低予算雑記

2010-11-28[ネギま!|アニメ第1期]

DVD 麻帆良学園中等部2-A:ホームルーム

TSUTAYAで中古が500円だったのでワゴンから救出しておきましたw

TVアニメ1期が放映される前に制作されたOVAと、これまたアニメ放映開始直前に行われたライブイベント「3学期終業式」(2004/12/12)の様子を収めたハイブリッドでお得なパッケージになっております。
CD-ROMでスクリーンセーバーやミニドラマ映像も収録されていてさらにお得な2枚組。

アニメ1期でネギまにハマりだしたので、存在は知っていましたがあえてテを出すほどのノリではありませんでした。
なので内容も初見。

■Introduction Film.III
今も禁書でおなじみの錦織博監督が絵コンテ・演出も務めたキャラ紹介OVA。
原作13時間目の双子回がベースか。
クラスメイトのキャスティングは錦織監督がやったとか、TVアニメは色々あって降板したとかの情報は聞き及んでいるのですが、実際OVAを見るのは初めてありました。

本当にキャラ紹介だけなので見るべきところもほとんどなかったですが、とりあえずさよちゃんが出てきてくれて良かったですw
あとはザジが黒いとかちうの髪がちゃんとオレンジだとかアニメ1期との差異を楽しみつつ。
へぇ~、という感じでしたw

■麻帆良学園中等部2-A 3学期終業式
なんか衣装が急に変わると思ったら昼の部と夜の部を編集でくっつけてるのね。

アンコール曲が全員で歌う「いつだってLove&Dream」と「にちようび」だなんて・・
ああ、そうか、アニメ1期放映開始前のイベントだもんな。
アニメのOPであるハピマテの扱いが微妙なのも納得ですw
というかこのイベントがハピマテ初出だったんですか!?

半年後に祭りになるとは誰も思わないよなぁw

■まとめ
なんというか、未来人の気分でしたw
いや、結構楽しいかもw
さらに前に出てた他のDVD付きアルバムも揃えようかしらw


2005-08-10[ネギま!|アニメ第1期]

魔法先生ネギま! 第21話・第22話・第24話・第25話・第26話

 今度と言いつつ早速見てしまった。
 24話以降は放送時に書いてるのでそっちへのリンクとともにどーぞ。

第21話
 前見たときの印象が作画は良いけどハショりすぎということしか残っていない修学旅行編後編。展開早すぎて印象に残るシーンがないというか。エヴァ様はカッコ良かったけど。
 刹那の烏族設定が出ないこととエヴァ登場の伏線がないことが一番気になったけど、そんなこと言ってたらキリがないので、2話完結のために目をつぶります…

第22話
 最終回へのターニングポイント。前見たときの印象は、なんだか意味深な回だけど内容はほとんどないのでは?だった。チマチマした話はどうもね…必要だとは思うけど。
 セリフは無いけどさよちゃんがいるのが良いです。
 エヴァ弟子入りもアッサリ終わってるし…

第24話 →放送時
 23話は見損ねたのでいきなり葬式のシーンから始まって驚愕した回。
 この辺からは放送時に1時半まで起きてしっかり見たり、録ったのを見返してみたりしているので、特に新しい発見というのはないかな。

第25話 →放送時
 今の今までタイムスリップ先はてっきりイギリスかと勘違いしてたんだけど、ドイツなのか。うわ、俺適当!
 サウザンドマスターはアレだな、ネギが息子だとわかってるな、多分。じゃなきゃ自分が居なくなった後の明日菜の世話たのまねーよ。会って一晩の10歳児に。

第26話【最終回】 →放送時
 抱腹絶倒の最終回。いや、この単語で合ってる。
 これも何度か見て書きたいことは全部以前に書いたのでそっちをご参照をば。

 ちなみに、以前書いたのでも書き直したいことがあれば、予告無く隠蔽改竄するのが低予算ブログにおける俺のジャスティス。

2005-08-09[ネギま!|アニメ第1期]

