低予算雑記

2017-10-30[イベント]

第3回京アニ&Doファン感謝イベント「私たちは、いま!!-2年ぶりのお祭りです-」

第3回京アニ&Doファン感謝イベント「私たちは、いま!!-2年ぶりのお祭りです-」


いってきた。土曜日の方だけね。

いやー、かなり楽しめました。
ついったで集金パーティとか書いてすまんかった。
だって入場料3000円で京まふより高いんだもん…

でもそれだけの価値はあるイベントでしたね!
グッズ販売は興味ないのでステージ目当てでついでに展示もって感じだったんですが、展示も展示でなかなか興味深かったです。

ステージは事前申し込みの抽選制で第三希望まで出せたけど、全部当選していました。
28日の
・監督演出ステージ(2)
・小林さんちのメイドラゴンステージ(3)
・響け!ユーフォニアムステージ(1)
に当選したので、その他の空いた時間に展示コーナー見て回ろうかなーと。(数字は希望順)

ステージは全部白石稔がMC。さすがだったぜ…

ユーフォのステージでは地元京都ということで各キャラのセリフを関西弁変換して演じるっていうコーナーあって、原作は関西弁ってハナシもチラリと出たけど原作でも久美子は関西弁じゃないって誰か言及してほしかっためんどくさいオタクは私です。
いやあくまで開催地ネタであって原作再現でーすって訳じゃないから久美子も関西弁でいいんだけど、原作では~って一言いうならそこまで触れてほしかったっていうか…

なお関西弁演技については初っ端の黒沢ともよが上手くて会場も「おおっ」となってたし続く朝井彩加はマネージャーが関西弁ということでなかなかだったしあとの二人も敢闘賞でしたw
せっかくの機会だから各人のお気に入りセリフを変換するんじゃなくて、それこそ原作の関西弁セリフを言ってもらうコーナー別に作ってガッツリ演技してもらうのも見たかったな~
久美子は変換でいいしさw

セリフ変換はネットの変換ジェネレータ使ってたみたい。

展示の方はみやこめっせの地下と三階使ってかなり量ありましたね。
Free!の水泳シーンの流水の描写とか、真っ白な紙にエンピツだけでこんな絵描けるのかと見入ったり。
メイドラゴンのあのぶっとんだOPの絵コンテを完成映像思い浮かべながら見たり。

京アニシネマのオリジナル短編上映と中の人のメッセージコーナーは人いっぱいで見れなくて残念でした。

スタジオコーナーでは京アニの制作環境まるごとみやこめっせに持って来てて見学出来てドギモ抜かれましたw
トレス台とか原稿用紙はともかく、仕上げ用とか3DCG作業用のPCまで持ち込んで実演とかガチすぎるでしょ!
いやホント集金パーティとかいってすまんかったやで…
これはファン感謝イベントですわ…


という訳で京アニイベント、地元開催にもかかわらず第3回にして始めて行ったけど、結構楽しめたので次回もしあるならまた行こうと思います。
ユーフォ新作もあることだし来年やるならまたステージあるでしょう。
来年なくて再来年以降だとまたハマれる作品次第になるかなー。
2017-10-22[イベント]

「響け!ユーフォニアム」公式吹奏楽コンサート~北宇治高校吹奏楽部 第2回定期演奏会~(昼公演)


ユーフォの定演(という名のコンサートイベント)行ってきたでー

前回の第1回定演は宇治も神奈川も行ってすっげぇ楽しめたので第2回も是非と。

実際に久美子やあすかの演奏を担当したプロのユーフォ奏者の円能寺博行氏が来るのはうれしいサプライズだった。
アンコールでは新藤正和の「響け!ユーフォニアム」を吹奏楽編成用に編曲したバージョンで聴けたりと作品世界が広がりましたね。
これもある種の2.5次元と言って良いのではないかな。

声優の北宇治カルテットの4人も登場。
今回は緑輝役の豊田さんが司会。楽団いじりもメンバーのみなさん快く対応してくれて楽しかったですねw
ぼーんぼぼん。
指揮の大和田先生も相変わらずノリが良くw
1期で久美子がひっかかってたところやってもらったりとファンのツボを見事に抑えておられました。

来年はみぞれ編もその先には新編もあることですし、第3回も待望していますよ!
2017-10-20[イベント]

大有頂天祭'17

【イベントレポート】「有頂天家族」3部は有頂“天狗”家族に?イベントで50分間の朗読劇やライブ披露(写真13枚) - コミックナタリー

10月15日に蒲田であった有頂天家族のイベント行ってきたでー!
13時からの昼の部。
同じ時間にネギのお茶会やってたけど抽選ハズレてましたorz


とにもかくにも原作者監修の50分にわたる朗読劇が面白かったですね。
これは円盤化が欲しいけどどうだろうなー。何かの特典でつくかなぁ。

堀川Pのついったでも女性が9割ってハナシありましたけどホント女性が多かったですね。
キャストがキャストなのでさもありなん、と思ってたけど櫻井孝宏の第一声「こんにちは~」に黄色い声も上がらず会場が拍手で返したりと、声優ファン自重してるのかなーと思いました。
個人的にはファンのコールもイベントのうちだと思ってるのでもうちょっと声上げてもよかったですのよw

もしくは、ホントに声優ファンより作品ファン寄りの来場者が多かったのかもしれませんね。
それはそれで良いことだと思いますw
毛玉グッズ持ってたりぶら下げてたりする人も結構見かけましたし。愛されてる作品でこっちまで嬉しくなりますね。

あと子供連れのファミリーも来てたのはさすがだと思いました。


二期BD下巻に京都有頂天祭の優先抽選申込券的なものが入ってて、てっきりこのイベントで開催告知あると思ったんだけど、まだ詳細未発表だよね?
これも楽しみ楽しみ。
2017-07-14[イベント]

ガルパンのシネマティックコンサートいってきた


7/9にパシフィコ横浜で行われたガルパンのシネマティックコンサートに行ってまいりました。
ほとんど横浜日帰り旅行でしたw

EX予約の会員になってから新幹線使うハードルが急転直下。
年会費払ってるから使わなきゃ使わなきゃってなっちゃうw
いや年に東京1往復すれば元は取れるんだけどさw

今回は夕方開演でかなり時間に余裕あったので、前々から使ってみたかったこだまグリーン車を使ってみました。
京都横浜間、のぞみが2時間くらいのところをこだまで3時間半、お値段はのぞみ普通車より安い。
割と空いていてノンビリできました。ユーフォの原作もじっくり読み進められましたw
これは良いかもしれんw
朝遅めに出て昼過ぎ到着な感じ。

コンサート開演は17時だけどせっかくだから観光しようとちょちょいと計画。
とりあえず山下公園の氷川丸行きたいなーというのがあり、時間余ったら帆船日本丸とか横浜みなと博物館の方も行くかーとなんとなく考えていました。

が、実際山下公園着いたらちょーど遊覧船の出発時刻だったので、予定変更して飛び乗りましたw
座って海眺めながらゆっくりできました。
中の売店でビールとポテトという野球場に短パンで来てるおっさんセット買って海風を満喫。
おっさんだからね。しょうがないね。

なんかちょうど大型客船が横浜港大埠頭に入港するタイミングだっったので船長の粋な計らいでそれの見物コースに。
多少遊覧時間オーバーしたけどノンビリできてよかったです。

んーで氷川丸へ。
入ってすぐの沿革ビデオを30分ノンビリと視聴。
氷川丸が擬人化されてしゃべるなどアレを連想せずにはいられない…
貨客船から戦時病院船、復員船、イベント会場などの歴史は興味深かったですね。

なんかノンビリばっかりだけど今まで関東遠征となるとせっかくだからとちょっと予定詰めすぎてた感があるので、これからはできるだけノンビリできるスケジュールで行きたいなと。

一通り回ったらちょうどいい時間だったので日本丸とみなと博物館は今回はパスでいざパシフィコ横浜へ。

ニワカなので物販ではグッズはスルーしてパンフのみ。いくつか売り切れてるのもありました。
遅めの時間だったのか並ばずに購入できました。

「シネマティックコンサート」ってなんやねんって特に下調べせずにきたけど、まさか劇場版本編を全部流してBGMを生オケでやるもんだったとは…!
オペラかよ!!!っていう豪華さ。
いや来る前はオケに合わせてスクリーンに名場面集流すくらいだと思ってました。
まさか映像にオケの方が合わせるやり方だとは…

