低予算雑記

2016-02-18[UQ HOLDER!]

UQ HOLDER! Stage.112 麻帆良学園3-Aの生徒達

6班同盟的には神回ですねこれは…
刹那は子孫?だけど全員集合しとるやないか…

三太編で小夜子に対して過去作から名前とモチーフだけ引用してちょっと外す使い方とか書いてたら元ネタの方が出てきちゃったでござる。

しかし相坂さよがこの場面で出てくるとは意外だ。
既に前作や本作でバックボーンが語られているエヴァやザジや龍宮や茶々丸やいいんちょと違って、背景がなーんもわからないままだから、いる意味を想像できないだけかもしれんがw
せめてこれから重要な役回り→回想シーン→キャラ掘り下げでもやってくれれば大歓喜だけど望み薄だしなあ。

まー前作読者向けのサービスってことでしょう。
サービスしてくれるなら無下にはできませんなあ。せっかくだから受け取っておくぜ!

ずいぶんと明るくなったよね、さよ。
前作終盤の砲撃手さよもそうだったけど。
というか自分の中の相坂さよ像が独り歩きしすぎて原作と剥離を起こしてたようで原作の描写に違和感ががが。
たぶんネギま原作より自作同人誌の方を何回も読み返してるからかな。
原作至上主義者としては辻褄合わせの妄想が捗りそう。

私の中のさよ像は結構しらたりさんのアニメさよ(一期二期併せて)に引っ張られてる感じ。
一期のまっすぐさと二期のおちゃめさが合わさって最強に見える。

刀太とハグしたがるさよ。
忘れられがちだけど、さよちゃんもネギ君に好意をよせていた女生徒の一人なんですわよ!
ネギま344話以来の定型句)
しかし透けててハグはできんだろう。
ああだからズルいって言ってるのかw

ザジと対面した時の感動っぷりは何事w
前作終盤以降色々あったんでしょうなあ。
実はザジにはさよが最初から見えてたのを告白されてさよが「あれもこれも見られてたのっ!?」と赤面するところから仲良くなったけどやんごとなき事情でザジが麻帆良を去って今回久しぶりに戻ってきたとかだろうか。うわめっちゃ読みたい。
ザジさよの可能性については拙著同人誌でも書いたけど夢が広がるな…

ところで朝倉の守護霊は解任になったのかな。
朝倉やハルナといったグイグイタイプに乗っかっていく感じがさよの真骨頂という感じだったけど、前作序盤でエヴァの付属品に過ぎなかった茶々丸が終盤で独り立ちしたように、さよもそうならないかしら。
まあ今ここに至ってしまってはもう既に完全にアレなんですけれども。
というか朝倉は今どこに!?というか生死は!?朝倉も幽霊になってたりしないだろうな!?
三大放送局を牛耳るメディア王になってそう。

UQHの感想だったのにいつのまにか、というか一から十まで相坂さよ語りになってるけど細かいことはキニシナーイ。
2014-09-10[UQ HOLDER!]

今週のUQ HOLDER! Stage.49

”小夜子の呪い”に反応しましたw

1巻の忍とかみたいに「過去作から名前とモチーフだけ引用してちょっと外す使い方」でしかなくて、直接関係有ることはまー無いんだろうなーとは思うけど、麻帆良のあの校舎で繰り広げられる展開にはどうしてもそこに相坂さよのアナザーというか「ネギま!であり得た物語」を見てしまいます。

でも小夜って漢字で書かれるとこっちの方も思い出しちゃうんだよねw
懐かしいなあ。ゴルゴ31さんに捕捉されてカウンタが爆発した記事・・

一応毎週読んでるけど、この三太編はちょっと注目しておこうと思います。
2013-10-24[UQ HOLDER!]

UQ HOLDER! Stage.9 修行開始 雑感

感想書いてなかったけど毎週購読してますよー。

「不死身歴」とかいう単語がさらっと出てきて笑ったw
いやわかりやすいけどさw

いろいろ情報出てきたね。

おっさん宍戸甚兵衛。
人魚の肉といえば高橋留美子の人魚シリーズでしか知らぬ。
不死身の山ちゃんとコナンくんが人間に戻る方法を求めて旅するという和風怪奇譚。
そしてその繋がりで甚兵衛の脳内CVが山寺宏一になった。
勇太とは真反対のキャラっぽいけどw

九郎丸チョロすぎ笑ったw

マスターソード重力剣。
属性といい地下建造物といい邪悪な魔法使いといい完全にクウネルやないか。
コレが刀太のメインウェポンになるんか?
ここで抜けるとは思えないけど…待て次回!
2013-09-20[UQ HOLDER!]