魔法先生ネギま! 第1話・第16話・第19話

 あまりにもヒマなので、録ってある分を片っ端から見ることに。っつっても残してあるのは1・16・19・21・22・24・25・26話の8話分だけ。
 最初は全話残そうと思っていたのですが、その時はそんな好きでもなく、ヲタの義務として惰性で見ていただけなので、あまりにあまりな出来(特にテレ東規制と作画)にガッカリして、2~3話見たところで残すのを止めたんです。こんなにハマるとは思っていなかったので少し後悔してます…

第1話
 初見時は、原作も昔4巻くらいまで立ち読みした程度で、ほぼ事前知識なしで見ました。さよちゃんはちょっと意識してたけど。
 で、今見るといろいろ詰まっててそこそこ面白いです。以下今回初めて気づいた点を箇条書き。
 キャラの顔と名前全部覚えてからだと、オリジナル笑顔や教室のモブシーンも楽しめますな。
 冒頭の「高畑先生ら~ぶら~ぶ」の尺、長ッ!!こんだけあったらネギの魔法学校卒業式できるじゃん…
 あ、あの写真出てる。
 PS2のゲームをやってるせいか、キャラの髪の毛の色指定がかなりドギツく感じる。全体的に蛍光色な感じだ。特にまき絵と夕映。長谷川に至っては…
 席バラバラじゃん!
 せっちゃん…
 テレ東規制は別に自然ならいいのよ。でもアレは…ねぇ…

第16話
 ラブラブキッス大作戦in麻帆良学園。どーせ修学旅行行くのになんでここに持ってきたんだろうか…
 髪の色指定、もう改定後だっけ?夜仕様で暗く感じただけかな?1話よりマシになってた。
 マクラの根拠がわからない。アレは修学旅行でのマクラ投げを前提にしてるので、ここで出されてもなぁ…
 長谷川の前のディスプレイ、デカッ!と思ったけど次のカットでは普通だ。錯覚ですか。
 夕映の本攻撃がダイレクトに!!「マクラの上からなら無問題です」という大義名分はどこに…
 ネギが光を灯す魔法で呪文が「ラステルマスキルマギステル、プラクテビギナル…」って続いてたんですけど…始動キー二回言ってるよ!
 朝倉に強請られる長谷川に不覚にも萌えた。
 偽ネギに迫られてうろたえる夕映にはやっぱり萌えた。
 「成果なし」というのがなんとも。

第19話
 いうまでもなくさよちゃんの話。これは残そうと見たときに決めていた。
 やっぱりええなぁ、さよちゃん。
 てゆーかこのハナシだけは見るの4回目くらいだ。やんややんや。
 エヴァと茶々丸に「この二人は私と同じ」って言ってたけど、エヴァはともかく茶々丸は今春に起動したばっかりと違ったっけ?
 クラシック好きのさよちゃんもコーラス部のさよちゃんもバスケ部応援するさよちゃんもクラスで話題になって喜んでるさよちゃんも、みんなかわいいよさよちゃん。
 さよちゃんさよちゃんあぁさよちゃん。
 そしてさよちゃんの秘密に迫る報道部。時計塔の石蕗畑に走る朝倉…あぁダメだBGM聞くだけで泣ける…
 エヴァの粋な計らいもGJ。しかし具現化というか、見え始める過程で例のズロースっていうのか?が透けて見えてたけどアレはアリなのか。

 ふー…。21話以降も今度見よう。

2005-06-30[ネギま!|アニメ第1期]

魔法先生ネギま! アニメ総評

 見始めたのが本格的にハマる前だったので、最初はこの世界にいる者の義務としてなんとなくの惰性で見てたんですが、16話でネギに迫られてうろたえる夕映に落とされました。その後で原作単行本を集め始めたので、ほとんどアニメに赤松道に引き込まれたも同然な立場だったりします。
 以前から気になっていたさよちゃんが1話からチラチラ出てたり、19話ではオリジナルエピソードも挿入されてたり、修学旅行に連れてってもらってたり、その他も大活躍していたり、とにかく優遇されていたこともアニメで落とされた一因かもしれません。
 私はアニメはあんまり深読みして見るタイプではないので、意外といっては何ですが、楽しめたのかな、と思います。あとは作画崩壊の呪いさえなければ…という感じ。
 全員明日菜死亡~時空旅行時の記憶がなくなっていれば、今後続きをアニメ化することも不可能ではないのかな、と、微妙に期待しつつ、アニメネギまのレビューを終わることにします。ではでは。

