低予算雑記

2008-07-26[イベント]

ネギま部入部説明会その2 試写会篇

新作アニメ「白き翼」の感想みたいな。
イベントから3週間過ぎてよーやく書きますよんよんよん。

まずは総感。
マジパネェ!
まさに求めていたものというかそれ以上のモノが出来てしまったという感じ。
これで原作一話から全話見たいわぁ…

イベント行く前に書いていたこの5点について。
2と3については、今となっては完全に杞憂でしたね。指差して笑ってくださいw

1.オープニング
やっぱり超の出番ここだけでした(´・ω・`)
2巻と3巻には出ないんかなぁ。

アバンとOP全部使って麻帆良祭編やってくれると思っていたので一人で勝手にがっかり。
でも魔法戦のエフェクトは期待以上にスゴかった。

2.作風
作品の雰囲気、テンポ、演出、BGMなど。
一通り見た感じだと2期に近いかなぁと思いましたが、よくよく考えると、1期のどこかズレたギャグシーンや暗すぎるシリアスシーンより、これが原作の空気により近いんじゃないかなぁと思います。(映像化の時期は置いておいて)

3.「原作どおりのアニメ化」
世界観とかの踏み込んだ描写はなかったのでアレなのですが。
原作のシーンの順番やアングルやセリフもほとんどそのままなのは恐れ入った。
ただそのままトレスしてるわけじゃなくて、ちゃんとアニメとして成立するように手を入れているのもマル。
ところどころにアニメオリジナルの要素をちゃんとはさんで既視感からの飽きをこさせないようにしてるのもイイ。
このオリジナル要素の入れ方のバランスも凄い。

4.新キャラ
小太郎はカナでカサハラ、クウネルはホサカでマッガーレでした。
ううむ。出番少ないからそれ以上の感想はないかなぁ。
合ってる合ってない以前に、想像通り過ぎて…

5.31人の見せ場
なかったね(´・ω・`)


アバン。
オープニングの前に5分くらい尺とって「これまでのあらすじ」をアニメ化。
最初のシーンは麻帆良祭編の超との決戦。
そうそうこれこれ。これを見たかったんだよ!
マジパネェ!
これ一番ココで思ったわ。

日本語とラテン語をかぶせる呪文詠唱。
好評のようですがこれは…私は日本語だけでいいかなぁ。
今までに見た呪文詠唱するアニメのこともあるので、新しい表現に違和感があるだけなのかもしれませんが、日本語だけでも十分カッコイイと思うのよなぁ。

超が未来に帰った後は駆け足でネギま部発足までのダイジェスト。
ピンポイントのOAD化で仕方ないとはいえ、詰め込んでいろいろハショられてるのがなんとも。

ハピマテリターン@オープニング。
ビリヤード風…
ナイス手抜き。

本編は原作176時間目から。
冒頭のエヴァの口上が完璧に再現されていて驚いた。
ただちょっと冗長かとも思いましたが。

つかさよおおおおおおお!!!
さよ&朝倉
これはイイwww

シャフト恒例黒板ネタ。
双子が聞き耳を立てる屋上入り口の扉の脇に…
これは公式PVでも見られるのでそちらをどうぞ。
試写会当日見たのはPV版と変わってたような気がするけど、後日バンダイチャンネルで見たらやっぱり同じだったので、勘違いだったのかな。(実はネット試写会も当選していたのです)

会場のどよめきその1、涙のいいんちょw
原作のこんな小さなコマをよくもまぁそこまでピックアップしたもんだ。
そのピックアップの仕方とアレンジがまた上手いのなんのw
その後のアスナ逃げまでニヤニヤしっぱなし。ヨーロレイヒーwww

どよめきその2、エヴァのピコピコスリッパ。
これは、なんというか、イイwww
2期のスカカードエヴァの黒ウサギをモチーフにしたというスリッパですが、2期からの脱却の意味を込めてか色は白に。

どよめきその3、ゆーな「許せないにゃ~」(表情)
普通にやってるよりやっぱりオリジナルが入るとどよめきますね。
みんな原作読んでるからw

浴衣の表現は絶望先生の袴でおなじみの張り紙方式。
普通にやっちゃ柄なんて入れられないでしょうしね。

ゆーなの浴衣が緑ベース。
2期のミリタリーマニア設定を思い出しました。微妙に意識してのセルフパロディ?それとも偶然?

茶々丸ニューボディ。
声は一緒か。(あ、いや、あけのんがやるのはそうなんだけど、声色変えたりとかの変化がなかったという意味で)

夕映&のどか。
運動部とのバトルも再現率高し、というか普通に手に汗握るわ。
アホ毛でどよめきが起きるのはデフォw

鳴滝姉妹&楓。
双子の浴衣の柄が絶望先生のうろ覚えのコウテイペンギンのヒナに見えたのは私だけ?
わたあめの「ぱふ」「ぽて」が無くて最初から乗ってるのはちょっと。ちゃんと動かしてくれないと!(細かすぎ)

いいんちょアゲイン。
  _、 _ 
(  _ゝ` )<天地分断掌!!!
この顔の再現度がちょっと低いかなぁ。

垂直に吹っ飛ばされての「あ~れ~」には、ねーよwwwと思ったけど、原作読み返してみたら小さいコマだけどちゃんとそのまんまあって、ここも完璧に原作どおりだったのが分かって脱帽。
スゲーナ。

最後はアーニャの「んもぅ!」で締め。
可愛かったw

という訳で終了。
分かっていたけど原作換算で2話、か…
週刊連載漫画のアニメ化って、私の中では「犬夜叉」が基準になってるんですが、それはだいたい原作3話でアニメ1話でした。
やっぱりネギまは1話の情報量が多いのでこのペースがちょうどいい感じになりますね。

テンポも良かったし、絵のクオリティも大したもんです。
ただ、2期の春夏アニメと比べると、陰影や描き込みが控えめな印象は受けました。
それが原作どおりっちゃあそうかも知れませんが、単純に絵を普通のOVAと比べると…
ううむ。

案の定求めるものが際限なくうなぎのぼりになりそうなのでこの辺で引き上げます。
でもすべてがマジパネェクオリティなので、wktkしながら発売日や続刊を待ちわびることにします。

コメント

Secret

MMD
カウンタ
プロフィール

よーかん

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

最近買ったもの



好きなアニメ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

四畳半神話大系

ガールズ&パンツァー

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

かんなぎ

とらドラ!

かみちゅ!


じょしらく
好きな映画





ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
月別アーカイブ