三点リーダの謎


先日の感想で気になっていた三点リーダの話を赤松先生に直撃。
赤松先生もご存じないようで、
>電子入稿は作家任せにしてるのかしら
という線は消えてデータ入稿も写植はマガジン編集部の手によるものになりますね。

するとなぜ作品ごとにバラバラなのかという新たな謎が…
作品によって意図的に変えているのか、担当者によって差が出ているのか。

は!まさか紙原稿が二点でデータ原稿が三点という符丁なのでは!?

だれかマガジン掲載作品調査してこの謎を解き明かしてくれー!
マガスペの人に聞けばわかるかしら…

いずれにせよ全ての漫画のセリフに句読点を付ける程の日本語への拘りを見せる小学館とは対照的という感じですねw

theme : UQ HOLDER!
genre : アニメ・コミック

2013-09-19[UQ HOLDER!]

UQ HOLDER! Stage.4 刀太の奇策 雑感

バトル回。

やっぱり不死か九郎丸。
エヴァが原因じゃないっぽいけど。


不死狩りの一族の宗家の次男とかか。
ここは京都…ではなさそうな気がするなぁ。
「兄上」じゃなくて「兄様」なところが武家じゃなくて貴族っぽい。

「あの厄介者の九郎丸を」「うむ」
「くくく…九郎丸か」「呪われた体…」
九郎丸…」
何回九郎丸言うねん!

そういえば傍線が三点リーダになってるね。
ネギまの時は二点リーダで統一だったと思うけど。
他の掲載作見たら二点と三点が混在してる。一作品中では統一されてるけど、作品ごとにバラバラだ。
電子入稿は作家任せにしてるのかしらマガジン編集部は。
正しさよりフィーリングを重視してんのかしらね。

めくりっ チラッ
うわあw

九郎丸の脳裏にチラつく「兄様」。
先日YTVのアニメハンタでちょうど、イルミの呪縛を克服するキルアの回をやってたのでちょっとダブった。

刀太vs九郎丸。
九郎丸大して強くねぇんじゃねえのw
実戦経験はありそうなこと言ってるけど、口で刀太にノセられてるし、決めたと思って油断して不測の事態に対処しきれてないし、なんというか、メンタル弱い感じだね。
純粋まっすぐ君なところとかも刹那にそっくりだわw

そして刀太の奇策。
いやいやいくら不死だからって痛いだろうさすがにw
しかしてワンパンダウン!
アレか。ゴンみたく自然で育って鍛えられた天然道士系か。気使ってるのか。

刀太と九郎丸のコンビは意識的にしろ無意識的にしろハンタのゴンとキルアに影響受けてるのかもね。
ネギま新連載スタート時に続き現役人気作として君臨し続けるハンタの凄さよ。

「俺のダチになってくれ」
うむ。展開早くて良い感じ。
ダの字に濁点忘れなくてよかったですね。
2013-09-11[UQ HOLDER!]

UQ HOLDER! Stage.3 仲良くできると思った 雑感

男かよ!

一話の表紙と見開きとカラー扉絵でおっぱいがあるからこれは女子だろうと予想
 ↓
今回の「何だこれ」・・・・・・・・・!?”のところでこの腕と肩周りは男か…と予想
 ↓
「貴様!!何者だ!?」のコマでこの腰周りは女子か…と予想
 ↓
「女!?」「!!?」のコマでこの反応は男か…と予想
 ↓
次のページで答え合わせ「誰が女か!!」
本当最後までわからなかったぜ…

おそらく新レギュラーの時坂九郎丸本編初登場回。
サイドテールが刹那を彷彿と…

「それ見ろ ダチなんか楽勝で作れんじゃん どうだよ見たか雪姫」
なんというフラグ。

鏡(と書いて今回はガラスとのルビ)に映らない刀太。
あー…これはこれからの行動が大変になるぞ。
ネギま!ではエヴァのそんな描写なかったので、これがエヴァの克服した「最初の頃残っていた吸血鬼らしい弱点」の一つかもね。十字架とかニンニクとかも出てくるのかなw

豹変する九郎丸。その正体は実は「不死狩り」の一族だった!
しかも神鳴流。ふむ。

しかし雪姫に返り討ち。
え?新レギュラーじゃ…

心臓を一突きにされた九郎丸!さてどうなる!?
 1.刀太が九郎丸を不死化して助けちゃう
 2.もともと九郎丸は不死
 3.新レギュラーかと思った?実はやられキャラでした!
1はまだいまいち不死について実感の湧いてない刀太ならやりかねないと思うけど、さすがにエヴァが制止しそう。
2はわりと固い予想。不死狩りの一族に生まれたのに、何かのはずみでエヴァに不死にさせられてしまったから、原因のエヴァを倒すまで故郷の地を踏めないという悲しい過去が‥
3?そうだったら凄いわw

という訳で待て次回!
前回前々回が長かったからめっちゃ短く感じたよ!