劇場版は劇場で2回(うち1回は4DX)、BDで4回(普通に視聴+コメンタリー3種)みてたけど、生オケそっちのけで物語に入り込んじゃったりして「これでいいんだろーか…」と思わなくもなかったw
まあ、ある意味劇伴として正しいし、4DXを超える贅沢という触れ込み通りといったところでしょうか。

序盤エキシビ戦のプラウダ進撃時のアレは音楽が主役といった感じの面目躍如でトリハダたちまくりだったけどw

3階席でスクリーンが邪魔になってオケ後方のパーカッション陣が見えなかったのがちょっと残念なところ。
ティンパニ大太鼓小太鼓あたりがドンデンドンデン荒ぶる曲も多い作品なので、これは惜しかったですね。
ケチらずにS席にしとけばよかったなぁw
チケット取ったのホントギリギリだったのでS席取ったところで見えるかどうかは運だけれども。

今までこういうコンサートではホール全体を見渡せる後方の席が好きかなーという感じでしたが、今後はいわゆる良い席も狙ってみようかなー。

という訳で最大限楽しめました。ヨカッタヨカッタ。

終演時間わかんなかったので帰りの新幹線は余裕もって夜9時発に予約してたけど劇場版全編+休憩+アンコールとフルコースだったのでかなり時間ギリギリでしたね。
会場出たらとりあえず20分遅い便に振り替えておきました。
結果的には移動時間がホントにピッタリだったので新幹線のホームで20分待つことになりましたがw
ホーム出た目の前に最初予約してた便が来てるでやんのw

観光もコンサートもかなり満足度の高い日帰り旅行でした。
今後もこんな旅をしていきたいですねー。
2016-11-21[イベント]

響け!ユーフォニアム 公式吹奏楽コンサート~北宇治高校吹奏楽部 第1回定期演奏会~神奈川公演

神奈川公演いってきました。
なんで「横浜」じゃなくて「神奈川」なんだろう。県民ホールだからかな…

あんまり期待してないけど近くだしいってみるかーと試しに行ってみた10月アタマの京都公演がスッゴイ良かったから、終演後その場で神奈川公演のチケット買っちゃいました。

スゴイ良かったのは良かったけど、やっぱ京都公演の方が楽しめましたね。
私がそう感じたのはたぶんいくつか理由があって、
・初見の京都と2回目の神奈川
・あんまり期待しないで行った京都とちょっと期待していった神奈川
・宇治市文化センターという作中に出てきたホールの聖地的価値
・山岡ゆりさんマジパナイ

上3つはともかく。
京都公演はゲストがデカリボン先輩役の山岡さんだったんですが、1期での思い入れ語ってくれたりトランペット吹いてくれたりして楽しい趣向でした。
神奈川公演のゲストの寿さんのトークは…うん、まあ、そうね…タイミングが悪かったね…
あすか先輩の役づくりや思い入れについて語れることいっぱいあると思うんだけど、2期最終回までアフレコは終わってる&放送はまだ途中しかもあすか編これから!って時に語っちゃうとネタバレになっちゃうからね…
たぶんかなり慎重に言葉選ばなきゃいけないから大変だったと思う…
それでも結末のひとこと感想ぽろっと出ちゃってたし…

ピアノのほかは放課後にバンドでキーボードやってました~とかのネタはウケたw

あと京都と比べて斎藤Pの裏話も少なかったかなー。
もっと音楽プロデューサーとしてのコダワリを語ってほしかったですw
おんなじ内容でもいいのでw

海兵隊の指導前ヘタクソバージョン、途中で曲止めて指揮者の大和田さんが「なんですか、これ」
これは大盛り上がりだったw
京都の時は「これは途中で来るやろ…」と思ったけど普通に終わって「けーへんのかーい!」って心の中でツッコんでいたので、やってくれて嬉しかったですw
京都の時に「神奈川ではやりましょうかw」って話されてたのでちょっと期待してましたw
ちょうど最新話で出てきてタイムリーだしねw

しかしヘタクソバージョンは何度聞いても笑えるw
これ途中でプピ~って音飛ばす役とか、終わった後にプフォって間抜けな音出しちゃう役とか決めてるんだろうなあ。
毎度同じように再現するのは大変でしょうねw

2期終わったらぜひ第二回演奏会やってほしいですね。
「定期演奏会」って銘打ったからには期待していますよ!
2016-08-28[イベント]

ガールズ&パンツァー 第2次ハートフル・タンク・カーニバル

地元の映画館にライブビューイングに行ってきました。
劇場版BDの抽選チケット申し込んだけど見事落選したので、ま、ええか…と思っていたけど先週MOVIX京都のライブビューイングのチケット見てみたらまだ残ってたのでせっかくだから行こうか、と思って気楽にポチりました。

以下感想。
行った人・みた人向けなので細かい説明やレポートは省きます。ご了承くださいませ。

■戦車道すごろく
これは上手い企画の見せ方というか演出やね。
最初ちょっと真面目にルール説明してたので普通にゲームするのかと思ったらさすがにそんな運要素大きいことをこんな大イベントでしないかw
個人的にはこういう茶番はちょっとニガテ。
だったらなんで声優イベント来てんだよ!とか言わないで!ごめんなさい!なんでもしますから!

あ、そういえば西住殿役の渕上さんが「優花里さんならなんでもしてくれそう…」って発言したときにライブビューイングのスクリーン上に「ん?」の弾幕を幻視してしまったのは我ながら悪いインターネットに毒され過ぎだと思いました…
元ネタと使いどころ違うのに無暗矢鱈と広まっちゃってるから…(そこかよ)

あと役人役の人の司会進行がうめえ…
今後もどうぞ大洗を苦しめ続けてくださいw


■ライブコンサート
OPとED以外の曲はまったくチェックしてなくてキャラソンでもなくてなにこの曲?と思ったのがあったけどミニアルバム「音楽道はじめました」云々って言ってはったので、ああ何かガルパン関係でそういう企画CD出てんのかーと思って聞いてました。
調べたらパチ版のやつなんだ。そら知らんわ…
「眠れる本能」とかはニコ某でMADを見たことあったけどw
キャラソンすらチェックしてない輩のこのクソコメントである。


■オリジナルラジオドラマ
ポーランドネタはあのタイツの人意識してる気がする。
歴史上の再興ネタの定番だからそうとも言い切れないけど、これ書いた人が意識しててもしてなくてもこのタイミングでポーランドを出したのは良かったw
結果的に聞き手が勝手に楽しめるネタになった訳だからねw

始まる前「これ水島監督とかアニメの脚本サイドが作ってたら面白いんだけどなー」と思ったけどそういうクレジットもなかったので、まあ愛里寿ウォーみたいに適当に各キャラのネタを出して最後は全員生徒会落選してドッチラケーってオチだと思ってました。
なので桃が「結果を発表する」って言ったとき「お?」と思ったんだよね。
ドッチラケならそこは描写せずに「全員なれなかったねー」まで飛ばすだろうし、「ん?誰か会長になんの?」と。

そしたら実際の投票結果はアレだったけど、単純に西住殿を会長にしないで華さんを会長にしたところでスッゴク納得というかああなるほどというか上手いというか、「真面目なシナリオやんけ…」と思った。
決め方が「指名だけど全員納得して特に問題起きず進む」ってところもいつものガルパンらしい方法。
あっこれちゃんとしたガルパンだ、と。

しかもTVシリーズ+OVA→劇場版の正史の流れを汲む後日談エピソード。
いやーここにきて正史が拡張されるなんて嬉しいじゃありませんか。
新生徒会にあんこうチームの3人、これはいい同人ネタ提供っすな~

とか思ってたら…


■新作発表
ですよ!ですってよみなさん!
いやーこれが一番テンション上がりましたねw
発表された瞬間から「メディアは!?メディアは!?」と一番気になってて、後に出演者にも触れられたけどそこはまだヒミツよと。

やっぱり1クールでもいいからTVシリーズが一番嬉しいですねー。
単純にたくさん見れるからw(※なおクオリティは今までのシリーズ程度には維持されるものとする)
同じ理由で次点が劇場版(※)、最後にOVA(※)の順ですね。
希望は上記ですが、予想はまだ立てられませんねぇ。どうなるんでしょ。

ハナシの内容は…なんかプロデューサーは強さのインフレを懸念していたそうなので、世界大会には行かない気がする。
それに国内に聖グロやサンダースがあってそっからも代表出すっていうのに英国代表や米国代表が出てきたらこっちがパチモンみたいになっちゃうじゃないかw
それはあんまり見たくないよな…

やっぱふっつーに大洗が現3年生卒業後+新入生の戦車道履修者で全国大会二連覇を目指すってのが見てみたい。
同じ大会を勝ち進むってなるとネタ切れやマンネリの懸念もあるけど、そこはこれまで積み重ねたキャラのパワーと新キャラ投入のアクセントで大まかカバーですよ!
ガルパンはそれができるコンテンツだと思っていますし、水島監督以下スタッフにはそれができる力があると思っています。
ぜひオナシャス!

