低予算雑記

2016-11-26[映画]

劇場版 艦これ みてきた(ネタバレあり)

【悲報】日進登場せず

とまあウチ的なお約束は置いておいて。

京都駅裏のTJOYでキャスト舞台挨拶のライブビューイングするって聞いてはいたのですが、予約開始日時をスッカリ忘れて過ぎてしまい、昨日気づいた時にはあーこりゃもう取れないだろうなーと思って一応予約サイト覗いてみたらまだ席結構余っていたのでまー時間あるし行ってみるかーと気楽な気持ちでポチりました。

舞台挨拶なかったらたぶん初日には見に行ってなかったと思います。
というレベルの期待値でした。

が、なかなかどうして割と、いや結構楽しめました。
ホント意外だけど、あのTVシリーズからは考えられないくらいマトモになってる…

「一つの事件が起こってそれを解決するまで」にフォーカスを当ててキッチリ描き切ってる点で、色々詰め込み過ぎて全部中途半端に終わったTV版とは完成度が違いますね。

基本的にはTV版の続きだけど、完全に設定を引き継いで話が繋がってるわけじゃなく、ハナシ上都合の悪い所は適当にほっぽってごまかしてるような。
いや、それで正しいと思いますw
あのドリーマー提督続投なんてそれこそ悪夢にもほどがあるw

以下個別雑感。ネタバレ注意。

■深海棲艦の正体
161126_01.jpg
こういうことでええんか?
艦娘和魂説。

ちなみにこの設定はあくまで「劇場版の設定」ですからね。
田中P脚本で、おそらくゲームも田中Pはこの設定のつもりでしょうけど、ゲーム中でこれらの設定は語られてませんからね!
ゲームは今まで通り「ご想像にお任せ」で変わりないですからね!
二次創作者はどんどん俺鎮守府設定を作ればいいと思うよ!

下半分は中盤の設定説明パートで加賀さんによって語られた艦娘と深海棲艦の関係、上半分は終盤吹雪が海底で知った内容。
たぶん山ほどある二次創作で誰かが書いてそうな設定な気もするけど…

公式設定としてここまで具体的に踏み込んで出してきたのはちょっと見直した。
適当にグダグタのままお茶を濁さずにちゃんとアニメという一本道のストーリーを作るにあたってハッキリさせたのはよくやったと思う。
まあそれをTV版の時からやっとけよって話なんですが…

作劇上も、ちゃんと長門や加賀といった首脳陣が睦月や吹雪に、不都合な真実を変に秘密にして不信感&不信感なグダグダ脚本にならなかったのもよかった。
ちゃんと信じて真相を打ち明けて、さてどうするか。そっからがスタートですよ。
ここのテンポのよさは映画の尺のおかげですね。

あと、艦娘と深海棲艦がループするって一見永久に終わりそうにない輪廻に、「終わりはある。誰も沈まなければ深海棲艦はいなくなる。」という答え。それが艦娘が戦う理由。
これは上手いロジックだと思ったと同時に、泣きそうになったわ。
すまぬ…すまぬ…沈めてすまぬ…龍驤…島風…妙高…

加賀の他にも深海棲艦として沈んだ記憶を持つ艦娘がいるのもほのめかされてますね…
川内とか。


■如月ちゃん
上記世界設定の体現者。
半深海棲艦フォームでの活躍はゲームとは切り離されたアニメならではですなあ。
ここが一番のサプライズだったわ。

泊地に帰ってからすぐあたりに港でガクガクブルブルになってたの、あれクレーン撃ったってことだよね。
クレーンひん曲がってたし、同じようにみんなに砲を向けないか心配してたし…
クレーンのアップのカットとかなかったしちょっと自信持てないけど、砲はどっから出したのかなーという重箱の隅つつきな疑問が。

肌の浸食ゴシゴシはよくある演出だけどあんまり好きじゃないのでスルーで。

崖の上に立ったところは「飛び降りるなよ…」と一瞬心配になったけど踵を返したところでホッと一安心。
心身共に衰弱しきった彼女が単身で突入隊を追うまでの流れは描かれてないけど、睦月たちをみていろいろと心境の変化があったんでしょうね。

