低予算雑記

2010-05-05[ネギま!|ゲーム]

[二次創作]エターナル・ネギ・フィーバー その2

ネギま!Emotion - エターナル・ネギ・フィーバー

普通に遊んでますw

STANDARDをノーコンティニュークリアできねー。
チクショー。

超のラストスペル呪紋解放までは行けるんだけどねぇ。
燃える天空でいっつも残機がなくなっちゃうわ。
アレ最後誘導が要りますよねw

クリアするだけならボムもコンティニュー回数も潤沢だから簡単だけど、スコア伸ばそうとしたりノーミスで行こうとすると私にはちょっとキツイ難易度ですねぇ。
低難易度低難易度と連呼しておいてこの体たらくですよ。

でも、やり込めば出来そう!とも思えるので、もちょっとだけやってみようかと。
2010-04-30[ネギま!|ゲーム]

[二次創作]エターナル・ネギ・フィーバー

ネギま!Emotion - エターナル・ネギ・フィーバー

フリーの二次創作同人ゲーム。
縦STGといえば東方しかやったことない私ではありますが、ネギまゲーということでDLさしていただきました。
ちなみに私の東方のウデはこんな感じ。イージーシューター。

さっそくプレイ。
おもしれー!
これは個人的にヒット。

難易度BEGINNERを初見でノーコンティニュークリア出来たのは地味に嬉しかったw
STANDARDはラスボス戦で一回コンティニューしちゃったけど。


・システム

敵弾を避ける事より敵を撃って倒す爽快感を追求している感じ。
ズバーンと撃ってスパーンと倒すキモチ良さ。
特にフィーバーモードの無双っぷりは笑いが止まらないw

フィーバーカウントを溜めて溜めて溜めて解き放つカタルシス。
これぞまさにゲーム。
画面いっぱいのロボ田中さんをフィーバーで一掃するのが最高に楽しいw

難易度は私が初見でクリアできるくらいだから相当低いですが、キャラゲーとしての完成度が高いので全く気になりません。
しかも単なるヌルゲーではなく、やりこみ人用に難易度の上がった2周目もあり、この手の縦STGにはオナジミのスコアアタック要素ももちろん入っています。
私は怖いのでエネミーフィーバーを発動したことはありませんw


・ストーリー

これは良いネギまゲー。
キャラゲーかくありきというか、ちゃんとネギまを好きな人が作ってるからこその雰囲気が出ています。
麻帆良祭編の展開をうまくステージに落とし込んでいて上手い。

ネギのキャラに盛大に吹いたのはナイショ。
ここは二次創作ならではですなぁw


・まとめ

ネギまが好きなら縦STGやったことなくても楽しめますよコレ。
難易度インフレの縦STGジャンルにあって低難易度と言われる東方よりもさらに低難易度なので、東方でも難しいという人にもオススメ。

マジこれはもっと評価されるべき作品なので未プレイの方は是非一度どうぞ。
2008-09-07[ネギま!|ゲーム]

ネギま!?超麻帆良大戦チュウ チェックイ~ン 全員集合!やっぱり温泉来ちゃいましたぁv

このタイトルはねーよ…
前作に引き続きこれに応募するために購入。
最初は2本目のソフトにカービィかゼルダを買おうと思っていたのですが、ネギまの前作が面白かったのでこっちの続編にもテを出してみました。
ネギま2本ともネオパクカ付いててちょっと驚き。初回出荷分が売れなくて残ってたのねw

■ストーリーについて

前作は「ネギま!?」と銘打ちつつも完全に原作を基にしたストーリーだったのですが、今作は「ネギま!?」放映中の発売とあってか、キャラも設定もアニメ2期準拠となっています。
チュパカブラしか頭にないアホの子アスナ、お嬢様以外には異様に冷たい刹那、ミリオタ裕奈、ダジャレザジ、エトセトラエトセトラ。

終始キャラ萌えとノリだけで展開していた2期らしく、ストーリーなんてあってないようなもんでしたが、前作からカッチリ切り替えられてるのが素晴らしいです。
ふんだんに2期からのネタや設定を取り入れた会話パートでは要所要所で笑わせてもらいました。
カモ「ぎゃぁぁ!小動物虐待!」を入れてきたのには噴いたw

が、最後にはアニメ1期のエヴァ様の「死んだ人間は生き返らない」「魔法は奇跡じゃ無いんだ」といったセリフをフィーチャーしていて、ストーリーとしてグダグダにならないように締める所はきちんと締められていたのは良かったかと。
でも1期のネタが出てきたのには驚いたわ…

■システムについて

基本的に前作と同じですが、クイズパートがミニゲーム化して必修でなくなったのが大きな違いですね。
あとは会話パートと戦闘パートの繰り返し。

ストーリーが薄くなった分、戦闘パートのシステムがかなり改良されています
戦闘に参加できるキャラも大幅に増え、サポートキャラも含めて31+1人中12人が一度に戦闘に参加できるようになっています。
さすがに全員メインにはできませんが、メインに出来るのが16人というのはよく頑張ってると思います。

コスプレ装備画面の操作性も前作でかなり使いにくかったのが大幅に改善されました。
ただもう少し改良の余地はありそうな気はしますが。

ネギま!?の特徴であるネオパクティオーカードの仕組みもうまく戦闘システムに落としてあって良いです。
スカ、コスプレ、アーマーもそれぞれドット化してあって細かい。
アーマーの強さは反則w
あとバカレンジャーも専用衣装が用意してあるのは脱帽だわ。

戦闘の戦略性もかなり上がり、ちゃんと考えないとクリアできないようになっています。
(それでも難易度はかなり低いのですが)
レベル上げできる「狩場」とか、マップ兵器「スキル」、アイテムを駆使して攻略していきましょう。

前作で最悪だった「コスプレを2周目以降に持ち越せない」というのが改善されているのも大変良いです。
2周目以降でコンプリートを目指せるので、ボルテージも上がるってもんですよ。

ミニゲームのクイズパートでは「原作の問題」「アニメ(2期)の問題」と分かれていてわかりやすいw

■グラフィックについて

ほとんど前作の使いまわしですが、カットインやコスプレ衣装などがいくつも増えています。
アスナのツインテール逆立った立ち絵とチュパT着用バージョンは2期らしいなぁw

全キャラの立ち絵に、制服、水着、バスタオルの3パターンがあるのですが、水着がOVA「ネギま!?春」に完全準拠になっています。
OPのパラシュートの時のね。
良いこだわりですw

前作に引き続き原作出典のコスプレもあり、その再現度もなかなか。
超のファンネル付き強化服とか。

■まとめ

私が原作ストーリー厨なので、どっちかというと前作の方がすきかなぁw
でも十分「ネギま!?」として面白い出来のゲームなのは間違いないかと。

アニメ2期の「ネギま!?」が好きな人にオススメ。

2008-08-28[ネギま!|ゲーム]