この新作につながる前日譚をイベントの生ドラマでやるとはなぁ。これは面白い。
ただやっぱり新作のその時と場所(媒体)の指定まではしていない…ワケなので、気長に待ちたいと思います。
TV最終話も劇場版もファンが待たされている時期はほぼスルーしてたのでここからが本当の私の「ガルパンを待つ」体験といえましょうw
楽しみだなぁw
2011-08-28[イベント]

劇場版ネギま!(とハヤテ)初日舞台挨拶に行ってきました

行って参りました。
そして久々にネギま!で長文記事書きましたw
いっやー、想像以上に楽しかったですね。
ネギまサイト界隈の方々と久々にお会いできて本当に良かったです。


以下、このブログの慣例に従ってネタバレ含有でアレコレ書きますのでご了承下さいませ。

一応今回はさすがに公開初日に行ってきたので続き隠すシステムを使って隠しておきます。

【続きを読む】

2010-09-20[イベント]

まいこみ

先日は東方のイベントに行って来ました。
まいばらこみゅにけっとに!
って例大祭SPの方じゃねーのかよ!
だって東京は遠いんだもの・・

SPとカブっていた割にはかなり人が多かったですね。
カタログも私が買った後に売り切れてたし。

原作東方projectの歴史を辿るパネル展示があったのは良かったですね。
原作やったことなくて行ってる人がやってみるキッカケになればねー。
2010-05-05[イベント]

図書館島の休日9日目 終了

おつかれさまでございましたー。
ウチのスペースまで足を運んでいただいた方はありがとうございましたー。
おかげ様でまとめディスクは完売いたしました!
かさねてありがとうございました!

参加サークル数ががくーっと下がってしまっていますが、来場者はあまり減っていないという印象でした。
特にネギ色の名札のネギしぃ軍団のノリには毎度毎度楽しませていただいておりますw
(あ、私もつけてますよネギ色名札)

今回は図書館島8日目に楓さんとこで頒布されたこのせつTシャツ着用で参加しました。
実はこのテのシャツを見えるように着て外に出るのは初めてだったりしてw
ジャケット着てきたけど会場は暑かったのでほとんど脱いでいましたし、ハデな背面プリントが目立っていたんじゃないかと帰ってきてから少し気恥ずさしさがこみ上げてきておりますw
やー、普通に良いデザインなんですが、こんな機会でもないと着て出ようと思いませんので・・
いい経験でしたw

アフターイベントは毎度おなじみジャンケン大会。
ウチからは、野中藍ベストアルバム「アイレンジャー」初回限定版と、化学変化直筆の木乃香ミニ色紙のセットを提供。
アイレンジャーはAmazonで注文したときに間違って2個買っちゃってたものだったりして。
返品も考えたのですがせっかくだからこちらに提供してみましたw

私の戦果としては、一般参加の方提供の色紙と、原作原画のコピーをゲット。
おお!
二つも勝ち残ったんだ!すごいや!
今までの3年は厄年だったからな!これからゲットしまくるぜ!
しかし次回開催未定。
あらら。

その次回開催未定の図書館島の休日ですが、開催時期が未定なだけで「10日目」は開催する方向みたいですね。
主催さん曰く、来年5月にGWを外しての開催を考えている、とのことでした。
もしかしたらきなりとカブるかもしれないとも仰っていましたが・・
来年はソッチの参加も考えてるんですよねー。
カブらないことを祈っております。

というわけでやっぱり図書館島は楽しいね。
最盛期と比べて盛り下がってるのは否めないけど、できるだけ出たいなーと思ってます。
1年前に予告だけして未完成の本もあるし・・
2010-05-03[イベント]

新幹線


それでは図書館島に行って参ります。

2009-12-30[イベント]

コミックマーケット77 2日目 主に東方地獄篇



なーんてことを考えてしまう東方厨のよーかんでございます。こむにちわ。
や、一通さんのが分かり易いのですが、東方エリアのネタ的にということでw


という訳でコミケ2日目行ってまいりました。
今度は一般参加で行列に。

10時半くらいから並び始めたのですが、既に列が動いていて11時くらいには入れました。
とりあえず東方地獄を目指します。
ロビーから東館への通路が一番混んでいましたが、それでも全く動かなくなることはなく、すこーしずつ進み、意外と早く到着しました。


開場から1時間たっているからか、想像していたよりマシでしたが、やはりかつてないほどの混雑でしたねぇ。
壁の大手は後回し・・というか壁は「後でショップで手に入る」か「さして興味ない」の2択なのでとりあえずチェックしていた島をメインに回ります。

チェックしていたといっても、2~3サークルさんだけで、あとはここで作られている配置図をたよりに好きキャラの守矢組と香霖堂のあたりを物色するだけなんですけれどw
それも終わったら後は本当に適当にウロウロするのみ。
珍しい頒布物のあるサークルさんや単純に目立つサークルさん、ノリのいいサークルさんはやっぱり足を止めてしまいますねぇ。

先述したように守矢組、特に神奈子様が好きキャラなのですが、グッズの類で諏訪子様と早苗さんは高確率であるのですが、神奈子様は結構レアだったりするのですよね。
ラミカで、諏訪子早苗はもとより、にとり、雛、椛、穣子まであるのに神奈子様だけないというサークルさんを見かけたときは泣きそうになりましたw
一応聞いてみたのですがあの反応は最初から作ってないぜきっとw 売り切れとかじゃなくw
まぁ完全にすきずきの世界ですからなぁ。


東方地獄を脱出したあとは門脇舞以はじめいくつかチェックしたところを回って西館へ。
だいぶ遅かったからか企業ブースも特に混乱無くスムーズに回れました。
何も買ってないけどw

結局閉会までうろうろして終了。
大量に買ったけど今回宅配便を利用したので帰りは身軽でしたw
いや、一般参加で買った本を送るのに使ったのは初めてですが、便利だねアレ。
箱も売ってるんだね。すごいや。


という訳で帰りは新幹線で幽雅に帰宅。
お疲れ様っしたー。
そして1日目にウチのスペースに来ていただいた方、ありがとうございました。
これからも低予算サークルをどうぞよしなに。

ではでは。
2009-12-29[イベント]

コミックマーケット77 1日目

冬の祭典一日目お疲れさまっしたー。
おかげさまで無事にコミケ初サークル参加を終了いたしましたー。

夕方にホテル付いたらそのまま寝ちゃって、さっき起きてホテルのオープン利用PCからこれ書いてます。

深夜バスで今朝早朝に東京入りしたものだから朝から眠くて眠くて・・
新幹線だと始発で行ってもサークル入場間に合わないっぽいので、これから早朝東京入りが必要なときは寝台急行銀河ナカジマも選択肢に入れようと思います。高いけど・・


アサイチで鈴きんさんから署名運動チラシを預かる。
近くにイラストも手がけられたさようすけさんのとこもあるので、ウチは細々と配布。
やはり「既に貰いました」という方が多かったですが、初見で興味持ってくれる方もいました。
もっと盛り上がれ!