 ところでアニメ放送日に日付を合わせるのはなんだかやめました…

(追記)
 ネギまアニメでの楽しめた点・不満点をグラフにしてみました。青春学園(サンデー)からのパクリともっぱらのウワサです。
050630.png

2005-06-30[ネギま!|アニメ第1期]

魔法先生ネギま! 第26話(最終回)

 最終回ですぞ!最終回ですぞ! オープニングから最終回仕様で飛ばしてますな。オリジナル笑顔はそのままだったけど。
 ナギは何ですかアレ。無駄死に? ネギもいきなりいなくなったこと気にかけてないし、なんか投げっぱなし…
 明日菜の呪いは今後魔法と関わることのないためのマジックキャンセルじゃなかったっけ…めっさ襲われてるやん。しかも物理攻撃受けてるし。ネギが防いだけど。
 頼りにしていたエヴァが偶然この夜が新月で力を発揮できない!一行ピンチ!というところで援軍登場。適当に盛り上がってますね。
 そして全員仮契約キター! カモ、ボロ儲け。
 バレてから少ししか経ってないけど、その間にカモが全部説明したんでしょう。まずは魔法少女ビブリオンの誕生だ!あ、でも愛憎ドロドロ渦巻く禁断の三角関係の世界は…と思ったらあっさり仲直り。ほとんど略奪なのにのどかマジいい娘。まぁあの時も今回もネギ本人が蚊帳の外だから、こういう決着(始まり?)でもアリかな。
 のどかは読心原作どおり。夕映は魔法攻撃これもだいたい原作どおり。
 ハルナの空気ペン、というより泉君に爆笑。ありえない設定ナイス!
 エヴァともパクってたみたいだけど当然エヴァ様が主だよな。な?
 刹那はどうなんだ。ネギとパクりつつこのかとも?この辺めっちゃ曖昧。
 鳴滝姉妹は一瞬合体したのかと思った。ハハ、さすがにそれはないやな。
 いいんちょの能力は何なんだ?
 ザジ&五月大活躍キター! というかザジは登場時パンチラしてたように見えたんですが。ピエロの衣装だからアリなのかあれは。それとも最終回だからスタッフが最後っ屁かましたのか?
 五月は肉まん攻撃!って毒入り!?いやあれは魔族にしか効かない変な魔力が込められているに違いない!超包子屋台はアレがアーティファクト?
 さよちゃんのヒトダマ攻撃めっちゃかわええ… 衣装もナイス!
 原作やらCDのおまけでカード出たキャラ以外のオリジナルアーティファクトも多く出ましたが、この中でいくつかは原作にフィールドバックされるんだろうな、と思ってしまった(ハルナの空気ペンが怪しい)…。

 明日菜捕らえられてヤバイヨヤバイヨ。でも絶魔法体であるはずの明日菜を通して魔族浄化の魔法を発動するのはアリなのか。ご都合主義ここに極まれり。

 そして現代に戻った2A諸君。また時空旅行の描写がないけど超鈴音脅威の科学力で快適で優雅な時の旅が提供されたのでしょう。時間が戻って記憶もないということは、愛憎ドロドロ以下略はなかったことに?全員バレも仮契約もなかったことに?オコジョ協会からの仲介料も返金?うーむ…

 わずかな勇気… 人を頼ってもいいんだよ… タ・ス・ケ・テ… って前々々回、ここで助けてって言ってもどうしようもないのでは?と思ったけど助けられるんだ…
 超「どうせこの時代の人間にはわからないね。」オマエ未来人かーー! わかった、きっと鈴音はネギの孫の孫が送り込んだ猫かぶり型ロボットなんだきっと。(違)
 世界樹に呪力を吸収させる方法と装置をエヴァの魔力と鈴音脅威の科学力とクラスのみんなの友情で実現。無事明日菜は助かりました。めでたしめでたし。おわり。
2005-06-23[ネギま!|アニメ第1期]