ネギま!?超 麻帆良大戦 かっとイ~ン☆契約執行でちゃいますぅ

死ぬほど今更ですが、これの為に買ってしまいました。
DSソフトならなんでもよかったんですが。


■ストーリーについて

いや、これ、ちゃんとネギまとして面白いですw
タイトルはネギま!?ってなってるけど、キャラの色とか以外は原作準拠で、修学旅行編直後あたりの時期のオリジナルストーリー。

これはPS2版1時間目ののどか共歩きエピソードに匹敵するハイクオリティだと思う。
とりあえずエヴァ様と武道四天王のファンは必見ですよコレ。
ひさびさに武道四天王が武道四天王として出てきてます。修学旅行編を下敷きにしてるのもありますが。
終盤のエヴァ様の「お説教」も感動もんです。

強さレベルも私の中の強さのイメージとあまり変わり無い感じで好印象でした。
途中でエヴァ様が敵に捕まって閉じ込められるんだけど(ネタバレ)、それでもちゃんとエヴァ様の性格や強さを見せる演出をしているのが大変良かったです。

最初はオリジナルキャラクター出したりして何やってんだよとか思いましたが、これは良いオリジナル。
特に明光がね、もうね、良すぎ。泣いたわ。
他の3人のオリジナルキャラは印象薄いのですがw
ループ前のエヴァ様のハナシはもともと好きだったので楽しめました。

あと月詠と千草の使い方も上手い。
関西呪術教会の設定も原作を踏襲しつつ広げているし、ちゃんと原作を把握しているというのが感じられる。

細かいキャラの口調とかは詰めが甘いところもあるのですが、会話パートでの掛け合いも完成度が高く、原作のネギまとしてありえるレベルで、十分楽しめました。
新旧のエピソードや設定を会話やネタに織り交ぜてあって、ここでも原作をちゃんと読み込んでいるのがわかります。
少なくともアニメ1期よりはよっぽど原作のネギまテイストがあるかと。

■システムについて

・会話パート
・クイズパート
・バトルパート
の繰り返し。

会話は、キャラに会いに行って会話を楽しんだり好感度上げたり。
前述のとおりキャラがちゃんと原作準拠っぽいので、ファンなら楽しめると思います。
美空の空気ネタが出てくるとは思わなかったw

クイズは、コスプレ(装備品)集め。
3-Aのプロフィールからの問題や、なぜか算数の問題など。
ここが一番理不尽なところ。
ネギまのキャラゲー買ってなぜ脳トレをやらされなければならんのか。
特に、キャラが順番に画面を横切っていって、2番目は誰?とか左から右に横切ったのは何人?とかいう短期記憶を試す問題。そんなんいらねーよ!ヽ(`Д´)ノ

バトルは、会話とクイズで取得した好感度値やコスプレを駆使して敵と戦略シミュレーションバトル。
戦略シミュレーションといっても「移動」「攻撃」「回復」くらいしか選択肢が無いのですが、キャラゲーとしては及第点だと思います。こんなもんでしょ。
逆にシンプルゆえの思考も必要になりますしね。チェスとか将棋とかのボードゲーム的な。

もう一つ、システム上決定的にダメな点を1点。
集めたコスプレ2周目以降に持ち越せないってどーゆーことやねーん!
どうやっても1周で全部集められない仕様なのに、毎回1から集めなおせとかアホかー!
いまどき2周目になにも付加要素の無いゲームってどーなの?
しかも1周6時間とかでクリアできるボリュームで周回前提じゃねーのかよ!
非常に遺憾でございます。

■グラフィックについて

ネギま!?と銘打っているのになぜかキャラクターデザインは原作風。ただしカラーリングは!?風。
グリーン夏美にイエロー桜子です。
たぶん開発時期が過渡期にあったんでしょうね。これはイイのかどうなのか。
私はアリだと思いますがw

立ち絵のレベルも、ゲーム屋のデザイナーが描いたとしては結構良いかと。
というか、いろんなメディアでいろんなバージョンの3-Aを見すぎたせいで、何が良いのかよく分からなくなってきましたw

あと、ドッターはやっぱりすげぇ。
バトルのコスプレ衣装とか、よくあんだけ再現したわと。
各キャラの専用や必殺ね。
コスプレ衣装のほとんどは各キャラ共通の使いまわしなんですが、それでも十分スゲーよ。

■まとめ

続編も買います。
いや、これ、おもしれーよ。(2回目)

「ネギま!?とかドラま!とかそれなりに楽しめたよ。でもやっぱり原作が一番好き」という人にオススメ。

2007-06-24[ネギま!|ゲーム]

Wii ネギま!? ネオ・パクティオーファイト!!

少しずつですがやっております。

今のところ、使いやすそうなキャラ(明日菜、刹那、古菲、楓、まき絵)でストーリーの「やさしい」をクリアしてみた程度。


が…

これは…

期待していただけに…


えー現在、PS23時間目の時と逆の現象が起こっております。
つまり少しは期待していたのでそれを下回る出来だったのでガッカリしていると。

3時間目のときはスペランカーなみの不条理アクションでもいいやと思っていたのでそんなにヒドイとは思わなかったのですが。

やはりこういう感想は相対的なものになってしまいますなぁ。

まぁでもアクションゲームとしては3時間目よりは上だとは思います。


ストーリーについて。
これをストーリーと呼んでいいのかオイ
という酷さ。
絵面と小ネタだけがウリだったアニメネギま!?が原作なので、原作どおりといえば原作どおり…といえなくもない?
せめて黒バラ男爵とかスタークリスタルとかのキーワードは出してほしかったかな。


戦闘システムについて。
ネオパクカによる変身システム、ボタンひとつで出せる、キャラによる特長の違うワザ。
このあたりは良い。ネギまの世界観をうまくゲームシステムとして落とし込んでいると思う。

が、やはり操作していての操作性ががっかりなことになっています。
ファミ某でもレビュア全員に突っ込まれてましたよねここ。
「このテのゲームに不可欠な爽快感がないし、テンポも悪い」
それって致命的じゃん…

ダウン追い討ち攻撃も出来ないなんて…バトルルネッサンス以下か!


…眠くなったのでいったん切り上げます。
次回は原作再現度のおはなし!