ウチの頒布状況では、既刊が意外と捌けました。
やっぱり規模がデカくて人が多いとロングテール的な売れ方するんですね。

宅配便は3時くらいに出したおかげで並ばず待たずに出せました。
その後買った本とか売れ残りとかは持って帰ることになりましたが。


さようすけさんとこのペーパークラフトが、けいおん!5人+運動部4人+さよというステキな構成だったのでちょっとテンションアップ。

買う方は、とりあえず東でチェックしたところはだいたい回れましたが、それ以外はあんまりウロウロできなかったので、明日はもうちょっと徘徊してみたいと思います。
西は行けず。
企業には明日(東方地獄終わって気力があればw)行く予定。


という訳で今日はとっとと寝ます。
おやすむなさいませー。
2009-11-23[イベント]

図書館島の休日8日目 終了

低予算4コマ~図書館島篇~
いきなり流血事故で出鼻をくじかれました。
どうも、低予算サークルのよーかんでございます。

図書館島の休日8日目、おつかれさまでございました!
ウチに足を運んでいただいたみなさま、ありがとうございました。

今回は化学変化も同行ということで、店番を押し付けて思う存分ウロウロしておりましたw

サークル参加は作品を発表したいというのもありますが、私の場合プロデュースごっこマーケティングごっこがやりたいから本作って参加してるようなものなのでウロウロしつつ他のサークルさんを見て参考にさしていただいていました。
いろんな工夫があるものだといまだに発見があったりして楽しいですね。

一応全サークルさんの頒布物ゲットは完遂しましたので、前回みたいに全感想書ければいいなぁとおぼろげに考えてます。

即売会後半にブロックノートが回ってきたので、化学変化が描いたあとにわたしもこっそり描いてみました。
初めて描くうろ覚えのヘルマン郷を。
コレ毎回回ってきてると思うんだけど前回分がカタログにも載ってるわけでもなし、何かに使ってくれたら面白いと思うんだけどなぁ。他のサークルさんのも見たいし。


アフターイベント。
毎度おなじみジャンケン大会。
ウチからは色紙を2枚提供しました。

用意していった色紙。これ実は今回の性転換本の表紙の元キャラバージョンだったりするのです。
前日撮影

もう一枚は運営から色紙もらって向こうで化学変化が描いた水着せっちゃん。
こちらはウチも写メとか撮ってなかったので、ゲットされた方のみのお楽しみということで。

私のジャンケン大会の戦果としては、

去年発売されたネギま!フルチェンケータイ!
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080603/au1_13.jpg

の、ベース機であるソニーエリクソン“re”!
http://www.sonyericsson.co.jp/product/au/re/index.html

の、モックアップ(ケータイ屋の店頭に置いてあるアレ)をゲットしました!

(;´ д `)えーと・・どうしろと・・


化学変化がとびさんの本と無印不良品さんのB2ポスターカレンダーをゲットしていたのはまた別の話。
そして相変わらずジャンケン大会が内輪ネタ的に面白いですねw
こっそりネギまSNSに潜入してROMばっかりでもしていて良かったです。楽しすぎwww

という訳で今回は商品数が少なかったのか、予定より早い時間に終了。
お疲れ様っしたー!

アフターイベント終了が遅れる事を見越して新幹線の時間を遅めにとってあったため、微妙に時間が空いたので、せっかくなのでラゾーナ川崎でまったり食事してから帰りました。
新幹線の中では前買って積んであったとらドラ2巻を読んでいました。亜美ちゃん登場。
行き帰りで丁度読み終わりましたw

という訳で帰宅。家に帰るまでが図書館島です。

次回9日目は来年5月開催。
また忙しい時期の開催ですが、既刊だけでもサークル参加できればと思ってますのでどうぞよろしくお願いします。
2009-07-10[イベント]

「ネギのお茶会2」レポートその5 熱唱終演篇

ようやくひとくぎり・・

------------------------------

■15:20すぎ 新曲合唱

ゲストのもいもいあずみんが再登場。
新曲「LOVEvドライブ」を全員で合唱しよう!
ということで配られました歌詞カード。

開演前に公式で公開されているPVがエンドレスで流れていたので結構覚えてました・・
が、ほぼゲストお二人が歌われるのを聞くだけの会場でありました。

■赤松先生のお誕生日

ハッピバースデートゥーユー!
ハッピバースデートゥーユー!
ハッピバースデーディーア赤松先生!
ハッピバースデートゥーユー!

ゲストのお二人からプレゼントの贈呈。
お誕生日おめでとうございます。

■みのるさん花束贈呈

アシスタントのみのるさんが赤松スタジオを退社されるということでファン有志からの花束贈呈とみのるさんのご挨拶。
今までおつかれさまでございました。

■15:30 終演

というわけで全プログラム終了。
予定より30分遅れて「ネギのお茶会2」終了でございます。
おつかれさまでした。

退出時には入場受付に赤松先生が立たれ、参加者一人ひとりとお話しつつの退場となりました。

------------------------------

今回のお茶会でございますが、私としては大変悔いの残るイベントでありましたorz
ただしかし同時に、報道枠として呼んでいただき大変貴重な体験をさせていただいたことを赤松先生に心から感謝する次第であります。本当にありがとうございました。


「ネギのお茶会2」レポートその1 開演乱舞篇
「ネギのお茶会2」レポートその2 質疑応答篇
「ネギのお茶会2」レポートその3 爆裂遊戯篇
「ネギのお茶会2」レポートその4 決議紛糾篇
■「ネギのお茶会2」レポートその5 熱唱終演篇
2009-07-10[イベント]

「ネギのお茶会2」レポートその4 決議紛糾篇

他の報道の方が既に一通りレポを終わられているのにウチのこの体たらく。
時間内に給食を食べ切れなくて昼休みに居残っている気分ですorz
そして後になるほどメモが貧弱になっていくスパイラル。

ネギのお茶会2の、手前以外の報道枠各位によるレポートは下記のURLで絶賛掲載中!
Goさん筈木さんくろうさんふんにゃ~さん(座席順)

------------------------------

■14:23

ステージに用意される5人分のイスと机。

テーッテーッテーテテッテー♪(音量注意)

これはまさか・・
朝まで生ネギま!きたー!

今回はコンパクトに15分×3議題を、この場でパネリストを急募して討論しようという内容。
必ずここ(お茶会)での結論を出すと赤松先生が強調されていました。

以下、無記名「」がパネリストになります。

----------

◇議題一「ネギまの終わり目はどこなのか?」

赤松先生「ここまではどうだった?」
「魔法世界篇が長い長いと言われているけどそうも感じない。満足。」
「長いよ。アニメ化のために1クールでまとまる程度のボリュームがよかった。」
「燃えも萌えもあってOK。バトル増えたので萌え目当てのファンが離れるのは気になる。」
「満足。長くはないかと。バトルで脱がせてください。」

「最近の例の法律のニュース、ネギまには影響ない?」
赤松先生「影響あるよw」

赤松先生「男って同じ女の裸ばっかりだと飽きるんだよね。もうアスナはいいかなw」

赤松先生「今後はどんなん希望?」
「2学期はクラスメイト篇を軸におく。バトルは重要なモノだけに絞って。」
赤松先生「フェイト倒したら敵いないじゃん。」
「バトルのが売れる。爽快感は重要。」
「ネギま!?neoみたく外伝とかでいろいろ展開してほしい。最後は卒業式かな。」
「魔法世界篇でナゾほとんどたためるよね。その後は麻帆良の日常をやってほしい。受験とか。」
赤松先生「麻帆良は受験ないよ。エスカレーター式。」

結論:魔法世界篇終わったら卒業式でエンディング。

会場「えっ」

----------

◇議題二「ネギがどこまで強くなって良いのか?」

赤松先生「ラカンと引き分けたときはアンケートの結果良かったんだよね。」
「ネギは強い。が、魔法世界を統べるほど法外な強さでもない。」
「他のクラスメイトの強さと比べて、雲の上の存在にはしてほしくない。」

赤松先生「クラスメイトの相関関係が複雑になりすぎて、もう既に『茶々丸が着替える』だけとかのネタで1話に収めるのは無理なんじゃないかと思ってる。(クラスメイト一人描こうとしたらあの子ともこの子とも絡ませなきゃいけなくなっちゃうから)」

赤松先生「ネギだけが強すぎると他のクラスメイトが戦ってても目立たない。」
「そんなことない。いままでも修学旅行篇でネギがこのかの救出に行く間、アスナ・刹那・龍宮・古が別で戦ってたりしていた。」
赤松先生「アレはメインストリームじゃん。あそこからネギが飛び出して行ったっていう。」

・ラカンの弐の太刀を仮想敵として修行→攻略できた!→総督に挑む
赤松先生「この流れっていいの?」
「そんなん他の漫画でいくらでも見れる。ネギまでやるこっちゃない。」

「カンスト状態にして例えばジャンケンみたいにネギ・ラカン・エヴァの3すくみの相性で強弱をつけるとか。」

結論:どこまでももっと強く!