魔法先生ネギま! 第25話

 ネギ先生マジ周り見えてない。“あくまでも”から悪魔を連想するのは少し笑ってしまったけど、必死にあがくネギ先生はとても見ていられない。
 最近マガジン連載分含む原作最新話までを一通り読み終えたこともあってネギとタカミチが夕映の前であんな話してるのもフツーに流してしまったけど、まだバレてなかったんよな。タカミチ迂闊すぎ…
 さよちゃん大活躍!でも足ついてるし動きがイマイチ幽霊ぽくない…いや出番多いのはうれしいし贅沢は言いませんけどさ、せめてもうちょっと浮遊感を出してほしいです。普通の立ち絵をスライドさせてるだけですやん…
 愛憎ドロドロ渦巻く禁断の三角関係の世界…お互い避けてるみたいだけど用事があればしゃべれるのな。あんまりここを深く描く気はないのか。それとも…
 カシオペア出たーーー!!
 ネギ先生のオーバードライブでクラス全員巻き込んで9年前に時空旅行!格段に性能が上がってるぜ!って9年前じゃ“原因”の後じゃん。未然に防ぎに行ったんじゃないの?
 カモも迂闊… 脚本の都合でクラス全員バレを目指したのはわかるけど、異様な急展開でちょっと笑える。アニメらんま1/2で100話以上隠し続けてきた変身体質をものの数秒でクラスの連中にバラして次の瞬間から全員が何事もなかったかのように状況を飲み込んで普通に話が進んでいたのを思い出しました。
 ナギと明日菜えーと5歳か。そして明かされるサウザンドマスターの旅の目的。それを目指すようになった経緯とかは未だ明かされずですが。てゆーかナギも迂闊だー! 「マジック…キャンセル…」て、あーた一年近く一緒に旅しててそれはないっしょ…
 さて来週最終回。これをどうまとめるのか、非常に興味のあるところです。そうですな、クラス全員と仮契約したり、さらに1年遡って明日菜を助けたり、現代に戻ったら明日菜が生きてたり、ネギ先生が夕映を選んだりザジと五月が大活躍してたりするんですかな。でも散々エヴァの口から「失った命は戻らない、ぼーやは何もわかってない」と言わせてますから、現代では死んだまま展開の可能性もまだ少なからずあります。うーむ。
 くあー!待て次回!
2005-06-16[ネギま!|アニメ第1期]

魔法先生ネギま! 第24話

 火葬してるーーーっ!!
 生き返らすんやったら魂の器として必要なんじゃないの!? まさか本当に死んだまま…ハッ!人体練成か!? ネギが賢者の石を求めて旅立つのか!? たしかに、普通に賢者の石とか出てきてもおかしくはない世界観だけど…
 ううう…つとめて明るく振舞おうとするネギとかクラスのみんなを見てると、普通に悲しくて泣けて来るんですが。さよちゃんの「お化け屋敷…」は萌えたけど。
 エヴァに「明日菜を生き返らせてくれ」と頼むネギ。エヴァの「魔法は奇跡じゃないんだ!」という言葉が印象的。そうだよなぁ。体系的に分類・研究されてるんだから、この世界での魔法ってモロ自然科学だよなぁ。図書の日本十進分類法で言う400番台。
 かつてない攻勢に転じる夕映。その積極性で脚本文化祭の出し物すらも変更されました。おぉ。夕日を前にネギ先生と二人きり…。アニメ版では夕映でオトされた(※16話)者としては嬉しい展開かも。って冷静に考えてるうちにのどかキタ━━━━Σ(゚Д゚ )━━━━ッ!!
そして愛憎ドロドロうずまく禁断の三角関係の世界へゴー!!
ネギま!でハラハラドキドキすることになるとは思わんかった…でもこれじゃあ昼ドラ…

 ていうか前回見損ねたのは本当にイタかった。今はネットがあるから感想キャプサイトをハシゴして、なんとなくの流れを把握することができるけど、もし無かったらすごいミッシングリンクですよね。一話飛ばしただけで特に伏線もなくヒロインが死んでるんですから…
MMD
カウンタ
プロフィール

よーかん

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

最近買ったもの

好きなアニメ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

四畳半神話大系

ガールズ&パンツァー

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

かんなぎ

とらドラ!

かみちゅ!


じょしらく
好きな映画






ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
月別アーカイブ