ちょい盛り
赤松先生登場回。これは興味深い。

本作から完全デジタル原稿に移行したんですな。
ネギま!では3DCGとか使っても最終的に印刷して手書き原稿と組み合わせて作ってるから糊付けゴテゴテの「(物理的に)マガジンで一番重い」原稿という話でしたよねw

絵柄の話。
前回前々回の感想で白背景多くね?とか描線太くなってるとか書いてましたが、やっぱり意図的に変えられていたんですね。
少年漫画らしいシンプルな画面を目指している、と。

誰だよ、
>次回作で画風をあえて変えるのは作家的挑戦と言えなくもないですが、今回の赤松先生に限っては副業のための省力化という色眼鏡ががが。
みたいな穿った見方をしている奴は!
あくまで作家的挑戦と赤松先生ご本人が仰っておられる!そうに決まっているだろう!

…実際の所、Jコミもロビー活動も頑張っていただきたいので、その方向性を最大限活かして、ぜひ本業の漫画本編も面白いものに仕上げていただきたく思います。7日回しはこのおかげでもあるだろうし。
2013-09-04[UQ HOLDER!]

UQ HOLDER! Stage.2 不老不死なんて! 雑感

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『俺はマガジンを立ち読みしようとしたらいつのまにか買っていた』
押し売りだとかステマだとかそんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…(AA略

習慣とは恐ろしいもので、あのネギま(と絶望先生)の為に毎週買っていた日々の楽しさが刷り込まれているというか、先週あれだけ冷めた感想を書いていたにも関わらず、いざ水曜日になると買って帰ってブログに感想書きたいという欲求が湧いてくる湧いてくる。
なんだかんだ言いつつすっかり魅了状態な訳ですよ。
くやしい!でも購入しちゃう!チャリンチャリーン


という訳で第二話雑感。

プロローグは続くよどこまでも!
まだまだ戦いや冒険が始まる前の設定解説みたいな感じですかね。
赤松先生のついったのコメントから推測するに次回くらいまでこんな感じで続きそう。

んー、ネギま!と比べてやっぱり描線太くなってるような気がするなぁ‥
切り取ってたネギま!終盤のマガジンと比べたから単行本縮小による錯覚でもなさそう。
ネギま!の異様な情報量と比べたら登場人物数もセリフ数もだいぶ少ないから、省エネ化の一環ですかね。
次回作で画風をあえて変えるのは作家的挑戦と言えなくもないですが、今回の赤松先生に限っては副業のための省力化という色眼鏡ががが。

「昭和かお前は」
昭和の強烈さはこれから年号が変わってもしばらく語り継がれるでしょうなぁw

「口に出したらなんかハズかしい」
オマエ中二のくせに高二病か!

「一生そのままだチビ豆!」
「誰がお豆だらぁ!?」
おおう…萌の漫金術師が元ネタを素材に錬載している…(数十部しか発行しなかった自作同人誌ネタ)

朽ち捨てられた麻帆良学園の路面電車。
これは意味があるのか単なる3Dモデル使い回しのカメオ出演か。
後者に一票。
でもここが麻帆良学園の敷地内だったとかの暗示だったりすると面白いんだけどなー。

清々しいほどの浦島太郎。

そしてヒロイン登場。
「お兄ちゃん! ―と呼ばせて下さい」
あざとい。妹キャラはあざとい。
そこはかとない妹臭で大した出番もないのに第一回人気投票一位をかっさらっていったまき絵よりもあざとい。
スパッツと浮遊バイクでビビパンを連想するなー。

んでさっきからチラチラいるけど雪姫がエヴァ様になってるー!
「ん? 誰?」

「結城忍です」
浦島太郎、しのぶ、ここから導き出されるものといえば…
本当、妄想二次創作が捗るつくりになってるな~www
“前原しのぶの子孫か!?”とかいうネタを引き出そうとしてるんでしょ?w
そんな見え見えのトラップになんか…クマー

新五輪、太陽系オリンピック!
太陽系というからには地球、魔法世界火星、魔界金星の代表が集まるんでしょうなぁ。
木星人とか土星人とかもいたりして。
海王星からはCV小原乃梨子が来るんですな。

「アレに出場するのが…その ぼ…の夢です」
僕っ娘…?