会場「えっ」

----------

◇議題三「パクティオーは多い方が良いのか?」

赤松先生「テオドラ×ネギのパクティオーはあそこ限定。もう使えない。」
赤松先生「アレ使えて、ただバトルのためにカードを集めるだけならネギがとっかえひっかえちゅっちゅちゅっちゅしていけばいいよね。」

「パクティオーしないと出番がない。」
「でっきるだけじらしてください。」

赤松先生「好きキャラのパクティオーカードは見たい?」
「見たいよ。」

「バトルやめればパクティオーしなくてもいいんじゃない?」
赤松先生「バトルやめて麻帆良の日常だけやるの見たいですか?」

赤松先生「必然性があるならバーゲンしますよ!
(『ホントにそれでいいの!?』と言いたげな感じのかなり強力な口調で)

結論:必然性があればパクティオーのバーゲンセールをします。

会場「えっ」

----------

全体的に三題とも結論に会場が納得しているとは言いがたい微妙な雰囲気のまま終了。
特に三題目は時間が押していることもあってか少々無理のあるたたみ方だったという印象でした。

時間ないのに三題も持ってくるから・・
先生欲張りすぎだもんげ・・

ここまでで15:20ごろ。

------------------------------

次回最終回、熱唱終演篇につづく

「ネギのお茶会2」レポートその1 開演乱舞篇
「ネギのお茶会2」レポートその2 質疑応答篇
「ネギのお茶会2」レポートその3 爆裂遊戯篇
■「ネギのお茶会2」レポートその4 決議紛糾篇
「ネギのお茶会2」レポートその5 熱唱終演篇
2009-07-07[イベント]

「ネギのお茶会2」レポートその3 爆裂遊戯篇

つづーきです。

------------------------------

13:50 お楽しみゲームコーナー

ネギま!カップリングゲーム

なんだそれー!
赤松先生曰く、前回の検定がダレて時間食ってしまったのでかわりに前日にちょっと考えて思いついたゲームとのことです。

名札に記入した好きキャラ名を使ったゲームということで、一瞬フルーツバスケット的なものを想像しましたが、そんな余裕はこの会場にはなかったw

優勝者1人を選び、その人のいる卓全員に赤松先生手書きのカラー原稿の鉛筆線画を一枚ずつプレゼント!いよっ!先生太っ腹!
何でも、線画をスキャンした後は後の工程も保存管理も全部デジタルでやるから取り込んだ後は不要になるので放出するとのこと。
絵は限定版も含む単行本表紙やOAD一期の特典収納ボックスの原画が原稿用紙一枚に1キャラずつという感じ。
線画は単行本カバー下の状態。

さてその肝心のゲーム内容とは・・

円卓の右隣の人の好きキャラと自分の好きキャラのカップリングが成立すれば生き残り!
そうでなければ死あるのみ脱落です。同キャラはナシ。

この場合、"イ"と"ヘ"の二人のみ通過で他の6人は脱落。
ちなみにこの図では、ウチの卓(β卓)を再現しています。さよが私。

カップリングの成否は赤松先生の独断で決定されるというまさに神のみぞ知るゲーム展開に。


黄色背景のセルが赤松先生の成否判断。
他の○はテッパンすぎて先生に確認するまでもないものからまぁOKだろうというものまでを適当に。
これはOKだったよ!ダメだったよ!間違ってるよ!というのがありましたら是非ツッコミください。
ひそかに追記します。
便宜上ネギとクラスメイトしか書いていませんが、好きキャラはネギまキャラなら誰でもOKということでした。

アスナと楓のバカレンジャーつながりも認めないあたり、「ユニットの一角」というだけでは認められないかも知れませんねぇ。
桜子釘宮はアリでも桜子美砂はナシとかいう生々しい話はありませんよねw

しかし赤松先生の判断もかなりファジーで、完全に参加者のカップリングプレゼン大会の様相w
パワポとホワイトボードでのどさよの魅力を語りたかったのですが、それをするにはなにもかもが足りない。
ゴーストチャネリングの出会いから、ネギパメンバーとしてエヴァの別荘での対面、1期アニメでの読書速度ネタも絡めて・・まぁほとんど妄想なのでどっちにしろアレなのですがw

判定後ウチの卓ではのどかのお二人が残ったのですが、会場を見渡す赤松先生の次の一言。
「まだ結構残ってますねー」「じゃ、残った人でもう一回やってください」
β卓撃沈。
のどかしか残ってない時点でいやな予感はしていたのですが・・
当然、さっきので卓に1人しか残ってなかった場合も失格。

さらにふるいが続きます。
今度は単純にキャラごとに条件分岐で成否を決めて行くとのこと。
既にカップリング関係なくなっとるー!
それじゃぁ席とか周りの状態に関係なく最初から残るキャラ決まってるじゃん・・

あだ名ある? No→ 失格
  ↓Yes
名前にア行の文字がある? No→ 失格
  ↓Yes
クラスメイト? No→ 失格
  ↓Yes
今魔法世界にいない? No→ 失格
  ↓Yes


この時点でエヴァの人がお二人残っている状況でした。
決勝のジャンケンではあいこの応酬の末、VII卓の方が見事勝利!
おめでとうございます。

商品の原稿をいっぱい用意されていたのであと1~2卓は選ばれると思いましたが、そんなことはなかったぜ!
時間もかつかつだし仕方ありませんね。

と、このあたりで14:20頃。
ゲームコーナーが終了して歓談タイム。
このときBGMがPS2版のテーマソング「切なくてラビリンス」のオフボーカルということになぜか気づく。
他の曲はとくに意識していなかったのですが、ゲームの曲はCD音源持ってないからかなぁ・・

------------------------------

次回、決議紛糾篇につづく

「ネギのお茶会2」レポートその1 開演乱舞篇
「ネギのお茶会2」レポートその2 質疑応答篇
■「ネギのお茶会2」レポートその3 爆裂遊戯篇
「ネギのお茶会2」レポートその4 決議紛糾篇
「ネギのお茶会2」レポートその5 熱唱終演篇
2009-07-06[イベント]

「ネギのお茶会2」レポートその2 質疑応答篇

まともなレポが読みたかったら筈木さんとかふんにゃ~さんのレポがすごいよ!
ウチなんていらないね!

------------------------------

13:20すぎ 質問タイム

壇上におわします赤松先生への参加者からの一問一答質問タイム。
偏向報道(ジャーナリスト)宣言、低予算ブログ。
自前のメモと上記の素晴らしいレポを参考に超意訳しています。

Q.女性に対して配慮しすぎじゃね?
A.そりゃあ優良顧客だから意識するわな。でもお色気シーンをなくすことは絶対にないよ。

Q.いつでも終われる?
A.うん。オチももう考えてるよ。

Q.2学期とか描く?
A.人気をみて臨機応変に。学園行事とか飛ばすかもよ。

Q.魔法世界編後どれくらいつづく?
A.あと総督とフェイトなんとかすりゃ終わりじゃん。
さすがに今から新たな敵を投入してちゃマンネリでしょ。

Q.闇の魔法って今までの魔法となんか違くね?
A.新概念「ビーカードボドボシステム」を導入しました。

Q.あの素晴らしい大麻帆良祭をもう一度。
A.善処します。

Q.ネギが魔法学校で習得した戦闘魔法の残りは何?
A.ちゃんと考えてるよ。乞うご期待。

Q.先の総督戦でネギが武道会決勝でめっちゃタメが必要な必殺ワザをさらっと出してたけど?
A.主人公補正なめんな。

Q.OADのOPは発表したよね。EDは?
A.とりあえずもう一曲新曲あるけどそれがEDかどうかは未確認。

Q.OAD何部売れたら映画化なの?
A.ノーコメント


Q.公式サイト下のバーの意味は?
A.ノーコメント


Q.魔法世界と現実世界の関係について詳しく。
A.そのへんはキッチリ考えてるよ。
詳細はこれこれしかじかかくかくうまうま・・

Q.魔法世界のエヴァってどういう存在?
A.客寄せパンダです。

Q.マガジンは今後ジャンプを抜ける?
A.立場的にノーコメント。

Q.明日菜の年齢の謎について。
A.ノーコメント

Q.魔法世界編が終わったら魔法世界のキャラはお払い箱?
A.ノーコメント

Q.エヴァの別荘を多用しているネギの体感年齢は?
A.+1年もない感じ。ただアスナとかに「大きくなったわね」とか言わせることで表現してる。
これは1話目から考えてたギミック。

