低予算雑記

--------[スポンサー広告]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-27[ネギま!|ゲーム]

ネギま3時間目のあとに1時間目をやってみた

3時間目をお化け屋敷ルートで最初からエンディングまでプレイ

1時間目の途中セーブデータからエヴァ戦2回目をプレイ

…やっぱり1時間目のほうがおもしろいや…

バトルに特化した3時間目なのに、1時間目のラスボス戦のほうが面白いという事実。

1時間目のバトルって、格闘ナシで魔法しか使えないんだぜ?
なのになぜこんな感想になってしまうのか。

私思うにゲームバランスと原作再現度の問題ではないかと。

ゲームバランスについて。
1時間目は何にもしないで突っ立ってると、ものごっつあっさり負けるのよ。
ラスボス戦は逃げ回っててもパートナーがやられたら負けという条件だから、常に自分とパートナーのHPを気にしながら戦わなければならないわけね。
でも慎重にプレイしていればあんまりウデが無くても戦い続けられるという。
対して3時間目はよっぽどのことがなければ負けることが無いわけよ。
ボス戦だっていつまでも逃げ続けられるのよ。
攻勢に出てもパートナーによってはラスボスも容易に瞬殺できるという。
この緊張感の違いが一つ。難易度の違いといってもいいかな。

バトルの原作再現度について。
3時間目はキャラのワザの再現度がすばらしい。
ネギの×攻撃とか、タメ具合によって雷華崩拳と桜華崩拳を打ち分けられたり。(エフェクトは同じでセリフと攻撃力がちがうだけだけど)
サギタマギカもタメ具合によって詠唱する本数がちゃんと違う。
刹那の△攻撃も単発:斬空掌・散→タメ:斬空閃というふうに系統立ってレベルアップしている。

が、キャラの再現度は文句なしなんだけれども、そのまわりの環境が一体なんでこうなるの?と。
占いの館はまだわかる。崩壊してても一応麻帆良学園とわかるからね。
だが中華飯店やら大正カフェのステージ、なにあれ。全然ネギまと関係なくね?
1時間目は学園パートで歩き回れる校内や、原作にも登場した橋や図書館島がバトルの舞台となっておりましたが、3時間目は教室内に発生した異空間という、なんとでも適当に作れるような場所がメインの戦場となってます。2時間目なんていつもの教室でラスボス戦だったのに!

極めつけは敵のデザイン。もうね、何でだといわざるをえない。
特にザコ敵なんか、ネギまを知らないプログラマーが適当に作ってデバッグ用に仮置きしてたモデルをそのまま採用しちゃった、みたいな適当っぷり。
ラスボスはまだアリなんだけれども、中ボス各位もネギまを知らないデザイナーが(以下略)みたいな印象しかない。
1時間目は麻帆良の制服来た生徒が操られて敵になってたり、何よりエヴァ様がラスボスだってんでいやがおうにも戦闘のテンションも上がるってもんですよ。ワザも氷の矢やら氷爆やらを始動キー付きで唱えてくれるんですよ大人エヴァ様が。
2時間目なんて3-Aの生徒がラスボスやってたんですよ!
もうね、3時間目は脈絡無視してでも例のスライム3姉妹(?)でもザコ敵に採用してたほうがよっぽど良かったんじゃないかと思いますね。それも「ネギまらしさ」の演出ですよ。
箱が敵なんて何の冗談かと思った。

余談だけれども、1時間目のラスボス戦(エヴァ戦2回目)は、音楽が素晴らしい
外注とはいえさすがコナミと唸らせる出来です。一回じっくり聞いてるといいですよ。
今原作でやってる超篇のテーマ曲になってますからね私の脳内で。


まとめ。
特に後者の原作再現度というのは、購入者の大半が原作を知っているゲームでは致命的な判断基準になると思うんですがどうでしょうか。

ともあれ、1時間目/2時間目は神という結論に変わりはなさそうです(笑)

コメント

Secret

MMD
カウンタ
プロフィール

よーかん

Author:よーかん
teiyosanぬgmail.com
 

 

 

最近買ったもの

好きなアニメ

プラネテス

響け!ユーフォニアム

魔法少女まどか☆マギカ

SHIROBAKO

有頂天家族

四畳半神話大系

ガールズ&パンツァー

BLACK LAGOON

刀語

涼宮ハルヒの憂鬱

かんなぎ

とらドラ!

かみちゅ!


じょしらく
好きな映画






ブログ内検索

過去記事インデックス

低予算サークル
6班同盟

カテゴリ
リンク
■MMD
■艦これ
■Jコミ
■ネギま!
■イラスト
■テキスト
■ニュース
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。