低予算雑記

2015-07-26[艦これ|日進の物語]

日進の物語 第18話



最終回近し。

正直モチベがガス欠気味なのでものすっごいやっつけ仕事。
どうにか完結だけはさせたいのでSplatoonのフェスで疲れた体に鞭打って静画をしこしこでっち上げ。
ちなみに午後の紅茶ミルクティー派。

艦これの深海棲艦の機体を使ってるからB17やらが黒丸にしか見えないけどべつにいいよね。
あと爆撃機は3機編隊がデフォらしいけどこまけぇこたぁいいんだよ!


戦争体験絵とベララベラ島漂流記・第二編太平洋戦・第二章水上機母艦「日進」の最期
タイトルでネタバレしてるけど、こちらのイラストも参考にさしていただきました。
静画では浜風が演じる萩風に乗ってた方の体験記。
2015-03-09[艦これ|日進の物語]

日進の物語 第13.5話



かなり開きましたが更新。

あんまり阿武隈はこういう指揮するイメージなかったんだけどね。
一貫して艦隊司令を旗艦の艦娘に重ねているので、キャラがブレても仕方ないね。

この時いた駆逐艦から島風と朝雲にセリフを言ってもらったのは東宝の映画のこのシーン↓の影響ですw


さて次回から完結編が始まります。
相変わらずの不定期更新ですが乞うご期待。
2014-12-31[艦これ|日進の物語]

日進の昭和18年5月キスカ撤退作戦支援について

5月24日
北方部隊に編入、呉発、運貨筒輸送に従事、29日幌筵海峡着、キスカ撤退作戦支援、6月18日同発、21日大湊着

(軍艦日進戦死者慰霊碑竣工記念誌より)
呉から幌筵まで「運貨筒輸送」を行ったことがわかる。
「特型運貨筒」なのか「大型運貨筒」なのか「中型運貨筒」なのか「小型運貨筒」なのかがわからない。
運貨筒「を」呉から幌筵まで運んだのか?
運貨筒「で」物資を呉から幌筵まで運んだのか?

1943年1月7日から実際の運用に入り、特型運貨筒は、甲標的母艦「日進」に搭載されて呉を出発し、同月15日にトラック島に到着した。
(Wikipedia - 特型運貨筒より)
4ヶ月前に「特型運貨筒」「を」呉からトラック島に輸送した実績がある。
幌筵にもキスカに物資を強行輸送するための「特型運貨筒」「を」輸送したのでは?

特型運貨筒は、下士官1名により操縦され、母船となる潜水艦から離脱後、浸洗状態(艇体は水中にあるが司令塔・操舵席は水上にある状態)で自走した。
(Wikipedia - 特型運貨筒より)
特型運貨筒は潜水艦を母艦として運用される。

潜水艦による守備隊への補給及び撤退作戦を立案してこれを実行した。(中略)1943年6月上旬に2回の輸送作戦が行われ、傷病兵等約800名が後送され、また弾薬125トン、糧食100トンの守備隊への輸送に成功した。
(Wikipedia - キスカ島撤退作戦より)
あまりに非効率のため2回で打ち切られたが、潜水艦でキスカまで物資の強行輸送が行われている。
これに「特型運貨筒」が使用されたのでは?


【仮説】
日進は昭和18年5月24日、キスカ島への潜水艦補給作戦に使用する特型運貨筒を搭載して呉を出発、29日に幌筵に到着。
特型運貨筒は弾薬・糧食を搭載し潜水艦に移載されキスカ島への物資輸送に使用された。


追記)
この案で行こうと思ったら・・・

どうやら曳航型の運貨筒がキスカで運用されたことがあるらしい。
5月に呉で3隻作られたとのことなので、5月24日に日進に載せて幌筵に向かうのはギリギリだけど可能か。

やっぱり大型運貨筒にするか。
うーむ。

あと運貨筒って潜水艦で曳く為の装備だから「運貨筒で輸送」ってのはありえないですわね。
ちょっとハズカシイ間違い・・
2014-12-02[艦これ|日進の物語]

サボ島沖夜戦



第9.5話公開。番外編三本目。
本作最大の山場であるガ島輸送編も佳境を迎えております。

古鷹改二実装の日にこのエピソードを公開できたのは良いタイミングでしたw
そう、この戦いで古鷹は沈没しているのですよね。

大型探照灯を信号灯として使っているのは信号探照灯モデルがなかったから。
ちょっと大きいけど目立たせたいテーマだからこれでいいかなと。

灯火の色はお借りしたモデルが元々黄色だったけど、私のイメージで一回白に変更しました。
が、水しぶきを入れたら埋もれて目立たなくなっちゃったので黄色に再編集して発光エフェクトも追加しました。