Q.絵の線が少なくなってね?
A.長期連載にはよくあること。

Q.今後龍宮とか龍宮とか龍宮とかの過去話は出ないの?
A.人気次第です。

Q.のどかは呪文詠唱できないの?
A.できなくはないけど適材適所パーティバトルを考えるとわざわざやんなくてもいいっしょ。

以上です。
ここまでで13:50まえ。


・・え?序盤で質問が抜けてる?あ、いや・・それは・・ちょっと・・あの・・その・・
言い訳させてください。

なんというかあれは想定してなかったというか、今となって考えてみれば予想すべきことだったかも知れないですが、あの時点で初っ端に報道枠限定で質問を要求されるのは完全に自分の想定外でして、自分の「報道枠」の捉え方としては、原作読み込んで考察を重ねられた一般枠や招待枠諸氏の鋭い質問とそれに対する赤松先生の回答を正確に記録してお茶会に来られない方々に広報するという橋渡し的な存在という感じでして、完全に聞き役として裏方に徹しようという心構えだったのです。しかしそれは私の勝手な思い込みでありまして、報道枠の当選通知メールにも何も内容について書かれていなかった時点で赤松先生にメールで何をすればいいか聞くことも出来たはずなのに、お忙しいなか先生のお手を煩わせることはすまいと恐縮してしまい結局事前情報無しでぶっつけ本番となったわけでございます。前回のお茶会も行けなかったものだから感じや雰囲気もわからないまま完全に黒子をやる気満々だったのです。「報道」枠として当選している訳だから、マスコミの記者会見みたく報道記者自ら質問して回答を記録して持ち帰るというイメージも想像出来たはずですがそこまで考えも及びませんでした。しかしそれでも他の報道枠の方はきちんと質問して回答を受けて記録してレポートを書かれている訳で、今回の件はひとえに私の危機管理能力の低さに由来する不祥事でしてまことに申し訳ありませんでしたorz
また、苦し紛れに出たあの質問でありますが、本当に時間をムダに浪費するだけの意味のないものだったということを謝らせていただきます。だってあの質問と回答、私もどこかで載っているの見たことありますもの。たぶんネット検索なりネギパ読み返すなりしたら見つかりますもの。今回の赤松先生の回答もうろ覚えの既出内容そのまんまだったと思いますもの。たぶん総研さんのキャラ設定のページとかに載ってそうですもの。私は怖くて恥ずかしくていたたまれなくて一切探していないのでご存知だったり見つけられたりしても私には黙っておいてください。お願いしますorz
そしてこうなってくるとまだ開催前日に冗談で書いた「さよちゃんは今後どのくらい出番ありますか?」の方がまだマシな質問だったと思わざるを得ません。わざわざ貴重な時間を使って既出のテンプレ回答を聞き出すくらいなら、「どうでしょうねぇ」「人気次第ですね(笑)」これくらいでも赤松先生に言っていただいたほうが少なくとも私は良かったのではないかと後悔する次第であります。(まさにこの質問が後で別キャラで出てきて盛り上がっていたようだし。あ、いや、あれはあの人だから盛り上がった訳で私がやっても無理なのは承知ですが)。先の4人の報道の方の質問が物語や作品方針についてだったのでそれに引っ張られたのかも知れませんが、逆にヌルいキャラ萌えな質問が混ざってても良かったんじゃないかとぐるぐると考えていますorz
で、この質問に行き着く前に他の報道の方の質問中にもう一個考えかけて考えがまとまらなかったので頭の中で放り投げた質問があるのですよ。最近のマガジンで茶々丸とさよがパクティオーについて語ってた場面があるじゃないですか。あの辺でね、「魂はあるけど肉体のないさよ」と「肉体(ボディ)はあるけど魂のない茶々丸」が対比的に描かれてる様に感じられたんですね。そこらへんは意識して描かれてるんですか?という感じの。今見てみたらさよはパルのゴーレムで肉体ゲットしてるし茶々丸も魂あるフラグ立ってるし、何より初見時より対比の印象が薄かったので、たぶん意識的には描かれていないと思いますが、繰り返すようにあの質問よりはよっぽど自分自身も聞きたかったことの範疇に入るのでやっぱり後悔はしています。もうすこし諦めなければよかったとorz
この質問考えてる間もずっと他の方が質問していて、そのメモを取るのか無視して自分の質問考えるのに集中するかどっちつかずでふらふらふらふらしていたものだから質問も固まらず、メモも中途半端という最悪の状態になっていたりするのです。今冷静になってみれば何にウエイトを割くか決まりきっているのですが、すわテンパってまともな判断が出来ない状態に陥り、結局全部ダメにする本当に最悪のパターンです。いやふらふらどころか頭真っ白になって思考停止してたかも知れないorz
真っ白のままマイク渡されて一番恐れたのは無言になるということ。「本当に何も考えてなかったw」「本当にヌルい質問なんですが・・」「既出かも知れませんが・・」などととりあえず何か喋って時間を稼ぎ、記憶のタンスの引き出しから手っ取りばやく引っ張り出して口をついて出たのがあの質問。もうね、オマエは何をしに来たのかと。全国何万のネギまファンの代表で聞く原作者赤松先生への質問がそれかと。もう答え出てるんじゃないのそれ。「何も考えてない」と、ネタでそうは書きつつも本当は何か考えておくのが普通だろう。バカか。ほんとごめんなさい。しかも赤松先生が喋ってる最中に座っちゃうとかね、こっち向いてもらっての発言中にメモ書き出すとかね、もうね、なにを考えてるのかorz
ようやく自分のターンが終わって一息ついたらついたでもっと聞きたかったことが思いつくという間の悪さ。それがその後のオフ会でこっそりちょっとだけ話した「魔法世界でのネギのもともとの知名度ってどんなもん?」という質問。最初魔法世界に来たときゲートポートの女性職員にヒソヒソ噂されたり握手求められたりする「ナギの息子の有名人」って描写あったけど、記憶喪失夕映の世界絵図リサーチによれば、「旧世界にナギの息子がいる」というのはAクラス深度の機密という扱いになっています。これはゲートポート職員はAクラス深度の機密に触れられる身分であるということなのか、もっと別の理由があるのか、とくに考えなしに描いているのか、これは限定的ながらも意外と自分も聞きたい、悪くない質問だと思いました。初見時ののマガジン感想でも書いていたし、ちょっと聞いてみたかったのです。が、後の祭り。一般枠の方の質問も進んでいるこのタイミングでもう一回質問させてくれというのは一度失敗してネガティブストリームに落ちた私にはもう無理でしたorz
既に自分の質問は終わったにも関わらずこんなことを悶々と考えているものだからそのあとの質問タイムも気もそぞろに注意散漫挙動不審奇妙奇天烈摩訶不思議アドベンチャー。頭のなかもメモも霞がかかったように不明瞭で今メモを見ても何が書いてあるかよくわかりません。ホント質問だけメモってあって赤松先生の回答書いてないとかね、会社でこんなことあったら場合によっちゃ大目玉よ。ワケわからん図とか書いてあるし何だこれ(ま)←ほそい→(現)だれか解読してくださいorz
自分で質問しないで周りの誰かを指名って形で頼んで質問してもらうという逃げのテもでも打てばアレよりはまだ良かったんじゃないかと今なら思えます。丁度後ろのテーブルに百戦錬磨の前回パネリストの方々が鎮座しておいでだったので他の方の質問中にダメ元でお願いするとかも選択肢に入れてよかったんじゃないかと、これ実は前日に質問のこと書いたときにチラッと頭をよぎっていたのですが当日はそんなこと考える余地もなく何を質問しようか考えてドツボにハマってしまいましたorz
後のことになりますが、朝まで生ネギま!略して「朝ま」のパネリスト急募のシーンで、3番目のパクティオーの議題については普段から考えている自分にしては珍しく確固たる希望というか意見がありまして、これは出たいと思いつつもこの件のネガティブストリームから抜け出せずに居た私は普段の引きこもり気質も相まって完全に意気消沈しておりましたorz
重ねて言いますが本当に今回は私の希望的観測と準備不足により貴重な時間を浪費してしまい申し訳ありませんでしたorz

------------------------------

次回、爆裂遊戯篇につづく。

「ネギのお茶会2」レポートその1 開演乱舞篇
■「ネギのお茶会2」レポートその2 質疑応答篇
「ネギのお茶会2」レポートその3 爆裂遊戯篇
「ネギのお茶会2」レポートその4 決議紛糾篇
「ネギのお茶会2」レポートその5 熱唱終演篇
2009-07-05[イベント]

「ネギのお茶会2」レポートその1 開演乱舞篇

赤松先生の私的オフ会「ネギのお茶会2」に報道枠で当選しつつそれらしいこと何にもできなかったどころか貴重な時間を無駄に浪費した輩がレポートを書かせていただきます。
「マスゴミ氏ね仕事しろ」の誹りは甘んじて受け止めねばなりますまい。

マスゴミついでにもう少し。
このレポートはよーかんの主観で書かれています。
どうでもいいことに量を割いているのは仕様です。
多少の間違いや勘違いは許してちょんまげ。ご指摘ありましたらお願いします。

各所でできるだけ多くのレポをご覧になってから読むことをオススメします。
ウチだけ読まないこともオススメします。

全3~4回の予定で今週中の完結が目標です。善処します。

------------------------------

■12:00 入場開始
受付で当選通知メールのプリントを提示して入場。
名札に好きなキャラを記入して付けてねとのことなので粛々と記入。
相坂さよ
イベント中はこれ付けっぱなしという赤松先生いわく「羞恥プレイ
いや先生が考えたんでしょうがw
酷いw

座席はステージに向かって右端の列の前から二番目の円卓。

筈木さんのレポの見取り図大胆かつ独創的にアレンジしたオリジナリティ溢れる見取り図を堪能してください。ごめんなさい嘘です丸パクリしました。
αとβの一部が女性枠、βの残りが報道枠、γが主に招待枠、I~IXが一般枠と思われます。
ちなみにVIIIの後ろに飲み放題ドリンクバー、IXの右後ろにねぎま串でおなじみの食べ放題バイキングを常備。うまうま。
参加者出入口は後方、前方はスタッフ・キャスト用。

■赤松先生登場
日記での予告どおりにスーパー全員サインタイム!
サインもらっちゃった!ワーイ!

