低予算雑記

2013-07-26[小説]

「俺の妹」の結末に納得出来ない俺が原作10巻を再読して気付いたこと

 

前回のタイトルが無機質過ぎたので多少釣りっぽいタイトルにしてみた。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」原作最終巻までのネタバレあり。

続きはWebで!じゃなくてmoreボタンでどうぞ。

【ネタバレ感想】俺の妹がこんなに可愛いわけがない 全12巻
先日こういう通読感想を上げたんですが、ひとつ大事なことを書き忘れていました。

ここで私が想定していた大穴の「桐乃エンド」、あと以前アニメ見た時にtwitterで書いていた「シスコンエンド」もそうなんですが、そのエンディングは、京介と桐乃の「恋愛」だとは思っていませんでした。
私が予想していた桐乃エンドは、京介が他の女の子とくっつかずに、桐乃と兄妹として幸せに暮らしましたとさーみたいな、赤城兄妹的なアレだと思っていたのですよ。
なのでこの結末は完全に私の予想の範疇を超えた終わり方だったのです。

ラノベでそんな重い展開しねえだろうという予断がそうさせたのか、近親相姦とかありえねえという偏見がそうさせたのか、このテのラノベをほとんど読んだことがないという知識不足がそうさせたのか、とにかく希望にも予想にもこの終わり方は上がって来なかったのです。

「俺妹は兄妹の恋愛モノではない。」
それが11巻まで読んでの私の解釈であり、思い込みでした。

でもそれは間違っていた、というのが前回の上記の感想でした。


という訳で、間違った読み方をしていた過去の自分とオサラバする為に、結末を知った今、もっかい読み直してみたのでございます。
なぜ10巻かというと、1巻から読むのは面倒だし、11巻は最終巻に向けてのシリアスだし、私の好きな「キャラの掛け合いの雰囲気」を残す最後の巻だったからです。
前巻で黒猫の策謀が決まってデッドロック兄妹が誕生していたので、もう京介もデレてたんじゃないかなーとなんとなく思ったのもありました。

再読で特に気にしていたのは「京介がいつから桐乃を恋愛的な意味で好きだったか」

桐乃が京介を好きなのは、序盤から薄々そうではないかと思っていて、話が進むごとに補強されていっていたので、12巻で告白を受け入れても大して違和感はありませんでした。
(ただ、やはり純粋に家族として好きであるだけという可能性も念頭にあったので、最終的に明かされる桐乃の気持ちはどうだったのか、ドキドキしながら楽しんで終盤まで読んでいました。)

対して京介は、11巻まで徹底してそんな素振りを見せておらず、この1~11巻と12巻の連続性の無さが一番ひっかかって、あの結末に納得がいかなかったところなのでありました。


で、そういう視点で10巻を再読した結果・・・・

俺は地の文に騙されていた。

という結論に至りました。

本作は京介の一人称小説なので、「地の文=京介の心の声」なワケですが、その地の文で始終桐乃に対する恋愛感情を否定しまくっているのがみてとれます。
しかし、地の文を無視して見てみると、確かに桐乃に惚れていると受け取れる言動がそこかしこにあるのです。
ただ、それは(赤城がそうであったように)単なる過剰な家族愛とも受け取れるものであり、それだけではよほど穿った見方をしないとわからないものであると思います。
が、我々読者には京介の内面を知る地の文が提示されている訳で、それらの言動の本意をそこから読み取ることができ、そこで「恋愛感情ではない」と言われれば、それが京介の本心だと思ってしまうわけです。

つまり、この時点で既に恋愛感情があった場合、京介は地の文で読者に対して嘘をついていたことになります。

これから11・12巻も、

・10巻時点ではまだ恋愛感情がない
・10巻時点で恋愛感情があり、読者に対して嘘をついていた

のどちらなのか気にしながら再読しようと思いますが、12巻にあるこの「地の文」が全てを物語っているような気がします。

語り部だからって、おまえらに全部教えなくたっていいだろ!(12巻246p)

そんなんありかよ・・

このギミックを、メタ視点を効果的に使用した現代のラノベ文化の集大成ととるか、作者が読者を欺いていて小説として破綻しているととるか、作品としての評価はえらいひとに任せますが…

俺はこんなん納得いかねえ。
ますますそれが深まった再読でありました。


(関連リンク)

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 原作 感想|HND
この筆者さんの考えがかなり自分に近かった。
京介が想うキャラ達の認識とか、桐乃エンドの期待とか。
なー、11巻まで普通に読んでたらそうなるよなー。

俺妹最終12巻を読んでの遠慮ない感想 - 藤四郎のひつまぶし
信頼できない語り手 - Wikipedia
一般に小説のギミックとして存在したのね。「現代ラノベの集大成」とか書いちゃってちょっとハズカシイw
まぁ、京介は完全に読者を騙す語り手だよね。

非MTG)「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 12(最終)巻」の個人的感想。ネタバレなので嫌な方は絶対に見ないでください。
ここの筆者さんと少々理由は違うけど、私もこの結末に「コレジャナイ(´・ω・`)」という感想を抱いたうちの一人。
でも、
>こんな感想が書けるぐらいには楽しませてもらっていた
これは大いに同意ですね。
アニメから入ったけど、どっぷり楽しませてもらった作品でした。

「俺妹が桐乃ENDとか気持ち悪い」←オタクやめろ : にじげんちゃん!
フィクションなんだから近親相姦エンドでもいいんだよ。
それに至る道筋の辻褄が合ってればね。

俺妹12巻京介演技説 | 2ちゃんねるログ
>>1=ID:L03ueA10Oの興味深い考察・仮説。
こういうの考えるのも面白いよね。
最終巻再読の時はこれも意識しながら読んでみるかな。


(備忘)便利なGoogle検索ワード
俺の妹 語り部だからって - Google 検索
"京介はいつから" - Google 検索

(備忘)あとで読む用
ニコニコ大百科: 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」について語るスレ 2821番目から30個の書き込み - ニコニコ大百科
MMD
カウンタ
プロフィール

よーかん

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

最近買ったもの



好きなアニメ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

四畳半神話大系

ガールズ&パンツァー

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

かんなぎ

とらドラ!

かみちゅ!


じょしらく
好きな映画





ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
月別アーカイブ