感動の別れ、そしてスタッフロール、その後の再会。
あー、スタッフロールの間に近海の低難易度海域に連続出撃してドロップしたんやろーなー、とか思ってしまうワイ、完全にゲーム脳。


■提督
毎度おなじみ提督不在。
 長門「提督出張中でーす」
 観客「ワハハ」
ふっつーに場内で笑い漏れてたw
様式美ですなw


■作戦
映画館でパンフ絶対買ってください。
この戦闘詳報はみる価値あるわ…

たぶんこれ田中Pが作ったんじゃないかな。
まずゲームのイベントみたいに戦闘の内容を決めて、それをもとに脚本を作っていったような気がする。

そのうち劇場版再現のイベントがゲームで来たりして…

最初の第八艦隊の戦闘シーンで所属と艦名がバーンと出てきてたから、他もそうなのかな、と思ったらそうでもなかった。
天龍が近接武器なのは原作イラスト再現もあるけど、敵に肉薄する水雷戦隊の働きをデフォルメしているのかなーと思ったり。
重巡5隻の護衛として同行してるんだろうし。
ゲーム準拠の6隻縛りだから駆逐艦引き連れてはいないけど。

後半でよかったのは霧島が割れてもメガネを外さなかったところですかね。
TV版のありゃ酷かったからねw

妖精さんが目立ってたのも良かった。
好きなのは主砲のフタをきゅぽんって取るところw


■吹雪の物語
よかった、この吹雪は夢でウェディングドレスを見たあの提督の記憶は持ってないんだね…
そのへんのTV版とのつながりはなんとなくあやふやなままでということで。
パラレルワールドかなんかじゃないっすかね(適当)

今回のイベント…じゃなかった、紅霧異変…でもなかった、謎の海域変色事件、ラスボスは吹雪の荒魂ということでした。
イベント最終海域のボスの撃破報酬が吹雪…なんて割に合わないイベントだw

吹雪のセリフ、「私は希望なんだ
これ、提督や艦娘たちの希望って意味じゃなく、「在りし日の艦」が沈んだ時に生まれたもう一人の吹雪(荒魂)にとっての希望、ってことですよね。
平和を守る希望、ではなくただ一人の深海棲艦にとっての希望。

まあ結果的にこの事件を解決に導いて平和に貢献してはいるけど。

あの海底の精神世界のタイマンで吹雪(和魂)が勝てたのは、絶望に希望をぶつければ希望が残る、みたいなハナシですかね。
なんかお花畑のようにも思えるけど(彼岸花も咲いていただけに)そんなムズカシイこと考えずに深海棲艦が救われましたよ~で終わってもイイんじゃないかと思います。
愛と勇気が勝つストーリーでいいじゃない!
TV版のアレっぷりと比べたら本当に面白かった!


最後に気になるのは、パンフの井上EPのコメント、「艦娘『吹雪』、彼女の物語の一区切りとなる作品として製作されました。
つまりTVアニメ2期や劇場場第二弾がもしあるなら、別の艦娘が主人公になる可能性!?
という期待も…

ああ、昨日までは続編あるかもってなっても期待なんか全然できなかったのに、劇場版でマトモなもん作れるってわかったから次回作に期待するようになってしまった…

もともと作画やCGといった絵作り、声優の演技や音響といったサウンドについては高レベルだったので、最大の問題点だった脚本や世界設定がマトモになってくると原作力も相まってふっつーに期待作になってしまいますわ…

こりゃあ…円盤購入ちょっと検討するかなぁ…
アクションシーンもよかったし…
うーむ…
MMD
カウンタ
プロフィール

よーかん

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

最近買ったもの



好きなアニメ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

四畳半神話大系

ガールズ&パンツァー

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

かんなぎ

とらドラ!

かみちゅ!


じょしらく
好きな映画





ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
月別アーカイブ