つづく。

2007-04-13[ネギま!|ゲーム]

Wii「ネギま!? ネオ・パクティオーファイト!!」画面写真

Wii「ネギま!? ネオ・パクティオーファイト!!」プレページオープン!やくろあんてなさん経由)

公式ページ来ました。
まだ詳細は何も出ていませんが、Flash動画で一挙に30枚の画面写真が公開されています。

今回はその30枚の画面写真からいろいろと妄想を膨らませてみたいと思います。

http://www.mmv.co.jp/special/game/wii/negima/より
ここからの引用。画像は縮小してあります。

まず公式ページをリロードしたら一番に出てくるのがハマノツルギでエイヤーなアーマーアスナ。
バトル中のカットインか、オープニングムービーの一部でしょうか。

その横は変身の過程?
「契約発動!」→ピキーン!「コスプレ!」みたいなw
つーかエフェクトがカッコ良すぎだw
しかも完璧アニメネギま!?どおりに!スゲーナ。

画面下のキャラアイコンから、参戦キャラが新たに判明。
古菲、楓、まき絵、のどか、このかが確認できます。
やっぱりまき絵出たwww
てゆーか予想通りすぎて逆につまんないです…
でものどかが出たのはちょっとだけ予想ハズレ。どーやって戦うんだろ?
画像中段3枚目みたいに本を武器に?

中段1枚目のスカアスナ。
これもしかしてポリゴンの板にスカのイラスト貼っただけっぽい…
よーするにスマデラのMr.Game&Watchみたいな表現。
3Dだとしたらしっぽがこの角度で見えてるわけないし、中段3枚目の逆向きでは髪の分け目の向きも変わってる(同じテクスチャを反転してる)
いやこれは手抜きと言っているわけではなくて、この表現はゲームでの「スカ」の解釈としてアリだと私は思います。
「ハズレ」「戦力にならない」「とにかくかわいい」という原作(アニメネギま!?)での特徴を良くとらえた仕様かと。
やるなマーベラスw

中段4枚目の刹那。戦闘開始時のキャラ紹介?
左右が切れてるのはネギま!?地上波TV放送どおりですかwww
まぁWiiも16:9モードに切り替えられるし。

下段1枚目。
これたぶんのどかもコスプレバージョンで、コスプレ大集合!ってことなんだろうけど、メガネだけじゃ後ろ向いてたらわかんねーよwww

下段3枚目。
美空のサポート入りまーすって感じ?w

下段4枚目。
アスナが木箱を…
「木箱をかかえる」というのはアスナ固有の操作なのか、全員できるのか、そこが問題です。
ネギま!?のアスナは原作に輪をかけてバカ力キャラだったので木箱を抱えるのも違和感無いんですが、のどかやこのかがこれと同じ操作をしてしまうとなるとちょっと…ですねぇ。
あ、古菲とか楓は問題ないですよ木箱持ち上げてもw


続きましてフィールド特集です。

http://www.mmv.co.jp/special/game/wii/negima/より
ここからの引用。画像は縮小してあります。

ちなみにフィールドといえば雑誌媒体第一報のコレに…

>バトルフィールドは、図書館島や時計塔
>などの原作でおなじみのものから、ゲーム
>オリジナルステージまで収録されている。


とあります。

図書館島は下段1枚目ですよね。
時計塔って…上段1枚目がそうなの!?
時計塔って言ったら原作13巻で小太郎が泣いていた場所、屋根の上で戦うとばかり思っていました。これは予想外です。いい意味で。
しかも時計塔の内部って今まで原作でもネギま!?でも出てきてませんよねたしか。
これもゲーム化にあたっての解釈。
屋根の上よりよっぽど趣があります。これは良い。

上段2枚目。…オリジナル?
ネギま!?で、闇が現れて闘った場所でこういうところがあったような気がしないでもないけど。

上段3枚目。
たぶん原作3巻でエヴァと戦った湖横断橋をロンドンタワーブリッジ風にアレンジしたステージ…かな?
タワーの上で戦う、と。

下段2枚目。
ネギま!?6話の幻想空間に出てきたウェールズの古城?

下段3枚目は…世界樹広場っぽいけど、まぁ「学園都市内のどこかの広場」くらいでしょう。

下段4枚目はフィールド選択画面。隠しステージとかあるんでしょうか。いやあって欲しい!
てゆーか既に1箇所隠れてるしw
隠しステージにはぜひ麻帆良武道会の舞台を!
これだけ原作解釈の達者な開発陣なのでどうしても期待してしまいます。

ステージだけ取ってみてもコナミ3時間目のお化け屋敷や中華街とは雲泥の差…
あれだけイロモノだの第二の黒歴史だのと言われたアニメ「ネギま!?」を原作に、よくぞここまでネギまのテイストを出せたものです。原作漫画を出典とした要素も多そうですし、ちょっとだけ本気で期待してもいいかも知れません。


さて続きましてシステム画面を。

http://www.mmv.co.jp/special/game/wii/negima/より
ここからの引用。画像は縮小してあります。

1段目はタイトル画面直後のモード選択画面、メインメニュー?
「ストーリーモード」「バトルモード」「おまけ」「オプション」の4項目が確認できます。
この回転するタイプの選択方法は項目数を増やすのが容易なのでゲームを進めると増える可能性もありますね。「原作モード」とかあったら神www

モード説明するキャラが「バトルモード」:チャチャゼロ、「おまけ」:モツ。
さっそくモツのいい意味でが出てますw
あとたぶん「ストーリーモード」:カモ、「オプション」:シチミは確定www

2段目1枚目。「キャラクター選択」画面。
ここで操作キャラ10人が確定。ネギ、エヴァ、アスナ、このか、刹那、まき絵、のどか、茶々丸、古菲、楓…もいっかい書きますが、のどか以外は予想通り過ぎて…
夏美を出すとかいうチャレンジャーはいなかったのかwww(まぁ通る訳ないけどなw)

2段目2枚目は「サポートキャラクター選択」画面。
1回のバトルで一人の操作キャラに二キャラずつ設定できるようです。
のどかに夕映とハルナつけたり、楓に双子つけたりしたらスペシャル技とか発動できたりして…
多人数対戦の時は一人ずつ設定していくようです。
スマブラみたいに全員いっぺんに確定とかはできない模様。重複設定できなかったら1プレーヤーが早い者勝ちで有利じゃんw

2段目3枚目は「バトル設定」画面。
戦闘条件や勝利条件などを詳しく設定できそうです。ステージ選択もここ。
たぶん「オプション」項目から行ける。

3段目以降は「おまけ」項目の画面かな。
いいんちょは…ちょっと画面名が読めないけど、対戦成績か何かの類?

朝倉は「報道部」。
コナミに倣ってイベントCG集めでも出来るようになってんでしょうね。
スマデラみたいに自分で写真取れて保存できたりしたら神認定ですw

チアは「音楽室」。ゲーム内のBGMのサウンドテストか?
今まで出たキャラソンの一部でも試聴できるようにでもなってたら(以下同文)

双子は「生徒名簿」。ってネギも入ってるじゃんw
32人のプロフィールが見れるようです。右の裕奈がその表示画面かな。
ゲーム内での相性とかが確認できるようですね。


最後にイベント画面を。

http://www.mmv.co.jp/special/game/wii/negima/より
ここからの引用。画像は縮小してあります。

左がバトルモード終了後のインターバル、右がストーリーモードのイベント画面、かな。

>アキラ「今回もスポーツマンシップに則ったいいバトルだったね♪」

このあたりがゲームっぽいwww

あとアスナ。ストーリーモードってやっぱりアニメネギま!?準拠だよなぁ。
どういうストーリーになるんでしょうか。
黒薔薇男爵、操られたエヴァ、アーニャくらいは出してほしいなぁ。
DSの方には男爵出てたし…


総括!

