ書いてなかったのでこれだけは最初に書いておきます。
「ネギま!」で実写版は無謀!
これ企画したやつ何考えてるんだ!
(スタチャ製作だからたぶんO月P)

…はい、通過儀礼済みましたのでマガジンの雑感いきたいと思います。
ちなみに私の実写化に対するスタンスはこちら参照。消極的な賛成。


○1ページめ、クラス名簿

ん…あ…まぁ…こんなもんか…
赤松先生が日記で絶賛(5月18日)するものだから、どんなサプライズがあるかと思いきや…

つーかさよはセーラーだろ!なにやってんの!

亜子の人と釘宮の人は名前で選んだだろソレwww

古菲の人が、トリビアの泉で「最も不愉快なハァ?」の検証をしてたときのアナに似ている。

木乃香の人が微妙に藍ぽんに似てると思ってしまった私はたぶん藍ぽんファンに刺される。

双子は結構がんばっている。

いいんちょの人もかなり。

これからずっとフライングリーク女優として仕事していかなければならない例の人は千鶴役。
自業自得とはいえちょっと同情するわ…。ひそかに応援しています。

えーと、赤松先生の日記からするとこのヘアメイクでドラマ撮るわけではないようですね。
本編のそれもまた期待しておきます。

○2ページ目から、役者紹介を兼ねたミニ写真集。
 誕生日などの簡易プロフィールも。


ほとんど平成生まれで、キャラの設定誕生日より若い子がわさわさと。

って例のフライングリークの人最年長から二番目じゃん!(最年長はハルナの人)]
修正)桜子と釘宮の人のが年上でした… それでも四番目。
なんという頼れない姉さん…

木乃香の人は雛形あきこにも似てるような気が。

刹那の人2次元と音楽を愛しています!!!」…赤松先生の日記によればアニメ研究してきたともあったな。
 イ.この子が隠れオタ
 ロ.仕事を理解しようとする勉強家
 ハ.オタへのコビ
さてどれ!
画伯がそうであったように(ロ)であることを願う。
でも声優のモノマネをするのはやめていただきたい。この子に限ったことではなくて。

のどかの人「頑張って役作りをしていきたいです。」…まだぜんぜんできてねぇな。一枚ものどかっぽい写真がない。
とりあえず単行本1巻読んどこうか。
まぁここはスタッフが小道具にハードカバーの洋書とか用意しておくべきところなんですけどね。

亜子の人「亜子ちゃんをよく理解して、自分らしさも出したいです」全員このスタンスで頼む。
キャラの理解・解釈と自分なりの再構築。あらゆる二次創作の基本。がんばって。

散歩部の人たち。関係ないけど「コスプレShot」の双子の台詞「くすくす」と「ひひひ…」、たぶん逆ですよね。風香が「ひひひ…」で史伽が「くすくす」。
この三人がほぼ同年齢というのはちょっと驚いた。
でもそのおかげで楓がちょっとロリっぽいんですが…

まき絵の人の足が…足が…(みなまで言うまい)

双子といいんちょの他では木乃香、ハルナ、千雨あたりがなかなか。
やはり髪型合わせてるとだいぶ印象ちがいますね。

本番でのヘアメイクも楽しみにしています。イイ意味で。


さて、ついに公開されましたが、3Dというのは写真だけだとやっぱりその魅力を伝えきれないものですので(文字通り次元が下がっているので)やはり映像での公開も待ち遠しいです。
動くと印象変わるというのも静止画と映像の常ですし、まだまだ暫定批評ということで。



ところで、これらのページで女子女子な気分のまま次のページめくったら…男臭すぎて噴いた
ひどいトラップだ…
2007-06-04[ネギま!|ドラマ]