いや、待て…?
これは…
まさか…
ヒャアアアアアアアア!!?!
うへえええええええ!!!!!
アカン…これはアカンで…
前回表紙左の鬼太郎前髪っ娘の男の娘疑惑は、カラー見開き扉絵でちょっとでも胸がある描かれ方をしてるから無いと思っていますが…
この子は…この子は…!
浮遊バイクでガケから飛び出た時の胸板の描かれ方が刀太とまったく同じやないか!
忍きゅん男の娘説は濃厚と言わざるを得ない…

「それが俺のダチの夢だ」
これ歌ってるのは“村の4人”の三橋かな。

ガンジーの言葉。(知らなかったのでググった)

急に歌うよ!
ぴょえ~♪

雪姫はやっぱり10歳ボディが本来の姿なんだろうなぁ。

ヒキに明かされる刀太の夢。
宇宙兄弟のパラシュート技師のおっさんみたいな夢だなw
でも確かにアレはちょっと憧れるわw
2013-08-29[UQ HOLDER!]

【新連載】UQ HOLDER! 第一話についての雑感

久しぶりに平積みのマガジンの中からなるだけきれいなモノを選別する作業をしました。
マガジン買うのは絶望先生の最終回以来かな、たしか。

近年起業家・ロビイストとして名を馳せる赤松先生の新連載、「UQ HOLDER!」はじまりました。

正直ネギまは終盤の風呂敷畳み放棄でだいぶ熱が冷めたので、自分の趣味にかけるリソースをほぼ全て割いていたあの頃程ではありませんが、やっぱり楽しみだし興味あるんですよね。

という訳で感想。

うん、面白そうだね。

こりゃー‥私の中で「犬夜叉」ポジションの作品になりそうだなー、という感じ。
超ドハマリしていた作品「ネギま⇔らんま1/2」のあとに始まったとか、バトルな少年漫画になったとか、色々と共通点ががが。
(余談だけど「ラブひな」が「うる星」ポジなのも似ている。ひと通り読んで面白いと思ったけどいまいち琴線に触れなくて超ヒット作にも関わらず私の中では佳作止まりというあたり)
犬夜叉は原作ほぼ全巻揃えたりアニメ追っかけたりしてたけど、心血を注ぐ程入れ込みはしなかったのですよね。

ただ大きく違うのは今回、ネット上のネギま!界隈の方たちがそのままスライドしてワイワイ語り始めてる点です。ネギま!の事実上の続編ってのもありますが、この初めてオフでも参加したコミュニティが維持されてるのは、私がこの作品を楽しむ上でかなりデカイと思っています。
楊さんの怒涛の更新とか和泉さんのラジオとか、久々にちょっとテンション上がりましたw

とりあえず週間立ち読みで追っかけようと思いますし、単行本も揃えます。
でもハマるかどうかは未知数。
願わくば、犬夜叉みたいに「大好きなネギま!を描いた赤松先生の今世代作品」で終わらないドハマリできる何かがあれば嬉しいんですけどね。待て次回!

ところでちょっと気になったんですが白背景多くね?
今の赤松先生の体制や体力考えたら「そうなってもおかしくない」と思えるのでそこからの思い込みかもしれませんが‥

内容については、ネギま!の設定とかエピソードとかほとんど忘れてるから語るに語れないジレンマ。
エヴァの懸賞金とか軌道エレベータの先とか魔法世界とかクラスメイトのその後とかめっちゃうろ覚えなので調べながらじゃないとネギま!みたいな考察とか書けないし調べながら書くほどの情熱はまだない。
のでネギま!の原作感想と比べてライトな感想語りになると思います。というか今後継続的に書くかわかんねぇ‥

今自分のネギま!原作感想さーっと読み返したけど、めっちゃ読み込んで書いてる‥(特に魔法世界篇中盤)
よくこんなん書けたなーと思うわwww


今回のまとめ
・面白そう。今後も楽しみ。
・ネギま!の世界のその後というのはアツい。気に入った。
・でも今のところは様子見。これからドハマリできるといいな!
MMD
カウンタ
プロフィール

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

最近買ったもの




アニメおすすめ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

じょしらく

四畳半神話大系

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

とらドラ!

かんなぎ

かみちゅ!

劇場版

ガールズ&パンツァー 劇場版

たまこラブストーリー

涼宮ハルヒの消失
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
■コピペ等