少なくともコナミよりは期待できる!

まだ静止画のみの上、ぱっと見の印象だけでいろいろ想像してみましたが、見ていて「楽しそう」と思えるという点において、コナミのはるか上を行く印象でした。
特に「原作世界観の解釈と再現」というキャラゲーの至上命題については脱帽のデキ。
システム画面ですらごちゃごちゃとキャラを使ってネギま!?っぽさをアピールしてるのを見るにつけ、コナミゲーは無機質だったなぁ…という印象になっていきます。

そうなると、あとの問題はバトルパートの完成度ということになりますね。
コナミは1時間目~3時間目まで、まぁ改善してはいってるんだけど、まだまだアクションゲームの及第点には足りないダメさを残しています。
それを一蹴するような爽快感・操作性を兼ね備えたキャラ操作を期待しています。

ちなみに戦闘時のキャラのワザやモーションの再現度は心配していません。
これだけの世界観を再構築できる開発陣ですから、それなりのモノを創ってくれることでしょう。
コナミもここはそれなりだったし。

もう一つ心配なのがイベントシーンでのキャラクターの挙動。
セリフや行動が原作に沿っているかという点。
どうも携帯機のマーベラスゲーはここのツメが甘いようなので。
まぁ、キャラが極端にわかりやすく改変されている「ネギま!?」準拠なので、今までよりは大丈夫だとは思いますが。

ストーリーモードはキャラ劇も重要なので、そのあたりもポイントです。


という訳で私は結構期待しています。
はやくWii買わないと…
2007-02-12[ネギま!|ゲーム]

うぃー

Wiiでネギま!の新作ゲームが出るらしい(やくろあんてなさん)

ままままままじか!

Wiiはスマブラ出るまで待とうと思っていたけど、たぶんこれまでには買いますw

多人数バトルアクションってことは今度こそ3D対戦格闘なんでしょうな?
スマブラとかグラバトみたいな、というやくろさんの言葉を借りてですが、私もそんなような感じのゲームかな、と思いました。

「新感覚」ってのは何でしょうか。
やっぱり神剣ドラクエみたいに、Wiiリモコンを夕凪やハマノツルギに見立てて振り回したり出来るということ?

とりあえず一番の注目ポイントは使用可能キャラですね。
これはね、無茶を承知で31人全員出して欲しいというのを書いておきます。
タイトルが「ネギま!? ネオ・パクティオーファイト!!」ってことは、今のアニメ準拠でしょ?
全員アーマーにすれば参戦できるじゃん!
多人数ってことはパーティ組んで戦えるし、のどかとかの後方支援組も参戦可能!
全員参戦するなら、対戦ステージ1個、ストーリーモードなし、アドベンチャーパートなし、オープニングムービーなし、テーマ曲なし、その他もろもろの付加価値なしでもかまいませんw
そのかわり1キャラずつ全力で再現してください!www
それはもうスマブラ並に!キャラのモデリング、モーション、通常ワザ、必殺ワザ、戦力バランス調整、キメポーズ、勝利セリフ、敗北セリフ、全て完璧に!桜井氏レベルで!

まぁ妄想はこの辺にしといて…

開発はマーベラス…ワオ!くじアン作ってたところね!
ワタシ、マーベラスにはちょっと期待してたのよね!
くじアンのプレイムービー見る限りでは、あきらかに一連のコナミのPS2ゲームよりは3Dアクションの技術は高いので、期待しております。
2006-11-27[ネギま!|ゲーム]

ネギま3時間目のあとに1時間目をやってみた

3時間目をお化け屋敷ルートで最初からエンディングまでプレイ

1時間目の途中セーブデータからエヴァ戦2回目をプレイ

…やっぱり1時間目のほうがおもしろいや…

バトルに特化した3時間目なのに、1時間目のラスボス戦のほうが面白いという事実。

1時間目のバトルって、格闘ナシで魔法しか使えないんだぜ?
なのになぜこんな感想になってしまうのか。

私思うにゲームバランスと原作再現度の問題ではないかと。

ゲームバランスについて。
1時間目は何にもしないで突っ立ってると、ものごっつあっさり負けるのよ。
ラスボス戦は逃げ回っててもパートナーがやられたら負けという条件だから、常に自分とパートナーのHPを気にしながら戦わなければならないわけね。
でも慎重にプレイしていればあんまりウデが無くても戦い続けられるという。
対して3時間目はよっぽどのことがなければ負けることが無いわけよ。
ボス戦だっていつまでも逃げ続けられるのよ。
攻勢に出てもパートナーによってはラスボスも容易に瞬殺できるという。
この緊張感の違いが一つ。難易度の違いといってもいいかな。

バトルの原作再現度について。
3時間目はキャラのワザの再現度がすばらしい。
ネギの×攻撃とか、タメ具合によって雷華崩拳と桜華崩拳を打ち分けられたり。(エフェクトは同じでセリフと攻撃力がちがうだけだけど)
サギタマギカもタメ具合によって詠唱する本数がちゃんと違う。
刹那の△攻撃も単発:斬空掌・散→タメ:斬空閃というふうに系統立ってレベルアップしている。

が、キャラの再現度は文句なしなんだけれども、そのまわりの環境が一体なんでこうなるの?と。
占いの館はまだわかる。崩壊してても一応麻帆良学園とわかるからね。
だが中華飯店やら大正カフェのステージ、なにあれ。全然ネギまと関係なくね?
1時間目は学園パートで歩き回れる校内や、原作にも登場した橋や図書館島がバトルの舞台となっておりましたが、3時間目は教室内に発生した異空間という、なんとでも適当に作れるような場所がメインの戦場となってます。2時間目なんていつもの教室でラスボス戦だったのに!