インスパイヤ

『ネギま』ドラマ化の発表

マガジン25号によれば『魔法先生ネギま!』がドラマ化されるそうです。

セーラームーンなどの実写版を記憶しているファンの中には、ドラマ化に反対する人もいるかもしれません。

2006年に『ネギま』が再アニメ化されたときにも「ぱにぽにの二番煎じにされるから反対」という意見がありました。じゃあ、「第二期はなかった方が良かったか」と言うと、必ずしもそうとは言い切れません。アニメ『ネギま!?』によってマンガ『魔法先生ネギま!』も広く周知され、結果的に多くのファンを生み出すことになりました(?)。今回のドラマ化もそのように考えれば宜しいと思います。

いいじゃないですか、ドラマがどのような設定になろうとも。原作『魔法先生ネギま!』の価値もアニメ『ネギま!?』の価値も変わらないのですから。そう考えれば、気が楽になりますよ?



元ネタはこちら。

元ネタとはだいぶ状況が違いますが、考え方のひとつとして。
私もここまでは達観視できませんが、それなりに同調できるスタンスですね。

やっぱり昔の人はいい事を言わはるなぁ…(とことん失礼)
2007-05-21[ネギま!|ドラマ]

祝!?実写化

ちょっとこの件について、リークの第一報やら赤松先生のフライング情報やらそれらに対するファンの反応やら含めて、いろいろ書きたいことがあったのですが…

ネギま!実写化に寄せてネギま!部屋さん経由)

八割方こちら↑で書かれてしまったのでそちらをご覧になっておいてください。

ってそれじゃあまりにもコバンザメ過ぎるのでせめて便乗記事くらいにはしておきたいということで少しだけ書かせていただきます。


とりあえず私の実写化に対するスタンスは、引用しまくりになりますが
>実は密かに楽しみww
だし
>一体どんな事が起きるか?
ワクワクしてるし
>良作になれば儲けもん、駄作になっても笑いのネタにすればいいだけ
なんですね。

あとアニメ第三期への布石になるとか、「イメージが崩れる」というのは反対の根拠としてどうなの?とか、ついでに言えばコナミゲーPS2版ネギまはゲームとしてはビミョーだけどネギまとしてはかなり頑張ってるという点も前々から思っていたのですが…まぁそれは今回は置いといて。


私が一番言いたかった(のに先に書かれてしまった)のはココ。
>何のメディアミックスのないままただ淡々と原作の連載だけが続いていくよりかはこうして議論できる材料が与えられるだけ幸せだと思うんですよね

これはホントそう。マジで幸せですよ。


私はかつて高橋留美子の「らんま1/2」を大好きだった時期がありました
が、大好きになったのが完結後で、アニメ化グッズ化キャラソン化が一通り終わった後だったため、有限のアニメソフトやCD・グッズを一通り集め終わったところで熱が冷めてしまいました…

どことなくファンサイト界も尻すぼみ、イラストやSSもそれなりに数はあったけど、ウチが投票企画をやった時に来たメールは2通…(それはウチが弱小サイトだからだってw)

犬夜叉が大ヒットすれば再アニメ化も夢ではない…そう思っていた時期が私にもありました。

結局コミックス全38巻とデータハウスの謎本の新装版が出ただけでした。
どれも旧版で持ってるっちゅーねん…

もちろん今も好きなことには変わりないんですが、かつてほどエネルギーを注げなくなっています。
全40巻のTVシリーズ完全収録版VHSを5万円でヤフオクで落としたのも今となっては生温い思い出です。


現在進行形の作品で、良くも悪くも無限に広がる可能性のあるメディアミックス展開、そしてそれをアレは良い、コレは駄目、いやいやそれは、と議論できるだけの人数(人気)…

わたし、今、幸せです。

実写化には「消極的な賛成」票を投じたいと思います。


でも赤松先生の絶賛は…まぁ言いたいことはわかるけど、ファフナー班の件もあるしなぁw
楽しみにしてますよキャスト。イイ意味で。
MMD
カウンタ
プロフィール

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

最近買ったもの



アニメおすすめ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

じょしらく

四畳半神話大系

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

とらドラ!

かんなぎ

かみちゅ!

劇場版

ガールズ&パンツァー 劇場版

たまこラブストーリー

涼宮ハルヒの消失
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
■コピペ等