古鷹も陽動で信号出してたってエピソードはカット。
すがりついて制止してる絵にしたかったので意味がなくなるだろうと。

ガ島輸送編はあと三回くらい続く予定です。

日進がサボ島沖夜戦から戻ってから何してたかの資料どっか転がってないかなぁ。
ここから2週間くらいの記録が見当たらないんですよね・・
この間金剛榛名の飛行場砲撃作戦が成功してたりするので、ガ島輸送続けてたと思うんだけど、ネット探しても手元の史料でも空白になってるのよなぁ。
うーむ。
2014-11-03[艦これ|日進の物語]

日進の物語  第4.5話・第5話

不定期連載「日進の物語」UPしました。


番外編なのに一番力を入れているという。
このテーマはやりつくされているだろうなーと思ったけど、予想外にニコニコ静画でもPixivでもそんなに多い訳でもなかったのでちょっと頑張ってみました。
この一枚絵つくるためにWikipediaの項目に目を通したりようつべでミッドウェー関連の動画見たり。
ジパングのアニメに寄り道したりしつつw
その時歴史が動いたがやっぱり面白かった。

本作メインストーリー上”主力空母がボコボコにやられた”ことを表現したいので、飛龍が一矢報いたことはこの静止画ではカットしています。
遠くで長良と一緒に無事にいるって表現も考えたけど、小さくなりすぎるのとテーマがブレるのでボツにしました。
という訳で3空母が立て続けに被弾したシーンでございます。
加賀と蒼龍に寄り添うのはそれぞれ生存者の救助を行った駆逐艦、舞風と磯風。
後方で対空砲火しているのは利根・筑摩・夕雲。
榛名霧島も入れようかと思ったけど、護衛陣形的に考えてカメラの手前側かなあというどうでもいい脳内設定にて、とねちくより向こう側は駆逐艦のみとしました。
一隻だけじゃなくもっとわらわら入れてもよかったかな。

そしてエフェクト山盛り。
4話の時に動かなかった海面エフェクトがなぜか使えるようになってたので今回より使用。
あと対空機銃の弾幕表現でなんかいいエフェクトないかなーとちょっと探したけど良さそうなの無かったのでそれは見送り。いいのあったら教えてください!


そして空母補充のハナシへ。
なぜ日進が空母改装されなかったのはいまいちよくわかってないようなので色々想像が膨らみますね。
もともと建造段階から空母化を視野に入れていた千歳・千代田のほか、フツーの重巡などの空母化改装も検討されていたらしいのに、なぜか日進にはその検討された形跡すらないという。
ディーゼルだから燃費の良さを買われて輸送艦として残された、っていうのが辻褄あってますかね。
実際その後輸送艦として大活躍するわけですし。
2014-10-29[艦これ|日進の物語]

「日進の物語」連載中でーす



ニコニコ静画にMMD静止画+ちょっとセリフ+史実解説の連載中でーす。不定期更新でーす。
いまのところ10話くらいまで台本できてて20話以内で完結できそうな感じ。あくまで予定ですが。
ちなみに4話は前半のピークなので全体のクオリティもお察しくださいw
華やかな活躍やエピソードはないけれど、陰で戦線を支え、そして散っていった艦もあるんだよ、っていうのがテーマです。それを今ここで言うか。ともあれよろしくお願いします。

主役は艦これ未実装の水上機母艦「日進」です。基本的に文字通り彼女の視点で進みます。
一応、準姉妹艦の千代田甲のモデルから衣装(色変え)と艤装(主砲の交換と追加)の改造したけど、今後実装されると信じて!信じて!信じて!オリジナルデザインは晒さないでいきますw

もう何度もここやついったで書いたけど、日進はじーちゃんが衛生兵として乗艦していた艦でして、竣工翌月に初めて乗艦してから沈没までの一年半ずっと一緒だったらしいのです。
艦これでこの時代と海軍に興味持っていろいろハナシを聞き、沈没した時じーちゃんが磯風に救助されなければ俺今ここに居ないんだよなぁと色々と感じ入るものがあったり。

というわけで日進実装祈願としてしばらく続けていきたいと思います。
1-4話はまとめて出せましたが、今後は週一で出せればいいなーという感じ。次は4.5話。

Febri20号の田中Pのコメント「輸送船なのか水上機母艦なのかよくわからない艦」が完全に日進なのでいつか実装してくれるはず・・!
MMD
カウンタ
プロフィール

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

最近買ったもの



アニメおすすめ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

じょしらく

四畳半神話大系

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

とらドラ!

かんなぎ

かみちゅ!

劇場版

ガールズ&パンツァー 劇場版

たまこラブストーリー

涼宮ハルヒの消失
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
■コピペ等