極めつけは敵のデザイン。もうね、何でだといわざるをえない。
特にザコ敵なんか、ネギまを知らないプログラマーが適当に作ってデバッグ用に仮置きしてたモデルをそのまま採用しちゃった、みたいな適当っぷり。
ラスボスはまだアリなんだけれども、中ボス各位もネギまを知らないデザイナーが(以下略)みたいな印象しかない。
1時間目は麻帆良の制服来た生徒が操られて敵になってたり、何よりエヴァ様がラスボスだってんでいやがおうにも戦闘のテンションも上がるってもんですよ。ワザも氷の矢やら氷爆やらを始動キー付きで唱えてくれるんですよ大人エヴァ様が。
2時間目なんて3-Aの生徒がラスボスやってたんですよ!
もうね、3時間目は脈絡無視してでも例のスライム3姉妹(?)でもザコ敵に採用してたほうがよっぽど良かったんじゃないかと思いますね。それも「ネギまらしさ」の演出ですよ。
箱が敵なんて何の冗談かと思った。

余談だけれども、1時間目のラスボス戦(エヴァ戦2回目)は、音楽が素晴らしい
外注とはいえさすがコナミと唸らせる出来です。一回じっくり聞いてるといいですよ。
今原作でやってる超篇のテーマ曲になってますからね私の脳内で。


まとめ。
特に後者の原作再現度というのは、購入者の大半が原作を知っているゲームでは致命的な判断基準になると思うんですがどうでしょうか。

ともあれ、1時間目/2時間目は神という結論に変わりはなさそうです(笑)
2006-11-18[ネギま!|ゲーム]

ネギま!?3時間目 ~恋と魔法と世界樹伝説!~

Amazonから来たよー。

で、今日一日かけて全出し物ルートを攻略しておりました。なんと不毛な。
例によって攻略サイトの類はまったく見ずに一度はクリアするのがマイジャスティス。

先に備忘もかねて結果だけ書いておきます。
エンディングは次のとおり。
お化け屋敷:刹那
大正カフェ:美砂
演劇:ザジ
占いの館:アスナ
中華飯店:さよ
エヴァ以外の生徒をサポートキャラに。
さよだけLv.2。あとは1。


さて、既に各所で酷評されておりますが…
なぜにどうして私はそんなに悪いとは思いませんでした。

まぁ、最初に画面写真が公開された時点で既に絶望していたので、ダメージが少なかったというか。

先に黒猫さんとこを見ていたのでまったく期待せずにとりあえず一周はクリアしとかないとな…と、しかたなく始めたのですが、それが功を奏したのか総感としては
思ったより悪くなくなくなーい?
という感じでした。

まぁ大体コレには同意ですけれどね…


 以下雑感

ホントに2時間目バトルパートに毛の生えた程度のアクションゲームでした。
が、魔法の入力システムがリアルタイム志向に改善されておりました。まぁ当然か。
戦闘時の操作性もかなりマシになっていましたが、いかんせん行動の選択肢が少ないので、すぐダレてしまいました。

システム画面(つってもインターバルメニューとパートナー選択画面くらいしかないけど)での操作性が驚くほど改善されていました。
操作方法もわかりやすいしレスポンスもいい。この点はかなり評価できる。
課外授業は最悪だった。

いつの間に修学旅行行ったんだよ…
小太郎出したかったのはわかるけどさ…
その小太郎も出てる意味あんのといわざるをえない状況…

ちょwチャオ、ネギに貸し作りまくりwww

美空がしっかり美空だったw
まだ2時間目は初期美空との過渡期といった感じでしたが、もうここに至っては完璧に完全にあの美空ですwww

美空のワザ「ダッシュ」の効果が、敵の動きを2秒間停止させるという異様に相対性理論的なシロモノで驚いた。
こっちの移動速度上げるんだったらもうちょっと使ってたんだがなぁ。

以前ムービー見たときに心配してた移動速度の件ですが、着ぐるみで能力が制約されていたというオチでした。唯一の移動シーンをそんなんで撮るなや…

期待していたさよちゃんのポリゴンモデルどころか、ネギとアスナのモデル以外はろくすっぽ入ってないもよう。
着ぐるみの生徒は使いまわしだし…
ザコ敵のデザインの適当っぷりも泣ける。

ボス戦ではチアの「ショータイム」ばっかり使って特攻しておりましたw
風楯をもののみごとにスルーしてたので…

最後に。
バグだけは問題外。ふざけんな。
おかげで戦闘3回くらい無駄になっちまったろうが。



という訳で結局最後は不満で締めたものの、これだけ各所で酷評されている中、なんでそんなに悪くないと思えるのか自分でも不思議だったのですが、たった今理由に気づきました。
バトルルネッサンスを持ってたんだ私は。
一時は今のネギま程に大ハマリしていた「らんま1/2」の格闘ゲームなんですが、それの出来がもうとにかく酷い。ひどいでもヒドイでもなく本当に酷い。
シナリオ・システム・操作性・原作再現度等々、全てにおいて及第点のはるか下を行くクソゲー。
コレに比べたら今回のネギま3時間目なんてまだまだ良ゲーの範疇ですよ。いやマジデ。


まだまだ書きたいことはたくさんありますが、とりあえずなぞが解けたところで一区切りすることにします。
ではでは。

2006-09-23[ネギま!|ゲーム]

PS2版ネギま3時間目PV

「ネギま!? 3時間目 ~恋と魔法と世界樹伝説!~」の公式サイトがオープン
東麻帆良駅 業務日誌さん)

>コナミの東京ゲームショウ特設サイトでは
>「ネギま!? 3時間目」のPVを見ることができる様になっています。


「ネギま!? 3時間目」PV直リンクコナミ公式:東京ゲームショウ特設

見ました。


…あれ?なんか思ったより悪くなくなくない?
やっぱりゲームは動いてないと良さが伝わらないんですな。特にアクションは。
魔法戦主体で、格闘は少ないようでガッカリですが…

ポリゴンモデルやモーションのクオリティはだいたい予想通りでしたが、操作感はそんなに悪くなさそうというカンジです。(予想よりはマシという意味で)
見た目は多少粗くても、慣れれば脳内補完でもなんでもできるんですよ。
でも操作してて思ったとおりに動いてくれないときのストレスだけはどうしようもないので、その点は頑張っていただきたい。
(1・2時間目で体験済みなのでもうカンベンしてくれ)

その関係で一個すごく気になったのが、開始20秒くらいのところで出てくるウサギの気ぐるみ着たネギの、移動速度
これがデフォの移動速度だったら怒りますよ。
スティック目いっぱい倒してもこんな速さでしか走れないとか、どんだけストレスたまるっちゅーねん。
またこまめに“力の解放”かけ続けなきゃいかんなんてアホな仕様にするのだけはやめてくれ。

あと演出面で一点。死ぬほど細かい箇所なんだけれども…
ネギの、呪文詠唱→魔法発動までのモーションで、足元に魔法陣が現れるじゃないですか。
それの消えるタイミングがちょっと早いかなーという気がします。
光の矢を発射する前にはもう消えてるんですよ。
私としては、「発射と同時に消え始めて、発射し終わった瞬間にフェードアウト」というのがカッコイイと思うんですけれどねぇ。
いやホント細かすぎてスイマセンw

全編で流れてる、静姐さんの主題歌は良い感じです。90年代のアイドルみたいでw


以前ボロクソに書きましたが、もしかしたら普通に買うかもしれません。
ようやくさよちゃんも活躍出来そうですしね!
ポルターガイスト!
2006-03-29[ネギま!|ゲーム]

魔法先生ネギま!課外授業 乙女のドキドキvビーチサイド

映像特典の声優トークより

 Q.ネギまのキャラで彼女にするなら?
 松岡由貴さん@エヴァ「相坂さよとか… 死んでもどこまでも一緒、みたいな(笑)」

なんですとー!!

