低予算雑記

2013-10-29[映画]

【ネタバレあり】劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語

みてきたみてきた。
例によってmovix京都。
安くなるレイトショー20:50の回を待とうかとも思ったけど、時は金なりよーと開き直り1800円のフルプライスで18:00回で見てまいりました。結果的にそれだけ払う価値あったと思います。
17時すぎには着いていたのでチケットとパンフを購入。
パンフはネタバレありシールで封印されてるんですね。最近のは親切だねぇw
あとは三条の方のファーストキッチンで軽くハンバーガーを腹に詰め込んで時間つぶし。
マックに慣れていたのでちょっとウマかった。


という訳でスペーサー雑談は以上。以下ネタバレあり感想。


一言で言うと凄かった。
これは「面白かった」とか「泣けた」とかでなくて本当に「凄い」だわ…
まあ泣けたけどさw(主に杏さや関連で)

新編と銘打つだけあってTVシリーズや総集編劇場版の完全新作続編ですね。
TV版、せめて劇場前作はひと通り見た人向けですわな。


TV版を意識したと思われるマミVSほむら戦で
よく動くしカッコイイ、さすが劇場版!
とか思った俺はまだ純粋にワクワクしていた。
あの時止めと銃弾表現はカッコ良かった。

中盤でこの世界の謎が明らかになったと思って
ああ、ビューティフルドリーマーのオマージュねw
とか思った俺は浅はかだった。
バスじゃなくてハリヤーなら全貌を確認できたかもね!

その後の新キャラの正体と魔女大戦で予想外にテンション上がって盛り上がって、
これは燃える!!さやかちゃんと新キャラの存在も納得や!
とか思った俺は判ったつもりでまだまだ判ってなかった。
でもさやかちゃんの魔女化魔法少女化縦横無尽な戦い方が凄く良かった。

その後の二転三転どころか五転六転する展開は圧巻の一言。
イヤホント、上映時間見てなかったし気にしてなかったから魔女大戦で決着着いてオワリだと思ってたのよ。
そしたらそこからが本番でやんのwww
凄いよコレ…


五転六転する凄まじい展開なのに、ひとつひとつの説得力も凄くて、消えたはずのまどかやさやか、敵だったハズのシャルロッテがふっつーに居る理由付けが物凄く納得するものだった。
前作の人気キャラいっぱいいるよ~ってなるとシナリオに無理が見えて鼻についたりするもんですが、コレはそのキャラがそこにいる必然性の説明が素晴らしい。
キャラのために物語があるんでなく、物語のためにキャラが居る感が凄く上手い。

メインキャラ五人に新キャラも、ちゃんとそれぞれ役割と見せ場があり、一人も軽視されてないのが見事。
新キャラのあの子は‥正体を見せてからマミさんを説得するシーン欲しかったねw


そして最も大きな転機。
秩序よりも自分のワガママを優先するほむら。
これは意外で驚いたけど…どこかで望んでいた展開かもしれない…
当初ミステリアスキャラとして敵か!味方か!という感じで登場したほむらですが、その反動というか最終的に超良い奴に収まってたんですよね前作では。
そこをさらに裏返してくるのは断然面白いと思いました。

まどかが宇宙の物理法則を書き換えるに足る魔力を得たのは他でもないほむらの想いによるものだったので、それに匹敵する魔力をほむら自身が持っていても不思議ではありませんわね。
まさしく愛だ!
悲しみも喜びもマイネームイズラーヴ僕が持つ沢山の名前のひとーつだからー♪

しかしほむらの叛逆でこの作品が結びを迎えてしまうのはなんとも惜しいので‥
もう一反転!もう一反転ありませんかね!?
これは続編あるだろう…

theme : 魔法少女まどか☆マギカ
genre : アニメ・コミック

MMD
カウンタ
プロフィール

よーかん

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

最近買ったもの

好きなアニメ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

四畳半神話大系

ガールズ&パンツァー

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

かんなぎ

とらドラ!

かみちゅ!


じょしらく
好きな映画






ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
月別アーカイブ