報道枠として選んでいただいたこともあり、感謝感激の意をこめて京都土産の差し入れもお渡ししました。
新幹線の待ち時間に京都駅で買った京菓子の水ようかんを!
・京都出身のこのせつ
・楓の水ようかん発言
・自分のハンドルネーム
に引っ掛けたトリプルミーニングなチョイス。うわぁ。
あとは秘密の封筒とかを・・ごにょごにょ・・

赤松先生、サインしていただいた上に快く受け取っていただき、ありがとうございました。

・・うっわ、しまったサインに名前入れてもらうの忘れた!転売できちゃう!絶対しないけど!

■13:00すぎ 開演
スーパーサインタイムが微妙に押して予定時刻を過ぎての開演。
赤松先生の挨拶。
机上のパクカ展示の説明。
このカード全部に赤松先生のサイン入りの状態で12卓全てに置いてありました。直前に100枚分サインしたとのこと。しかも1人一枚ずつ持って帰って良いですとー!?
山分けタイムはイベントの最後の方でしたが、8枚目を取りに行かれたGoさんも含めて、すわウチの卓はジャンケンとかすることもなく円満に分配できました。めでたしめでたし。
ちなみに木乃香をゲット。

■ゲスト声優の相沢舞さん(夏美役)、浅倉杏美さん(アキラ役)登場
挨拶ののち、赤松先生の振りでなつかしトークタイム。

浅倉さんは1期アニメで出番あるということで収録に行ってみたらセリフがなく、ト書きに「アキラ笑い声」と書かれてたことを話されました。
相沢さんは2期でちづ姉と歌って踊ったことが印象的だったとのこと。

さらに、

もいもい「夏美の小太郎への想いは初恋?」
赤松先生「じゃないですかねぇ。

あずみん「アキラとネギ君のラブコメ展開お願いします!」
赤松先生「考えときます。

と、赤松先生ののらりくらりトークが炸裂!
さすが言質の恐ろしさをわかってらっしゃるw

■お二人からの告知タイム。
浅倉さんからは出演したゲームの告知、
相沢さんからは8月から舞台をやるとの告知がありました。
一部ではこれが今回のオフ会の最大の重大発表と囁かれているとかいないとかw

■13:15 ミニミニライブ
ゲスト二人によるハピマテとセンスパを1コーラスずつ2曲続けて!

しまったサイリウム持ってくればよかった・・
会場全体では持ってる人の方が少ないながらも、この一角だけなら完全に持っていない方がマイノリティ。なんということでしょう。
苦し紛れにボールペンを振っていましたw

いやしかしやっぱり振りを覚えている曲をライブで聴いて振るのは楽しいですね。
冗談でなくすごい一体感!面白すぎる!
全員集合でなくても、既存曲ばかりでもいいのでライブイベントを是非やってください!
スタチャ本気出してくれ・・

パチパチパチー。
ライブ後、相沢さん浅倉さんはいったん退場。

赤松先生「机を準備しますのでしばしご歓談を。」
β卓では一斉にメモタイム。

ここまででだいたい13:20すぎ。
盛り上がって参りました!

------------------------------

次回、質疑応答篇につづく。

■「ネギのお茶会2」レポートその1 開演乱舞篇
「ネギのお茶会2」レポートその2 質疑応答篇
「ネギのお茶会2」レポートその3 爆裂遊戯篇
「ネギのお茶会2」レポートその4 決議紛糾篇
「ネギのお茶会2」レポートその5 熱唱終演篇
2009-07-04[イベント]

お茶会2ー3

レポは帰ってから書きますが、とりあえずひとつだけ。

さよとのどかは接点ありますってば!

や、まぁ、カップリング成立するかといえばアレですけれども…
詳細はレポをおまちくださいませ
2009-07-04[イベント]

お茶会2ー2

うおおおお…
今日1日やり直したいよおおお…
2009-07-04[イベント]

お茶会2

20090704085825
それでは行って参ります。
写真は新幹線のホームから任天堂本社を激写。
2009-06-25[イベント]

お茶会2当落クエスト(略してとらクエ)

090625.jpg

という訳で7/4の「ネギのお茶会2」に報道枠で当選いたしました、低予算ブログのよーかんでございます。こむにちわ。

いやこれほんとまじで嬉しいです。
前回一般で玉砕しているだけに喜びもひとしお。

と同時に、報道枠として当選したからには相応のことはせねばなぁと気合を入れる次第であります。
基本はこれまでのイベントレポート通りのノリでやろうと思いますが、せっかくなので何かプラスアルファできればなぁとか思っちゃったりして。
何すればいいかなぁ・・

というかそもそも普通にレポ書くだけで良いのかな?普通に前回の募集時に未公開だった「関係者枠」の名前変えて公募しただけなのかな?
しばらく赤松先生から何も発表なかったら質問してみようかしら。


ともあれ、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。
赤松先生本当にありがとうございます。
2009-05-04[イベント]

図書館島7日目終了

きたくー。
参加されたみなさま、おつかれさまでございました。
ウチに足を運んでいただいたみなさま、ありがとうございました。新刊無くてすいませんorz

スペースはほとんど空席状態でしたが、おかげさまで出展していた全サークルにて頒布物入手できました。
宅配便のダンボールに入りきらずに一部カバンで持って帰るハメになりましたが、届くのが楽しみです。

あと隣のスペースの騒ぎが超面白かったですw
祭りには参加せずとも最前列で見たいというタチなので楽しませていただきました。

QMAイベもすこーし覗きました。盛り上がってて良いなぁ。
まきまきには行けず。ううむ。

という訳でとりあえず今日はこの辺で。
後日ちょっと考えていることがあるので、できればその更新が出来たらと思います。
ではでは。
ねむい・・
2009-05-04[イベント]

これはw

となりで楊さんのサイン会はじまったwwww
2009-05-04[イベント]

はじまた

20090504110927
なんという無料配布所
2009-05-04[イベント]

浜松町

20090504094610
つきた。
2009-05-04[イベント]

出発

20090504071701
毎度おなじみ新幹線!
2009-05-03[イベント]

サークルチェック完了

今回は買い手として全力を尽くすつもりでの参加なので、いつもにも増して念入りにチェック。
鈴きんさんのリストが便利すぎてステキですw

というかこんなにしっかり予習したのって初めてのような気がします・・
今回は全サークルの頒布物を新刊を中心に1種類以上必ず入手するという縛りを導入。
果たして達成できるのか!?