ありがとうございます松岡さん…
おかげでこのソフトを買ってよかったと心から思えるようになりました。
ゲーム本編の不遇も目をつぶれそうな心持ちです。


以下雑感。

とりあえず全チームで一通りクリアしてみた。
結局さよちゃんの3Dモデルはナシですか…
立ち絵登場の時も一瞬だし、しかも朝倉のいるDチームのシナリオでしか登場しないし…

さっちゃんも無かったね、3Dモデル。
ボディは全員使いまわしみたいだから、あんまり体型が雛形と離れてると再現できないからかな。夕映やエヴァでもギリギリだし…
茶々丸は専用ボディみたいんなんだけど…

セーブメニュー画面のキャラをさよちゃんにしておくのはデフォです。

チームが少ないからか、本筋は同じながら全チームそれなりに別シナリオが用意されてて、脚本の工夫が見て取れます。

スポンジチャンバラとか、体力の要る直接対決系の競技はものごっつあっさり勝負つくのな…
まき絵で龍宮に挑んだら瞬殺されました。
かと思ったらこっちが楓とかだと逆に三連打入れて瞬殺できるし…

16パズルは普通に苦手だ…

クッキングクイズなんてわかんねーよ!
なんだよカルバンゾーって!

ナースキャップのすばらしさに気づきました。
パレオ付き水着+ナースキャップ、スク水+ナースキャップ、バニースーツ+ナースキャップ、etc.etc.
いいねこれw
このゲームの正しい楽しみ方wwww

難易度「難しい」にしてもなかなかコインが貯まらない。
にしてはさっちゃんのお店の物価がどんどん上がるし…
既に飽きが来てるんですが。

システム周りの操作は相変わらず最悪です。
さっちゃんのお店ひとつ取っても、商品選びをページごとにスキップできる機能すらないとか、そもそも表示する必要の無い「???」やら「購入済み」も大量に残るとか、せめて「購入済み」なら文字を暗くするとか、いくらでも改善の余地があるでしょーが…
今まで数多のRPGやらで先人達が工夫してきたゲームでの買い物しやすい「お店」のノウハウを一切無視した不親切設計。
まぁ、この辺を犠牲にしてイラストやモデリングやモーションやシナリオに力入れてるんでしょうけど、もうちょっとなんとかできないものでしょうか。

風船ずぶ濡れゲームで水かぶった回数でスケスケ度の違うテクスチャを用意するくらいなら、特訓メニューでステータス表示したらキャラが隠れて誰だかわからなくなるのを何とかして欲しいですぞ。

2005-12-16[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!2時間目 その10

 4周目終了。
 さらにアキラ古菲柿崎の属性イベントを発動。
 メインストーリーは今回初めてまき絵ルートに突入。
 ハルナまき絵本屋柿崎の四人がカンストしていたが、衝突で新密度下げたら簡単に脱ハルナを達成できた。ちなみにいいんちょはまだ回復してません…

 ちうが「コスプレ好き」と「ほんわか」のコンボで頭から生やしてる…
2005-12-05[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!2時間目 その9

 祝!脱ハルナ達成!
 ハルナに激突しまくることにより、親密度の減少に成功。先立ってカンストしていたまき絵が親密度トップに!
 いいんちょは属性イベント用に不治の病を付けたあと、放置していたせいで親密度ランクが下がってしまいました… これはマズイということで、とっとと不治の病は外しました。
 新たにまき絵本屋の属性イベントを発動。
 属性イベント、あとはパラメータ下げなきゃ付かない属性が多いんだけど、なんか効果的に数値下げられる方法ないんかな… 眠りの霧だけじゃぁな…
2005-12-02[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!2時間目 その8

 3周目終了。
 ハルナに続き、不治の病属性イベント発動でいいんちょもカンスト。以下まき絵夕映本屋このか桜子と。
 しかし属性イベントはかなり親密度上がるな。イベントそのものより、属性の付け替えのために付きっきりになるので上がりまくるわ。まき絵もそれで急上昇した。
 新たに朝倉亜子いいんちょの属性イベントを発動。つーか亜子、あわてんぼう属性デフォで付いてるじゃん!うはwww
 現在はまき絵のエッチな子属性イベントを目指して魅力向上の魔法かけまくり。必要パラメータ(色気)のデフォ値が低いので大変だ。

 続けて4周目開始。
 もうクラス全員「大好き」になったので、あとやることと言えばギャラリー埋めることくらい、っつーことで属性イベントメインで進めたいと思います。
2005-11-28[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!2時間目 その7

 三週目の、、、もう終盤か。
 なんだかハルナの親密度がカンスト。うーむ、イタズラっ娘属性イベントを発動してしまったのがトドメになってしまったか。今回は図書館探検部エピもハルナルートだったし…(一週目が本屋、二週目が夕映だった)
 以下親密度は、いいんちょ本屋夕映このかの順。なぜかいいんちょが怒涛の追い上げを。双子とのエピ以外何もやってないのに… あと、このかも急浮上。これは先生大好き属性イベント発動したからか。
 あと属性イベントは、龍宮の武術家属性イベントを終え、前回のちうのコスプレイベントとあわせて4つが発動済みに。

 スライムエピで偽さよ出たーーーッ!
 つーか暗転中の31人のセリフ、全部声だけで誰だか判ってしまった。
 しかし偽さよ、なんだか同窓会で誰だっけ状態だw
 前作のバスト計測エピではグラフィックなかったけど、今回はちゃーんとグラフィックあったよ!にせもんだけど。
 そういえば、さよちゃんって寮には来れるんだろうか。とりあえず私のさよちゃん活動範囲の認識は学校内とその周辺ってとこだけど、寮って電車で通う距離だしなぁ…
2005-10-24[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!2時間目 その6

 3週目開始。前2週目終了してから、1ヶ月以上ぶりの起動。
 おー。声が…声が… ネットラジオとかも聞いてなかったから、ネギまの声優さんの声聞くのもひさしぶり。なんかいいぞ。
 原作が動いてるせいでキャラの見方も変わってますぞ。特に超と美空。ぜんぜんキャラちがう…

 今回は攻略サイトも見たし、攻略本も買ったので、属性イベントも含めていろいろやってみたいと思います。
 とりあえずちうのコスプレ属性イベントは発動済み。
 本屋は「恋する乙女」の付加で親密度がようやく「大好き」に。
 しずな先生とのティータイムも重ねております。
 エヴァは「問題児」解除完了、今は「美脚」付加を目指していたり。
 しかし未だハルナが親密度トップ。以下本屋夕映と、図書館探検部がトップ3を独占。
 あとはスライムイベントの偽さよが楽しみだ。
2005-09-09[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!2時間目 その5