今までは前半は店番で巡回は後半からで、売り切れとかであんまり買えないトキがあったので今回はちょっとウロウロさせてもらいますよ。(大事なことなので昨日に引き続きもう一度書きました)


え?ダミーサークルくさい?

            r┐「 ! _  _, -‐ ' ¬──‐- 、  !│'7
           , ´イ',「「>,`丶   !`    、 丶ヽi_,レ'-、
          /´ ム i // ,. 冫、 ! │ヽ \  ヽ\  ヘ
        /   〃 ア/  / ./` ヘ| │、ヽ  `,  丶ヽ  ゝ
        ′  jノ /,イ  / /   l  ト、ヽ ヽ  ヽ.  ヽ アノ
           /) /│  | /     ! i ヽ‐ ¬‐-、  i | ',  こまけぇことぁいいんだよ!!
         ///) !  ,!ィ' ´ ̄`  ' !  丶.\' ヾ !| ト.',
        /,.=゙''" イ ト|  i|/ ,r=ュ、. ', ',  ,ィユミ、 、ト l! | |!
 /     i f ,.r='"-‐'つ |:!. / h `i` ヾ!   r'´ } i.リ ! ト | !
/      /   _,.-‐'~!爪. iト.丶 ふcj      `ひ:ノ '/〃i| .!.|
  /   ,i   ,二ニ⊃! マヾヽ ` ´    '       //  |!イ |
 /    ノ    il゙フ !│,!ゞ_ヽ\    ' ̄ ̄/   ,',.ケ´ !│,!
    ,イ「ト、  ,!,!   | |  |   ``ヾ`   \ /   //!   .イ.|
   / iトヾヽ_/ィ"  | |  |     ヽ  、  _,. ィ  i||   | | |

や、実際のところ配布物も展示物もあるので大丈夫だとは思いますw
2009-05-03[イベント]

明日は図書館島

いよいよ明日図書館島すね!
うひゃぁワクワクしてきた。

今回ウチのサークルからは新刊なしということで、せっかくなので申し訳ありませんが今回は買うほうメインで行かせていただきたいと思います。
開場同時離席・・はさすがにアレですが、それくらいのノリで行っちゃいます。ご了承を。

作画担当の化学変化が前回に引き続き欠席なのでスケブは受けられませんが、私(よーかん)のネーム仕様gdgd絵で良いという奇特な方なら落書きさせていただきますよ。

個人的に「買いたい!」「覗きたい!」図書館島のネギま!サークルリスト 猫とネギま!と声優さん
毎度ごひいき恐れ入りますm(_ _)m

「図書館島の休日 7日目」サークルリストと同時開催イベント一覧 猫とネギま!と声優さん
おお。またまきまき併催か。
となりのQMAイベにも行きたいなぁ。一人だからスペースが空になるのが気になるけど・・
2009-02-16[イベント]

ネギま!OAD完結記念試写イベント

2月11日のイベントのレポというか雑感というか。
イベント事態の内容については各所で詳しくレポートされているので、例によって適当な私見を並べ立ててそれらしく取り繕いたいと思いまっする。

◆出発

例によって新幹線でリッチかつ優雅に上京。
こんなときくらいしか贅沢しないのでそのへんは惜しまずに。

旅のお供にDSはデフォです。
ソフトはDS版ネギまの1作目を持っていったのですが・・
やっぱり面白いわぁコレ!
セーブの途中から初めて丁度品川に着く頃にクリアできた。既に3周目だw

中野に到着後は眼前の目的地をスルーしてダイソーに直行。
もちろん目当てはサイリウム。
いや、事前に地元のロフト行ってUOとUWを1本ずつ用意してたんですが、念のため買い足しておこうと思いまして。(結局買わなくても足りたライブ内容でしたが)
色はタフィさんの白サイリウム企画をさらに盛り上げるために白を一つと、汎用に黄色を一つ。
黄色はウチのコーポレートカラー(笑)なのと、本日出演のまどかさんの応援カラーだから至極自然な選択でしたw

サイリウムコーナーでは明らかに同イベントに行くであろう2人組の兄ちゃんが話し合いながら白サイリウムを選んでいてタフィさんとこの影響力に脱帽。

◆中野サンプラザ突入

会場に到着後しばらくして入場。
入場時にアンケート用紙を渡されました。
ふむふむ。赤松先生と今回出演の声優さんに聞いてみたいことを記入すると。
・・・・。
「第二回ネギのお茶会マダー?」(超意訳)
ってまたかよ!前も同じこと書いてたじゃねーか!
よっぽど前回行けなかったのが悔しいと見える。

席は案の定最後列。
このテのイベントはどっちかというと後方から客席の様子も含めて楽しみたいタチなもので無問題です。いや、マジで僻みとかでなく。

後ろの席になるほど空席率が高い気がしますがあまり深く考えないようにします。

◆開演・上映会

ワー、パチパチ、やんややんや。
司会進行は毎度おなじみよっぴーアナ。

まずは1話2話上映から。
まぁ今更見てもなぁ、と思っていたのですが前回の試写会やネット試写やDVDでもさんざ見た1話はともかく、2話の方はあんまり覚えてなかったので普通に楽しめたw
こんなシーンあったっけ?というのもあったりしてw

ただ上映中にケータイ開いてる人は迷惑だからやめて欲しい。(´・ω・`)
前の方の人は特に。

◆OAD第三話先行公開

続いて本邦初公開の3話。内容はうろ覚えなのでかるーく。
ネタバレ?なにそれ。

冒頭のダイジェストってこの前のドラマCDでやったとこですよね。
ごめん、なんかもったいないって思った。

さよきたー!
ペン回しエピとコンビニでのザジエピをあますとこなく入れたのは素晴らしい!
あとはワラ人形エピがあれば完璧だったのですが、まぁ多くは望みますまいw

夏コミエピではもちろん失望先公本が。
つか表紙がより具体的になっててカプが書いてあるw

ロリ楓が反則的。龍宮は・・

ザジネちゃんアゲイン。

チャチャゼロの声が鉄砲塚さんだー!
これはちょっと感動した。
2年前のPS2のゲーム(課外授業)でもチャチャゼロの声アテてはって、すごいドンピシャで非常に納得したキャスティングだったので、それを踏襲してくれてかなり嬉しいですw

あれ?最後には魔法世界篇のサワリをやるんじゃなかったの?
途中で次期OAD製作が決まったからやらないことになったのかな?

という訳で楽しめました。やいのやいの。

◆オールネギま!イッポン

赤松先生、声優さんたちが入場してきてのトークコーナー。

イキナリ作画について熱く語る赤松先生。
アニメを一時停止しつつ見るのはうる星やつらから続くアニオタのたしなみ。
その資料の公開まだかなー。

声優さんたちの梅昆布茶トークも面白かった。
佐和さんが安定しててすげー。
そしてやっぱり画伯はまた別の意味ですげーw

質問コーナーありーの、生ネギま!検定ありーの、大変楽しめました。
生ネギま!検定のモノマネはかなり面白かったw

みなさんホント倒れるんじゃないかってくらい緊張してたと思う。特に笹川さん。
きっと汗だらだらのノドからっからだったろうなぁ。
ひでぇ企画だw
それでも見事トリにふさわしい名演をやりきった画伯に乾杯。

◆ライブ

ハピマテリターンと輝く君へ。
ハピマテはUOと黄色で。例のサビの振りも完璧です。めっちゃ楽しかったw
しかし久しぶりだなぁ。
あれ?もしかして私が参加してハピマテでサイリウム振ったイベントって大麻帆良祭以来?
うわぁ。調べたらホントにそれ以来だ。
またライブイベントやってほしいなぁ・・

輝く君へ。
タフィさんの企画で会場が一面白サイリウムに包まれたのには冗談でなくすごい一体感を感じた。
マジパネェっす。感動したわ。

◆重大発表

講談社の石本Pが登場、OAD続編とその結果によっての映画化検討を発表。

発表内容は映画化かTVシリーズ化だと予想していたのでかなり意外だった。
(希望はTVシリーズ化がよかったのですが)

OADってやっぱコミックスのオマケってイメージがあって、次の展開までのつなぎ的なポジションのメディアっていう認識だったのですよ。
それをあえてまだ続けるっていうのは、よっぽど講談社的にオイシかったんでしょうねw

あ、もちろん次の展開が決定して嬉しいですよ!

ところで赤松先生の日記のコレ↓
2008/12/8
>一味違った人選による声優イベントと○○○○○も同時に行うというのが
>私の希望だったのですが、そのまんま実現しました。(笑)

2009/2/6
>しかし2/11に発表できる情報は、結構制限されてしまいそうな感じ。
この2月に講談社に制限された情報こそが12月に書いた5文字の伏字で、それが「映画化発表」だったんじゃないか?と思うのですがどうでしょう。
つまり映画化はもう決定しているんだよ!
Ω ΩΩ<な、なんだってー!

◆終演

おつかれっしたー。
主に3話の先行上映目的でイベントに足を運んだのですが、ライブが思った以上に楽しめたのが自分でも意外でした。
やっぱりハピマテで振るのは楽しいですw
是非また、今度はライブイベントをやって欲しいですねぇ。既存曲だけでも良いから!
OADはスタチャあんまり絡んでないので難しいのかなぁ・・

◆オフ会

和泉さん主催のネギまSNSオフ会にこっそり参加。
時代はカルアミルク。

◆帰宅

という訳で翌日の新幹線でリッチかつ優雅に帰宅。
参加されたみなさま、お疲れ様でございましたー。
MMD
カウンタ
プロフィール

よーかん

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

最近買ったもの



好きなアニメ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

四畳半神話大系

ガールズ&パンツァー

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

かんなぎ

とらドラ!

かみちゅ!


じょしらく
好きな映画





ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
月別アーカイブ