 2周目終了。1周目とあわせてエピソード完遂、大好き人数21人、運動会も勝利。しかしハルナの親密度トップは揺らがず。
 ほとんどは「好きかも」以上になったけど、やっぱりネックはザジ真名千雨だ。この辺は属性をイジらないとなかなか難しいなぁ。
 本屋の属性「恋に戸惑い」はとっとと外したいのだけど…
 史伽の「怖がり」が難儀だ。手つなぐたびにマイナスにされてたんじゃ何も出来ねぇよ! 前作は風香の「あまのじゃく」が難儀だったんだけど、それよりタチ悪い…
 夕映のデートイベントを進めていたのだけど、特に何もアクションがないまま終わってしまった。これでいいの?
 1周目と似たようなシステムのためか、飽きがくるのが早いな。バトルは面白いけど。っつーことで攻略サイトの閲覧を解禁。3周目に備えたいと思います。
2005-09-05[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!2時間目 その4

 現在2周目中盤。新たに巨乳貧乳、運動部5人、木乃香のエピソードをクリアし、残るはカモとスライムのみ。3Aの大好き人数は15人、相変わらずハルナがトップで、いいんちょ夕映桜子と続く。累計獲得親密度は夕映が一番多かったりして。
 今回も木乃香は反則気味な展開で攻めてきて笑った。
 やっぱりというか、ザジと龍宮が親密度獲得のネックになっとる。あと今のところ朝倉も低い。三人ともまだ「気になる」だ。
 図書館探検部のエピソードでは一緒に落ちたのが夕映になってムッハー!これはどういう基準で決めてるんだ?
 序盤で共歩きエピソード(戦闘パート)の有る無しが決められるのは良い。個人的には戦闘パート好きなのだけど、そんな人ばかりではないしね。こういう自由度は高いほうがいい。
2005-09-01[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!2時間目 その3

 1周目終了。エピソードは7個クリア、声かけコマンドコンプリート、グループコマンドコンプリート、大好き人数はハルナ、桜子、まき絵、いいんちょ、さっちゃんの5人。え?

 修学旅行居残り組のエピソードでさりげなくさよちゃん出たー!でも写真写り悪くなかったよ!
 ミサイルやら軍事衛星やら出てきた肉まん君のエピソードには大笑いした。どんな事件も料理で解決する美味しんぼ並みの強引さが笑える。
 カモとスライムは期限切れで失敗。普通に知らないところで明日菜に解決されててビビった。

 共歩きエピソードではとりあえず全戦一回目で勝利できた。前作よりバトルの難易度が下がった、というかバランスが良くなってる。
 イベントシーンの掛け合いも、裏ネギのセリフが極悪すぎて笑える。おもしろかった。

 運動会の人事ではリレーのアンカーにハルナが。せっかくだからそのまま採用。あとは応援合戦にチア三人を揃えた以外は適当にデフォのままで。まぁ一周目だし勝てるわけねぇしな。
 予定通りウルスラ3Dとの勝負は敗北。しかしあのオチは…
2005-08-29[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!2時間目 その2

 さよちゃん出たー!うれしいうれしい!セーラー服預かって明日菜のファッションショーに!今話してたの誰!?
 運動部5人組のエピソードに失敗。スケジューリングミス… コロコロ予定変えるなやコノヤロウ。
 図書館探検部のエピソード成功。あら、そこまで行っちゃうのね。
 刹那のエピソード成功。おサルのお姉さん登場も今回は顔見せだけで、対決は次回三時間目修学旅行編(妄想)か。
 着せ替え明日菜は結構衣装集まったけど、全部集められたかな? というか、ギャラリーで一枠に納められててガッカリ。アレはバラで表示するべきだろ前回のバスト計測みたいに。
 あとはいいんちょと双子、修学旅行居残り組、肉まん君、カモとスライムのエピソードが進んでいるのかな~?というカンジ。居残り組ではさよちゃんの登場を微妙に期待。
 図書館探検部のエピソード終わったら、ハルナの親密度が「大好き」に。ガビーン。なんか、運動会の準備で進行資料作成させようと教室に連れて行ったら、いきなり漫画のベタ塗りとかトーン貼りとか手伝わされたんですが。ハルナの親密度の上がりやすさはおかしい。明日菜ですら「気になる」なのに…
 共歩きは普通にバトルとストーリーを楽しんでいます。結末が気になる…

 あーと、それから、金メダル版の特典、巨乳シンデレラ聞きました。爆笑。
 大笑いです。さよちゃんも出てて満足満足。今話してたの誰!?
2005-08-25[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!2時間目 その1

 ちょろっとサワリだけ始めてみた。
 まぁ一周目は準備期間なので、初見のエピソードを楽しむことをメインに、親密度を上げて声かけコマンドやグループコマンド集めをしております。運動会の練習や準備はとりあえず二の次で。

 今のところ3Aでは、ハルナが親密度トップで早くも一人「好きかも」に。次いで、まき絵本屋という順。
 しかし、行きずりで声をかけたほっちゃん(堀江恵子:2年Q組)が、属性「おさなづま」と「恋する乙女」のコンボで既に「大好き」になってしまった。なんだこれ。

 戦闘パートはマダだけど、くー老師との手合わせがあった。直接攻撃とコンボが出来るようになったのは大進歩だ。この調子で戦闘システムをどんどん拡張していって、6時間目卒業旅行編(妄想)ではマリオかゼルダ並みのアクションパートになってることを期待します。仮契約システムも入れれ。

 フィールドパートでは、前作よりモノも表示範囲も増えてるね。でもキャラのセリフフキダシがやたら多くて、肝心の会話ゲージが見えなくなることも少なくない。それくらい最前列表示にしとけや。
 ズームもイマイチ。無いよりはマシだけど。
 あと、気になったのが処理落ち。普通に走ってるだけで遅くなるのは仕様ですか? 前作よりも処理が増えてるのは分かるけど、だからといって処理落ちしてたらダメだろう。
 それともウチのPS2が初期型だからか?まぁソニーだからな。あり得る話だ。

2005-08-23[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!1時間目 その12

 いいんちょのエピソードを見るためだけに7周目。ちょっぱやで終了。昼休みと放課後はほとんど職員室で引きこもってました。
 これで13のエピソードは貫徹。ハプニングイベントも全部終了。ギャラリーもほとんど埋まったし(ツイスター除く)とりあえず一区切りかな、ということで2時間目を始めたいと思います。
2005-08-22[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!1時間目 その11

 はやく2時間目始めたいのでとっとといいんちょのエピソードをこなさねば。
 しかし発動せずに6周目終了。調べたはずなのになぜ、と思って調べなおしたら、同時に成立しないエピソードとかあるんか。ギャフン。さよちゃんに会うために毎回朝倉のイベントやってたのがアダとなってしまった。
 という訳で1時間目は7周目に突入。

 ところで、セーブ画面の「周回数」の値が6周目の序盤あたりでになってしまったんですが。んで6周目終了でになったんですが。ハードの問題かソフトの問題か知らんけど。
 ふざけんなコノヤロウ。
2005-08-21[ネギま!|ゲーム]

魔法先生ネギま!2時間目~戦う乙女たち!麻帆良大運動会SP~金メダル版

negigame2.jpg
来た。
まだ一時間目でやり残してること(いいんちょのイベント)があるので、始めるのはもうちょっと先になりそうです。
2005-08-11[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!1時間目 その10

 5周目終了。
 とりあえず2Aは全員「大好き」にできました。ふぅ。
2005-08-06[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!1時間目 その9

 攻略サイトを参照しつつ、現在5周目中盤。
 大好き人数は29人に。残り一人はザジじゃないよ。
 ザジは親密度が貯まりにくい「寡黙」解除と、必要親密度が下がる「病弱」発生のコンボでハカセとアキラより先に「大好き」に。
 ザジは「好きかも」の段階で、ネギ先生と普通にコミュニケーションしてるな。最近マガジンでもクラスメイトと無言コミュニケーションしてたのを思い出した。…ザジ、サトラレ?
 逆に未だ「大好き」じゃないのは大河内アキラ。前回やっと「寡黙」解除して、これからというところ。

 エピソードは、あとはいいんちょだけなんだけど…どうすればいいんだコレ?
 
2005-07-25[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!1時間目 その8

 現在4周目序盤。そろそろ飽きてきたので、ここでカンフル剤として攻略サイトを一気に見てみる。エピソードやらイベントやらの詳細が載ってて甘露じゃ甘露じゃ。特にエピソード発動方法、イベント一覧、ツイスター回答リストは非常にありがたい。有志諸氏乙であります。

 エヴァのエピソードは、エヴァ一回目に勝たないとあかんのか。うひゃー。確か1周目に何度目かで勝ったんだけど、2周目以降は投げやりにギブアップしてたよ。ダメじゃん。
 イベントリストGJ。これのために誰も居ない保健室やらトイレやら更衣室やらを自由時間ごとに巡回していたので、これでかなり手間が省けるわ。
 さよちゃんの会い方が判明。これから毎回会いに行くよ!
 属性はあんまりイジる気はないので、参考程度に見ときます。
 バカレンジャー交換はチア3人と千雨だけか。なぜ千雨…?

 よし!ボルテージ充電完了だ!
 でもギャラリー全出しコマンドには少し萎えてしまった。まぁやってみるけどな!
2005-07-21[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!1時間目 その7

 3週目終了。
 「大好き」人数は21人に。しかしザジとハカセは未だ「親しい」止まり。
 1・2週目は親密度トップは木乃香だったが、今回初めて明日菜に。
 のどかのイベントに度肝を抜かれた。まぁいつも通り能登のぼそぼそ喋りに終始するっしょと思っていたので、アレは完全に予想外だった。しかもストーリーとしてのも完成度も高い。原作にあってもおかしくないくらいの整合性。スゲェな。アニメも少しは見習え。
 あとはいいんちょとエヴァのイベントか。
 図書館島でのツイスターゲームのグラフィック、まさかバカレンジャーの組み合わせ毎にあるのか!?マジすか。あのギャラリーの大量の空白はこのためか。一体何枚あるんだ。
 エヴァ戦2回目ではパートナーに柿崎を選ぶ。能力は「応援」か。
 …ってうぉい!コイツ無茶苦茶使えるぞ!ネギに、「一度だけ敵の攻撃魔法無効化」効果のある幻影の魔法かけてくれるのかよ仮契約もしてないのに!てゆーかエヴァに勝っちゃったよ!うはww

 そろそろ飽きてきました。
2005-07-19[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!1時間目 その6

 3周目のバカレンジャーは明日菜・夕映・古菲・柿崎・桜子になりました。
 下から二番目にザジが居たんだけど…
 入れ替わるのはノリのいい娘限定なのか。しかし最下位は明石祐奈だったハズだが。うーむ。イベントのある娘限定かな?

 というか、全員の学力が十分だと思うので、普通に最下位脱出可能だと思うのだが。それでも図書館島行くのね。
2005-07-17[ネギま!|ゲーム]

PS2版 魔法先生ネギま!1時間目 その5

 3周目入りましたぞ!3周目入りましたぞ!
 まず2週目の成果から。「大好き」人数は10人を越え、授業の声かけコマンドも全部集まり、声かけ対象は「留学生」以外のグループまで集まりました。
 イベントはエヴァ本屋いいんちょ以外の10個を成功。
 朝倉イベントでの全員バスト計測プロジェクトは失敗に終わりました…というかそんなことよりさよちゃん出なかったじゃんかよ!ヽ(`Д´)ノ
 テスト結果は、バカレンジャーの「勉強嫌い」属性を全員外したのが功を奏したのか原作同様学年1位に。ワーイ。

 しかし、やればやるほどスゴイなこれは。以前書いた酷評の大半は覆りました。アクションイベントは慣れれば簡単しかし微妙な緊張感のあるミニゲームのカガミだし、戦闘パートはスルーすればいいし(むしろ真面目にやってた自分がバカみたいだ)、なんかちがう感もこれもネギまの一部だと自分の中で受け入れられたのかほとんど無くなったし、イベントのストーリーも面白かったし…
 だがさよちゃんの扱いだけは納得せぬぞコノヤロウ。一回も登場なしってなんだ。

 しかも次回作情報まとめサイト見たら2時間目運動会編でもさよちゃんの活躍は望み薄らしい。さらに3時間目は修学旅行編か?とのことで、これでもまだ望み薄…
 もう4時間目学園祭編(予想)で朝倉の相方として大活躍するまで待つしかないのか('A`)

 他にいくつか。
 このゲームのおかげで2A全員の顔と名前を覚えてしまった。鳴滝姉妹に至っては入れ替わっていても声だけで聞き分けられるように…
 終盤の学力次第で図書館島に突入するバカレンジャーのメンバーが変わるのはおそれいった。ちなみに今回はまき絵が抜けて千雨が入った。おそらく明日菜と夕映は固定か。
 そしてエヴァ戦2回目ではパートナーにその長谷川千雨を選んでみる。どうなのよ?と思っていたら逃げ回ってばかりで全然茶々丸の相手してねぇ。うはwww長谷川使えナサスwww
MMD
カウンタ
プロフィール

よーかん

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

好きな今期アニメ



最近買ったもの






好きなアニメ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

四畳半神話大系

ガールズ&パンツァー

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

かんなぎ

とらドラ!

かみちゅ!


じょしらく
好きな映画






ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
月別アーカイブ